海外の反応 韓国


今月9日、日本の政治評論誌「Voice」3月号とポータルサイト「ヤフージャパン」にある政治評論家のコラムが載り、大きな反響を呼んだ。

1

日本の政治評論家の裕哉氏が書いた「韓国の防衛産業弱体化をねらえ」という挑発的な内容のコラムがそれだ。このコラムがインターネットに掲示されてから約3日で250件以上の書き込みがあり、ヤフーニュースの人気コンテンツに定着しているというから、日本のインターネット世論の歪んだ「嫌韓」感情がどれだけ深刻なのかがわかる。

このコラムを見た日本のネットユーザーは「韓国製武器は高く品質が悪く、不正の塊」「誠実なコラムだが、日本国内の反日親韓団体のためこうした政策が進まない」「こんなことを言う人が首相にならなければならない」など、コラムニストに対する称賛と好評一色だ。

もちろん、この様なコラムと日本のネチズンの反応で、日本全体の世論と政界の反応を評価することはできない。問題は極端な思想と韓国に対する中傷謀略に明け暮れる市民社会と専門家であるほど、
自分の主張をアピールするために積極的に行動し、世論を歪曲させる恐れがあるということだ。

                ご支援よろしくお願いします。
               




それならこのコラムは論理的に可能だろうか?結論からいうと、日本の防衛産業はその歴史と規模、技術に比べて凄惨なうえ、かわいそうなほど国際市場で存在感がない。

安倍晋三首相はインドのモディ首相と3年間10回も会談し、US2水上飛行場をインドに輸出しようとしたが、価格が高すぎて結局実現しなかった。

日本製輸送機C-2はUAEに輸出を推進した。エアバスのA400アトラス(Atlas)と似た大きさだが、双発ジェットエンジンで優秀な点も多かった。しかし、開発が5年以上遅れ、当初予想していた価格より40%上昇し、砂漠地形と軍用野戦飛行場の離着陸が難しく、輸出が頓挫した。日本が誇る哨戒機P-1も、英国哨戒機事業で米国のP-8に敗れた。

最もつらい失敗は、オーストラリアの"SEA1000"事業だ。オーストラリアのトニー・アボット首相は、親日路線で日本の掃流級潜水艦の導入を積極的に推進したが、政権が交代し競争入札の末、フランスに敗北した。

この様に、日本防衛事業が国際市場で屈辱を受けているのは、過度な自信と傲慢なセールス方式にあるが、最も決定的なのは、安逸な発想で需要者が望むオーダーメード型の製品生産に失敗し、日本製兵器でしか見られないガラパゴス的な特徴を持っているためだ。

オーストラリアの潜水艦事業で、日本は自国の少流級潜水艦がディーゼル潜水艦の中で世界最高の性能を持っていると自慢しながらも、ロシア製や中国製潜水艦のように米国製装備を装着することすら難しく、大型潜水艦でありながら一つの場所で縛り付いて待ち伏せる任務を担う「そうりゅう型潜水艦」の特徴も、長距離巡航任務が必要な豪州と合わなかった。

結局、日本が自国の防衛産業を通じて韓国製の武器を国際市場から追い出すという主張は、まるで北朝鮮が米国を長距離ミサイルに屈服させるような荒唐無稽な空想に近い。

国際防衛産業市場のトップティア(TopTier・一流)ではないが、世界10位圏レベルの防衛産業輸出の売り上げを記録する韓国に比べ、日本は数分の1にすぎない。


 韓国の反応 



・この人の見た目も・・



日本の奴らは自分が軍隊にも行かないのに、他人に戦わせる話は大好き



日本人は、日本製の兵器が世界一だと信じている



この様な環境から生まれたのが、自然の日本人です



・悪の枢軸



・日本は芸能でも韓国に負けて滅びそうだから



・辛くても軍隊に行った韓国人とは発想が違う



韓国の軍需産業が仮に倒れても、日本に機会なんて無いよ



日本の防衛産業はダメだ



日本人で問題提起をする人は居ないのですか?



・糞ゴミな防産品だけしか作れない奴らのくせに



日本は、嫌韓だけしていれば金儲けが出来る不思議な国だ。それが日本がガラパゴスになる本当の答え



・世界から早く消え去るような人種ですね

引用元記事:https://bit.ly/2Uy2Mxn

↓毎日ポチポチ応援よろしくお願いします。とても大きな励みになります。


■お勧めニュース