海外の反応 韓国


Kポップスターのイメージに対する打撃は避けられません。

主要外信が連日、ビッグバンメンバーのスンリと歌手の鄭俊永(チョン·ジュンヨン)らの性的接待および不法性関係動画の撮影疑惑について集中的に報じている中、ジェフ·ベンジャミン米ビルボード紙Kポップ専門コラムニストは、東亜日報との電話インタビューで、今回の事態の影響をこのように分析した。

1

過去、Kポップが、ポップヒット作を模倣して米国市場に進出しようとして失敗に終わったとすれば、最近では、Kポップならではの個性で米国市場をとらえてきたということ。ベンジャミンはダンス、ラップ、ビジュアル、歌がすべて含まれた「複合コンテンツ」ならではの魅力とミュージックビデオ、アルバム、初公演などがほとんど同時多発的に行われる「スピード」などをKポップならではの成功要因に選んだ。

さらに「米国スターたちと違い、Kポップスターたちはインタビューでも常に"光栄だ"というふうにボールをファンに回す謙遜なイメージを守ってきた」とし、「コンテンツも暴力性が少なく、家族的(family friendly)という評価」と同監督は伝えた。

しかし、性の上納、盗撮、麻薬などに点綴された歌手のチョン·ジュンヨン氏(30)など、今回の「歴代級アイドル犯罪」疑惑で、米ファンは大きな衝撃に包まれた。ベンジャミンは「今後、米国市場に進出しようとする新人や、すでに活発に活動しているKポップグループも今回の事態に対する立場や意見を聞く質問を持続的に受けるようになる」と予想した。

                ご支援よろしくお願いします。
               




ロイター通信はこの日、「セックス、嘘、そしてビデオ:セックススキャンダルで揺るがしたKポップ世界」と題する記事で関連容疑などを詳細に紹介し、CNNは「今回の事態はKポップのアイドルが実際どれだけクリーンなのか」という質問を引き起こしたと付け加えた。

しかし「今回のスキャンダルは、ひそかに撮影、女性の性倒錯など社会·文化的イシューであって、Kポップが本質ではないのではないか」とし「一部の外信がKポップスターが連留しているという点を強調し、問題の本質が薄れている」と指摘した。

「中東のCNN」と呼ばれるアルジャジーラは関連スキャンダルを報道し、まったく関係のないアイドルグループの写真をオンラインに掲載した。遅ればせながら過ちを認める謝罪文を掲載した。

ベンジャミンは「今回のスキャンダルの主人公はかなり以前からデビューしたベテランで、米国市場に集中してこなかったという点も忘れてはならない」とし「ただ、今後の事態がどのように流れるかによって、まだ静かな米国市場も動揺する可能性がある」と付け加えた。


 韓国の反応 



こんな人間の為に韓流のイメージが安っぽくなる



・防弾少年団は良くやっているのに、その先輩がこの有様



・軍隊に行って鍛えられればまともに成るのではないか?



Kpopアイドルは、美味しいケーキだけど、ずっと食べ続けると歯が腐る



・彼は目立ち過ぎた



Kポップがクリーンで謙遜したジャンルなのでは無く、防弾がクリーンで謙虚で、防弾が苦労して育てたKポップ市場をこいつが壊した



・これは国の恥です。ビッグバンの所属事務所は、今回の事件に対する責任をしっかり負うべきだと思う



こんなKpopのイメージを既存した人間全員に、損害賠償を請求しなければならない



・YGも調査し、他の関係者も調べろ



BTSを見習え、彼らは一般的な平凡な家庭に生まれたのに、あらゆる努力でグローバルアイドルまで成長して、国連演説まで成功した。これだけ努力をしたアイドルに泥を塗るな



・もはや韓流も終わらせなければならない、彼らが金儲けをして、社会を甘く見て、落ちこぼれるその姿は見たくない



今まで積んできたKPOPイメージを汚したゴミ達、彼らは普段は綺麗な振りをしているが、中身は汚いゴミ



・防弾の海外ファンは、スンリなんて誰かも知らないのだから、心配しなくても良い



・防弾が作ったイメージをスンリが壊した



・ビッグバンが、本当にビッグバンを起こしたな



・死刑にしろ



・我々には防弾が居るから大丈夫



・迅速な調査と強力処罰が解決方法だ

引用元記事:https://bit.ly/2XZfmIh

↓毎日ポチポチ応援よろしくお願いします。とても大きな励みになります。


■お勧めニュース