海外の反応 韓国


日本語に「下らない」という単語がある。この言葉の語源は、朝鮮半島三国時代の韓軸を成した「百済」だ。百済を日本人は今でも「くだら」と呼んでいるが、「くだらない」は結局「百済らしくない」という意味だ。

1

「百済らしくない」物が「くだらない」という意味に発展するほど、日本人が百済を高く見たのにはそれなりの理由がある。

日本が古代国家の基礎を築いていく過程で、百済人の貢献が大きかったのだ。これは様々な分野において歴史的事実として残されているが、その一つが建築である。

日本の古都、大阪の中部堺市には、仏教寺院と神社建築を専門とする金剛組関西加工センターがある。加工センターは、実際に建物に入る副材料を精密に加工するところだ。

金剛組はギネスブックにも世界で最も歴史が長い企業に登載されるほど長い歴史を誇る。この会社は資本主義体制で登場した株式会社制度がなかった西暦578年に創業して、業力に換算すると、1441年の創業を続けてきた。現存する世界最古企業だ。

                ご支援よろしくお願いします。
               




2

ところで、同社の礎を築いたのが百済人だった。

記者が金剛組関西加工センターを訪ね、刀根健一社長と木内繁男(棟梁)に会って悠久の歴史を築いてきた秘訣を聞いた。

◇聖徳太子「最高のお寺を建てて下さい」

日本、推古天皇の治世に摂政を受け持って、古代国家の土台を構築した人物が聖徳太子(574~622)だ。

聖徳太子は、中国と百済から先進文物と制度の輸入に積極的だった。敬虔な仏教信者だった彼は、最高の寺を建てたかったが、当時日本にはそれだけの技術がなかった。それで招聘したのが百済の職人3人だった。


 韓国の反応 



かつて韓国は、今の日本よりも先進国で文明国だった



日本の皇族も百済がルーツです



・高麗までは韓国が日本より先進国でした。でもその朝鮮と言う無能で答えない国の為に・・



・日本より遅れたのは、韓民族同士がいがみ合って戦争をしたからだと思う。今も左派右派を分けていがみ合う瞬間、我々はだんだん立ち後れている



朝鮮では技術者を卑しく考える文化だった。それで彼らは日本に移民に行ったの、日本は彼らを受け入れて技術を大事に育てた



・日本の職人精神は我々も学ばなければなりません



朝鮮半島の歴史における最大の汚点は、文科だけを重視し、記述は無視されたものと思われる。今でもそうじゃないか、文系は良く、理系を嫌がる人々を見れば・・技術は絶対的に国の発展に寄与するのに



・国も技術を大切にする政策を展開しなければならないのに、自分の利益に忙しいから国の発展がないのではないか?



・日本は伝統的に、京都が天皇の住処として文化の中心地であった。日本の江戸時代に政治と商業の中心地は江戸であったし、その為に日本国内の物資の移動は、京都で良質のものが作られ江戸に移された後、そこで消費される形だった



百済から日本に渡ったから、その様な歴史の長い企業を残す事が出来たんだ。もしヘル朝鮮にその時代会社を作っても、今まで残っていない



韓国が伝授してあげた技術が、日本で認められているので誇らしいです



全羅道の王族はみんな日本に渡り、奴隷のカスだけが朝鮮に残ったそうだ



百済を日本に追い出して作った統一新羅の後裔が「百済も我が民族だ」と恩着せがましく振舞うのが朝鮮である



・本当にこんなのを見ると、韓国人の考えが本当に未開に見える



あんな古い技術を尊重する日本人の職人精神は本当に羨ましい。あんな尊重から先端技術力の力が出るのではないだろうか



反日と親日清算はしたいのですが、日本は百済系と言っております。日本がフッ化水素を輸出しないと韓国の半導体産業が止まっています。やはり朝鮮の人達は口先だけ生きています



・日本は地震があんなに多いのに、千年以上文化財保存をよくしてきました。見習わなければなりません



天皇家が百済人だという話があるが

引用元記事:https://bit.ly/2UQCmHF

↓毎日ポチポチ応援よろしくお願いします。とても大きな励みになります。


■お勧めニュース