海外の反応 韓国


日本の海上自衛隊が発注した最新鋭潜水艦「しょうりゅう」が4日三菱重工業神戸造船所で進水式を行った。「しょうりゅう」は潜水艦では初めてリチウムイオン電池を搭載し、蓄電容量が大幅に増え、エンジンを稼動せず、さらに長い時間潜水航海できる性能を備えた。

1

この潜水艦は、日本の海上自衛隊が2005年から建造してきたディーゼル駆動式としては世界最大規模の「そうりゅう」基盤の11番目の潜水艦だ。ドナルド・トランプ米政府が貿易赤字の解消を掲げて、日本政府に武器輸入の拡大を圧迫している中。技術革新を通じて自国の防衛産業を守ろうとする日本防衛産業界の努力の一つと評価される。

                ご支援よろしくお願いします。
               




2

新型潜水艦はディーゼルエンジンを稼動して発電した電気を蓄電し。実際の作戦や戦闘時には電池の戦力だけで艦艇を駆動する。エンジンの音をなくして相手が探知しにくい。日本のメディアによると、同日進水した「しょうりゅう」は従来の納電池を高性能リチウムイオン電池に換えて搭載することで、行動半径と水中作戦時間を大幅に増やした。

リチウムイオン電池は一般的に大きさや個数が同じ場合、蓄電容量が2倍ぐらいと知られる。しょうりゅうは長さ84m、基準排水量2950tで、2020年3月に海上自衛隊に引き渡される予定だ。

しかし、性能に比べて兵器輸出は期待に及ばない。安倍政権は、三菱重工業と川崎重工業が建造したそうりゅう型潜水艦のオーストラリアの輸出を推進したが、2016年にフランスに押されて受注に失敗した。次世代戦闘機事業であるF2戦闘機の後継戦闘機の国産化するかどうかもまだ確定されていない状態だ。


 韓国の反応 



韓国も、3,000トン級潜水艦4番艦からリチウムイオン使用します。技術的にはそんなに差ありません



日本は、ナチス様のような旭日旗をまだつけてくる厚顔無恥な種族



・戦犯期の雰囲気も良くないのに、こんな記事を書く記者も本当に無概念



・すごく静かな潜水艦なのだろうね、韓国も作ろう



・リチウムイオン電池に不具合とかでないのかな?



・電磁波の問題とか無いの?



爆雷で攻撃されて、リチウムイオン電池が海水と反応するとどうなるのだろうね?



・リチウムイオン電池が早く膨らんでエラーが起きたりしないのかな?



我々が3000トン級潜水艦を進水したから、日本もあせっているね



・韓国でも4番艦からはリチウムイオンが入るという噂が



韓国のコカムという会社の技術力なら、リチウムポリマーで潜水艦を作っても良さそうです



・リチウムイオン電池は不安定と聞いたが?



・リチウムも安定性の高いリン酸鉄もあります



・よく車両用などに使われる液体の電解質リチウムイオン2次電池は、密閉された潜水艦内では爆発すればおしまいだからね...



・リチウム電池の最高技術力はLGが持っています

引用元記事:https://bit.ly/2WSYvFx

↓毎日ポチポチ応援よろしくお願いします。とても大きな励みになります。


■お勧めニュース