海外の反応 韓国


昨年12月崩壊の危険に、出入りが制限されたソウル江南区三成洞、大鐘ビルが精密安全診断の結果、最下位等級の「E等級(不良)」を受けたことが分かった。

2

江南区は10日、「管理主体である所有者が、精密安全診断を行った結果、最下位等級の'E等級(不良)'に最終判定された」と明らかにした。

E等級は、主要部材で発生した深刻な欠陥で施設物の安全に危険があり、直ちに使用を禁止し、補強または改築しなければならない状態をいう。

精密安全診断を進めたセン構造研究所は。報告書を通じ"現場調査の結果、スラブ・梁・柱・壁体に亀裂・漏水・断面損失・鉄筋露出など構造的な欠陥が多数観察され、構造検討の結果、スラブ、梁,柱で耐力が
足りないことが確認された」と説明した。

                ご支援よろしくお願いします。
               




1

江南区は、精密安全診断の結果によって建築物の使用制限(禁止)、出入者の統制を維持し、所有者に施設物情報管理計画を樹立して定期安全点検を行い、施設物の維持管理結果を提出させる予定だ。

事務室やオフィステルに使われていた大鐘ビルは地下7階∼地上15階、延べ面積1万4800平方メートル規模建築物で1991年10月に完成された。

昨年11月末に地上2階内部のインテリア工事を進めるため、仕上げ材を撤去する過程で柱の亀裂と被覆が落ちていくなど、構造的な欠陥が発見されており、以後、緊急の安全診断の結果、最下位等級のE等級と推定された。

これに江南区は昨年12月12日、安全管理が必要な第3種施設物に指定して、13日0時からの出入りを制限した後、昨年末までに緊急救助の補強工事を行った。

所有者たちは、江南区に公文書を通じて、「安全問題などで賃貸事業を続けることは難しい」として、再建築の意思を伝えたという。


 韓国の反応 



ソウルですらこれなのに、田舎の片隅なら建物が崩れそうだ



大鐘ビルが第2の三豊百貨店に成らない為には、補強をしなければ成らない



・金に目がくらんで、耐久期限を勝手に調節する建設会社と建物主、100年以上持ちこたえられる建物を、30年に短縮させるのはとても大きな慣行的な不正がある。

200億ウオンを予算でも、と耐久年限減らして建設すれば、100億ウオンで十分建設出来る。建物主は見た目さえ良くできて居れば良いのだ



手抜き工事、世界最高1位の韓国



この様に手抜き工事をする建設会社は、業界から退出させなければならない



・崩れてしまえ、文罪である政権の様に崩れてしまえ



畜生を拘束しろ



・気をつけろ!寝ても覚めてもムンジェインの時代だw



大韓民国のマンション寿命、わずか40年、問題は寿命が尽きると乞食に成るということだ



こんなビルは一軒だけでは無いだろ?



・20年ぐらいになった建物の強度もどうなっているのだろうね?



韓国最大の死亡者を発生した三豊百貨店崩壊の思い出した



手抜き工事汚職に対して、目隠ししないでしっかりやれ!老朽化した建物の検査は徹底し、補修工事、新築を正直に行ってください



・江原道の山火事、文罪人が政権への呪いの序幕が上がる



・災い



人も建物も歳月が経てば皆老ける! 見掛けだけ丈夫にするな!



・建物を壊して再建築しなきゃ



・一日も早く取り払え



手抜き工事を行った建設会社を提示してこそ、再び手抜き工事がなくなる



竣工30年後に撤去・・全国にこんな建物が一つや二つではない

引用元記事:https://bit.ly/2YZxxxU

↓毎日ポチポチ応援よろしくお願いします。とても大きな励みになります。


■お勧めニュース