海外の反応 韓国


韓国銀行はUAE(アラブ首長国連邦)、中央銀行と約6兆ウォン(約54億ドル)規模の通貨スワップ契約を締結した。これで現在韓国と二国間通貨スワップを締結した国家は7ヵ国に増えた。

1

通貨スワップとは、相互に異なる通貨を予め約定された為替相場によって、一定の時点で相互交換する為替取引だ。これを通じ、各企業では為替相場や金利の変動によるリスクを最小化することができる。
危機の際、いわゆる「為替レート盾」の役割を果たすのだ。

韓銀は13日、UAE中央銀行と3年満期(2019年4月13日~2022年4月12日)で6兆ウォン規模のウォン・ディルハム通貨スワップ契約を締結したと発表した。李柱烈(イ・ジュヨル)韓銀総裁とアルマンスリ(Al mansoori)UAE中央銀行総裁の署名は、韓国時間で12日、国際通貨基金(IMF)本部で行われた。

                ご支援よろしくお願いします。
               




韓銀とUAE中央銀行は、先週2013年10月13日、初の通貨スワップ契約を締結したが、2016年10月12日満了した以後、双方の意見で契約合意が遅れたが、2年6ヵ月ぶりに再び契約を結ぶようになった。

両国中央銀行は6兆1000億ウォンまでの相互資金支援が可能で、合意がなされれば、延長することができるなどの主な契約内容を従来と同じように作成することで合意した。

一方、韓国銀行は、事前の限度を設定しなかったカナダを除いて計1328億ドル規模の通貨スワップ契約を締結した状態だ。 二国間通貨スワップは、カナダ(事前限度なし)、中国(約560億ドル)、スイス(約106億ドル)、インドネシア(約100億ドル)オーストラリア(約77億ドル)、UAE(約54億ドル)、マレーシア(約47億ドル)など7カ国と行われた。多国間通貨スワップ(CMIM)はASEAN+3諸国(384億ドル規模、13ヵ国)と締結している。


 韓国の反応 



・倭と分かち合いは要らない



日本とはどんな協約も結ぶな



日本とは最初から通貨スワップ締結をするな、それを利用して韓国に打撃を与えようと思うこと自体が我が国の敵国である



・日本とは締結しない方がもっと安定的だ



外国為替の心配はする必要がない。カナダはかなり安定的な国だ。更にカナダが他国と連動した国家を含めると完全無制限だ



日本の奴らが、韓国を外為スワップでも脅迫したことがあった。倭寇は主敵だ



日本の奴らは韓国が成功する姿を見たくない



・早く政界の世代を交替して、親日残党を掃除したり、または日本に送れば大韓の道が保全できる



文在寅政府が良くやっている。ついでにEUとも締結しよう



前回のIMFの時は、米国と日本の裏切りでIMFを経験した。今は日本が米国に強く要求し、米国もそれを聞いて通貨協定が締結されていない



もう日本からの脅迫に屈する必要が無く成った



・米国は決して韓国と通過スワップを締結しないだって?それは、米国が通貨危機の主犯だからだ。米国に間違って見える国家は耐えられない。米国がドルを武器にその国家を振り回し、自国の利益を極大化すれば、その国は永遠に米国の味方になるのだ



日本とは断交が必要な時期だ。まったく役に立たない人種



・文政権は良くやった



・人間になれない猿達..



通貨当局者の皆様のご苦労に感謝します。二度と通貨危機はないでしょう?



・ああ、やっぱり全てのことがうまくできる政府



・やっぱり文在寅最高



・文在寅政権を支持します



・人口の絶壁に韓国の人口3千万人まで墜落で、経済跳躍や大国の間に挟まれたサンドイッチ状態から脱する為には、統一の他には答えがないです



・日本が主敵の様だ..

引用元記事:https://bit.ly/2D8NGrC

↓毎日ポチポチ応援よろしくお願いします。とても大きな励みになります。


■お勧めニュース