海外の反応 韓国


スレ主

ベトナム戦争での韓国軍の蛮行の為、我々は日本に謝罪を要求できないのか?

最近、日本人が言う様に「ベトナムに謝らない韓国が、日本に謝罪を要求するのか?」と韓国を無慈悲に言う文章が多いが、ウィキにも沢山詳しく書かれていて、韓国軍の蛮行として、日本の奴らは「ピカソの絵」を取り上げているが、その絵は米軍の韓国戦争における民間人虐殺に関する内容を含んでいる絵である。

1

                ご支援よろしくお願いします。
               




2

日本の奴らは、歪曲史料まで使いながら歪曲行為が、さりげなく行われが、客観的な資料がたった1つもない。是非とも言いがかりをつけるときは歪曲するな!!

だが、ベトナムでの蛮行をどう思う? 我々が反省しなければ日本とそんなに変わらないかもしれない、我々は何をしているのか?

韓国は国民も政府も何度も、ベトナムに謝罪しているし、物質的、精神的な被害補償を進めていて、日本と根本的に違うと思う。


 韓国の反応 



ベトナムに関しては、他国は分かりませんが、日本人が我々にそんなことを言う資格はありません



1940年から日本軍がベトナムから撤退するまで、ベトナムで軍用費という名目で強制的に食糧を奪ってベトナムでは200万人以上が飢え死にしました。それで1959年に賠償金を支払いました



日本の蛮行と、ベトナムの蛮行を同一線上で見始めては、結局被害を受けるのは被害当事者であるだけです。結果的に我々はベトナムに十分な謝罪をし、日本に十分な謝罪を要求しなければならない



韓国は既に、に国家元首が変わるたびに何度も謝罪し、ベトナムでも謝罪を受け入れており、何よりも敵軍と民間人が見分けられない戦争中に起きた事故と植民地支配下で民間人を逮捕、拘禁、拷問、集団虐殺した日本の蛮行と比較にならない。

日本だけでなく韓国内でも批判する人がいるが、当時のベトコンは、民家に隠れてゲリラ戦を繰り広げることで有名で、実際、民間人の村にベトコンの隠れ場所がたくさんあった



・ベトナム人の立場で米軍や韓国軍は解放者ではなく、侵略者と認識されたもした為に、民間人地域でも決して安心出来なかった。休日に市内で酒を飲みに出かけた軍人が一行と離れて拉致されることも多かった



・土着倭寇党www



ベトナム戦争で韓国軍が犯した戦争犯罪は集団虐殺です。敵軍と民間人が区分されていない戦場で民間人数人を撃たのでは無く、ある村に入り、幼い子供から老人まで虐殺しました



・当時の民間人虐殺は戦争犯罪に当たる



韓国軍の行為が、戦争犯罪であることを認めるが、「狂気の戦争」という特殊性と、当時の民間人とベトコンの区別が無意味であるかのような状況で、戦争をする韓国軍の状況に対することは、個人的な見解では理解出来ないと思う



・戦争という状況下では誰でも理性を失い、誤った判断を下すことができます。しかし、戦争後に残された我々が、戦争の時起こった残酷な事件を縮小して覚えていてはいけないと感じます



勿論、韓国軍が民間人を虐殺したのは間違った事だ。しかし重要な事は、日本は政府で虐殺に命令が下されて、計画的に行ったことであり、偶発的な状況で指揮官の判断による虐殺とは格が違う



・最近の歴史教科書はベトナム戦争虐殺を扱うのか?私が学んだ時にはそんな事は無かったのに



・いずれにせよ、彼らが勝利し、我々は侵略軍であったのだから、彼らの国民感情は理解してあげなければならない



・ベトナムは、自分たちが勝戦国なのに、何故お前たちが負けてお詫びする? これじゃないの?



・ベトナムが攻撃したのではなく、彼らの内戦に外国軍がベトナムに攻め込んだ戦争であり、外国軍が入って自国民を蹂躙したのだから外国軍憎悪は別物



・朴槿恵政府時代、慰安婦合意のために論議が盛り上がった時があっただろう。韓国政府と韓国人の意見が合わなかった慰安婦合意の様に、今ベトナムの韓国軍虐殺に対するベトナムの立場も、ベトナム「政府」の立場に過ぎず、ベトナム「人」の立場ではないかもしれない



・ベトナム政府の立場と、実際の被害者の立場が異なる可能性があり、朴正熙と朴槿恵が日本と合意しても、被害者は不服になる恐れもある。韓国が「ベトナムが謝らなくてもいいと言ったのではないの?」と日本が「韓国はもう謝罪されたのではないの」と大きく変わらない



・これは韓国の問題ではなく、ベトナム政府の問題だからベトナム政府のせいにしよう



・我々はもう謝ったの?そんなことは加害者の口から出しては行けない



代表的なのが「ゴダイの虐殺」だけどこういうふうに調べもしないで書いた記事が結構ある

引用元記事:https://bit.ly/2UZSh9G

↓毎日ポチポチ応援よろしくお願いします。とても大きな励みになります。


■お勧めニュース