海外の反応 韓国


「選挙の自由」の名を借りてここで宣言する。日本は韓国と断交すべきだ

今月14日の週末を迎え、東京のコリアンタウン、新大久保の中心で、旭日旗を持ち上げたある男性の口から荒々しい嫌韓発言が飛び出した。

1

韓国食堂や居酒屋、化粧品店などが立ち並ぶ新大久保繁華街は、日本内の韓流ブームの象徴であり、韓流ファンらが大勢集まる。

この男性は日本「統一地方選挙後半戦」の新宿区議会議員選挙に出馬した「日本第一党」の候補だ。日本第一党は、嫌韓団体「在日特権を容認しない市民の会」の元会長の桜井誠が「党首」である極右政党だ。

日本の基礎議会議員を選ぶ地方選挙の選挙戦が、日本の極右の「嫌韓デモの場」として利用されている。極右が選挙に出馬し、選挙遊説を口実に嫌韓などヘイトスピーチ発言をしているのだ。

                ご支援よろしくお願いします。
               




2

極右らは新宿区議会選挙のこうした嫌韓発言を撮影し、インターネットにまで広め積極的に広報している。

動画によると、男性候補は新大久保のゴミ問題によってネズミが出没するという話を切り出したが、いきなり韓国との断交を宣言した。

遊説の司会者は該当男性候補を「韓国の反日モードに対して抗議できる政治家」と紹介し、支持演説をした女性は、韓国の飲食店を背景に韓国について「天皇陛下」を冒涜し、日本に対して不平を言う国だと叫んだ。

また、他の動画には男性候補が車に乗って拡声器で「嫌韓発言」をする姿が映っていた。男性候補は自分を「韓国と戦うことができる政治家」と紹介し「韓国と戦うために立候補した」と述べた。

今月17日には国分寺市で遊説していた右翼の関係者と、これに抗議する市民たちの間で口論が起きたりもした。極右の人々は「選挙の自由を妨害するな」と北朝鮮に対する批判を浴びせた。

今月7日投開票された広域自治体対象の「上半期の統一地方選挙」では神奈川、京都、福岡で5人の候補を出したが、443~1185票の低調な得票で全員落選した。

3

極右候補のヘイトスピーチは、彼らに反対する日本市民によってSNSで批判的な書き込みが書き込まれたまま拡散している。これらは「ヘイト議員は必要ない」というハッシュタグをつけて遊説中にヘイトスピーチの事例や、候補らの過去のヘイトスピーチを共有している。

今回の選挙で、ヘイトスピーチが横行しているのは、選挙を控え、先月中旬に日本政府が発表した規制方針があまり受け入れられていないことを示すものでもある。

日本法務省は各地域の法務局にヘイトスピーチに「適切に判断して対応せよ」と指示していた。

日本では2016年ヘイト・スピーチ抑制法(外国出身者に対する不当な差別的言動の解消に向けた取組の推進に関する法)が施行されたが、この法が宣言的な内容だけを含んだままで処罰規定を置いておらず、ヘイトスピーチはなかなか減っていない。


 韓国の反応 



断交しようと言いながら、福島水産物の輸入をしろなんてとんでもない、お前らの望み通りに是非断交しよう



・いつか一度は戦争しなければならない国、日本



・断交賛成だ



断交は我々が望んでいるのだ



世界に、敵対国でもないのに、相手国の僑民が住んでいる地域でヘイトスピーチをする国が存在するのだろうか?これを国連に告発して日本を孤立させよう...



日本内のコリアタウンで嫌韓デモなど嫌韓発言が出てるのに、韓国人はそれでも日本旅行に沢山行く



どうせ外交的にも経済的にも役に立たない日本だ。断交して、君逹の国で作る食料や水産物は自分達で食べて、他の国に輸出するな



・日本と断交しなければならない、日本を主敵に指定しろ



・まだ王を神だと信じる未開の奴ら



・後進国



日本に強力に対応しなければならない、韓国国内のマスコミは何をしているんだ?大々的に報道して、全世界的に広げて知らせなければならない



・私達が最も対応する事が出来るのが、まさに日本旅行の自制ではないかと思う



・あんな猿より韓国内の親日派がもっと問題



・猿種族だ。人間でない獣



・安倍と自民党は選挙で爆亡しろ!



・日本には犬が多いね



日本は金持ちの未開国で、政治後進国



日本が嫌韓をするのを見る度に、韓国が本当にたくさん成長したことを感じる。相手が脅威的である為、それとなく恐れの表現であるようだ



・我々も日本と断交したい

引用元記事:https://bit.ly/2Gv9pMs

↓毎日ポチポチ応援よろしくお願いします。とても大きな励みになります。


■お勧めニュース