海外の反応 韓国



[ニュースデスク]
在日韓国人2歳監督が30年以上の歳月の間、日本軍慰安婦被害者問題をカメラで撮ったドキュメンタリー映画沈黙が日本と韓国に続き、米国でも上映を開始しました。

日本では、右翼団体の執拗な反対にもかかわらず、20万人以上が観覧し、波紋を起こした作品です。

1

[レポート]

スピーカーをつけた右翼団体の車両が旭日旗を振りながら行進します。ドキュメンタリー映画「沈黙」の上映を防ぐ為、映画館の周りを回っているのです。

慰安婦被害者の長い戦いを記録した「沈黙」は右翼の激しい攻勢をかわして、日本で、観覧客20万人を超えました。1994年、長い沈黙を破って日本政府に謝罪と補償を要求する声を出し始めたお婆さんたち。

                ご支援よろしくお願いします。
               




2

映画は、お婆さんだけではなく、加害者の証言も採録しました。

[日本軍軍医官]「大隊本部にも7、8人の朝鮮人女性がいました。」

今年八十三歳の盧監督は、2015年の韓日慰安婦の合意の知らせを聞いて30年の間に集めてきた記録を映画で作りました。この合意では、被害者が捨てられ、被害者の声は一言もありません。彼に対する怒りがきっかけになりました。

日本全国を回りながら真実を知らせ、少なからぬ波紋が起こりました。日本人の観客が、学校でも社会でもこの戦争の真実を一つも学べなかった。日本政府はそれを隠してきた。

映画「沈黙」はもはや日本を超え、アメリカでも関心を呼び起こしています。「日本政府が謝罪するのがこの問題を解決する最善であり、皆の為に最も良い道だと思います。」

日本の右翼は沈黙させたいが、慰安婦問題は依然として沈黙できない、沈黙してはならない問題として明確に残っています。


 韓国の反応 



獣集団日本、反省と謝罪を知らない。知らなければ人間ではない



・日本よ、お前達は人間か?



この監督にノーベル平和賞をあげなければならないのではない?



・この映画を見てくれた日本の皆さん、ありがとうございました



幼く純真だった少女たちを強制的に連れて行って、数多くの蛮行を犯しても、全く謝罪をしない日本にこれ以上の発展は無いだろう



・ありがとうございました。韓国人も出来なかった事をご苦労様です



・日本旅行を止めろ



・いつか日本に跪ずかせて謝罪させなければ成らない



強制徴用で連れて行かれ、日本軍に蛮行を受けた韓国のおばあさんたち...



・何の謝罪も反省もなく、侵略欲で泣く国を虎視眈々と眺める日本が最高の敵



・パク・スナム監督、本当にありがとうございます



・ありがとうございます。誠に頭を下げて感謝いたします



日本の蛮行を必ず広く知らせなければなりません



・日帝性奴隷を慰安婦と書のを止めろ



・日本が心から謝罪する日、韓日関係はすごく近くなるはず~日本の心からの謝罪を求める



すごい、商業施設だから簡単ではない決定だったはずなのに、これを上映した映画館も立派ですね



・ありがとうございます!!もっと多い海外でたくさん見て頂けると良いと思います



・日本は、我々が受けた苦痛の数千倍以上も耐えなければならない。ずうずうしく加害者が被害者のコスプレをする汚い奴ら



・韓国の国会で上映されるべきだと思う



尊敬します。日本の蛮行を全世界に知らせる活動は素晴らしいと思います。韓国では全国民が義務的に視聴する様にして欲しいです

引用元記事:https://bit.ly/2VXPRWi

↓毎日ポチポチ応援よろしくお願いします。とても大きな励みになります。


■お勧めニュース