海外の反応 韓国



カザフスタン政府が、文在寅大統領に「ドストゥク(Dostyk)」勲章を授与しようとしたが、1日前キャンセルした。来る6月、早期大統領選挙など内部政治日程のためと説明したが、相手国首脳に対する非礼という指摘が出ている。

1

文在寅大統領は22日(現地時間)、大統領宮でカシムジョマルト・トカエフ大統領と首脳会談を行った後、ドストゥク勲章を受ける予定だった。この勲章は国際社会で平和と国家間の協力に先頭に立った個人に授与する勲章で、外国人が受けることができる最も高い水準の勲章だ。両国政府は、文大統領の国賓訪問に先立ち、勲章を授与することで合意し日程を準備した。

しかし、カザフスタン政府は先立った21日、勲章授与が難しいという考えを示してきた。両国の外交当局は協議を経て「なかったこと」で合意した。青瓦台高官は「カザフスタンの早期大統領選挙問題と国内政治的状況の変化があった」とし「こうした部分を勘案して両国が協議して推進しないことにした」と述べた。早期大統領選挙後に授与される可能性については「推進しないことにし、次はない」と付け加えた。

                ご支援よろしくお願いします。
               




上院議長だったトカエフ大統領はナザルバエフ元大統領が辞任し、臨時大統領を務めている。来る6月9日、大統領選出に向けた早期大統領選挙に出馬する予定だ。青瓦台関係者は「大統領選以前に臨時大統領の身分で公式勲章を授与することに負担を感じたようだ」と述べた。トカエフ大統領は前日夕方の予定にならず、文大統領の宿所に足を運んで話をしたが、このとき関連話をしたものとみられる。

しかし、内部の政治的混乱を考慮しても、国賓として訪問した相手国の首脳にわずか1日前の勲章授与を取り消すことは深刻な外交的欠礼という指摘が出ている。韓国の外交当局も、大統領歴訪前の事前調整をいい加減にしたのではないかという批判も出ている。先月のマレーシア訪問当時、現地語あいさつの誤謬、韓国・スペイン次官級戦略会議のシワシワの太極旗論議など、外交惨事が相次いでいる。


 韓国の反応 



どれほどカモと思われたら、外国で冷遇されるのか?



カザフスタンの様な後進国も、文在寅を下に見ているんだな



カザフスタンですら無視してる



・あ~~恥ずかしい!いい加減に振る舞うね



ムンジェインは行く先々で問題を犯している



これが本当の韓国外交撲殺だ。アメリカに避けられて日本と敵になり、中国とも疎遠で、北朝鮮の代理発言者に成り、これが国か?



・途上国まで我々をバカにするのは何故なんだ?



そんな国を助けずに、我々の困っている人を助けて下さい



ムンジェイン師団の外交惨事、世界的なイジメ...


・これは痛い、外交欠礼は一体何度目なの?



文在寅と金正淑が旅行をしているのか?行く国ごとに国の恥をかかせるのが外交か?



・もう行かないでください。国家の恥さらし



国が心配だ。無能な政府が国家を滅ぼす。無能の極致だ



これが国か?大韓民国がこの様な待遇を受けて恥ずかしい、もう歩き回るな



どうか海外に出ないで国内に居て下さい、先進国には行けないのに、あんな途上国だけに行って屈辱を受けて恥さらしだ

引用元記事:https://bit.ly/2IOLxVC

↓毎日ポチポチ応援よろしくお願いします。とても大きな励みになります。


■お勧めニュース