海外の反応 韓国


単純な錯覚やミスなのだろうか。ある米国メディアが柳賢振を「日本人」と誤記した。

米国スポーツの記録統計メディアの「ファンタジープロズ」は10日、柳賢振の最近の活躍について説明した。この記事を作成したアンドリューグールドは、「今シーズン44⅓イニング間、とんでもない45個の三振、2四球という記録を残した。最近、3度の登板で'フリーパス'を許可しなかった」と、最近3度の登板で無四球のプレーをした柳賢振の投球内容を説明した。

1

                ご支援よろしくお願いします。
               




2

さらに、「昨年、股関節の負傷から戻った後、97イニングの間にたった7つの四球のみを許し、98個の三振を奪った。柳賢振でない誰も、この様に成功することはできないだろう。ドジャースに合流した後2013年以降の平均自責点が3.13より低い現役投手はたった10人に過ぎない」と、柳賢振の安定的な投球内容を強調した。

しかし、その後の文章でメディアは誤りを犯したようだ。「昨季と今季の圧倒的な姿を見たとき、この投手がナ・リーグチャンピオンの新しいエースになっているのではないかという疑問を抱くのは不思議ではない」と伝えた(Looking at his dominance from this season and last, it’s not crazy to wonder if the Japanese hurler is becoming the defending NL champion’s new staff ace).

ここで問題の単語は「Japanese hurler」だ。 記事の文脈から柳賢振を指す単語が入らなければならないが、柳賢振を「日本人投手」と描写したものと解釈できる。今年で大リーグ7年目を迎える「コリアンリーガー」柳賢振を日本人と錯覚するミスを犯した。

ドジャースの新しいエースに浮上している柳賢振だが、まだ柳賢振がどの国から来た選手なのかまだ分からない米国メディアがあるようだ。


 韓国の反応 



・去年決勝まで行った投手国籍も知らないなんて、こんな記者が居るのか?



この記事を書いた記者は、アジアで野球をする国は日本だけだと思って居る様だ



こんなの氷山の一角だ。韓国は世界辺境に認識されている。すべてが政治後進国「hell korea」が原因なのだ



選手の国籍も知らず、その選手に対する記事を書くなんてね。基本的に調べる物なのでは無いのか??名前、年齢、出身、身長、体重など・・



それだけ韓国はアメリカに存在感のない国という国でしょう。東洋人を見れば、中国や日本が先に思い浮かぶ



・7年目の先発投手をまだ把握できていないだ?意図的な表現のよう....



・アメリカの記者が韓国を全員知っている訳では無いので、間違える可能性もある



ストリートファイターでもRyuがいるから、柳賢振も日本人の苗字だと思った様だ



これは韓国がそれほど認知度がないって事だ。我々だって、タイ人なのか、ミャンマー人なのか、マレーシアなのかそんな事を重視するか?日本、中国は世界的な認知度がある国だから区分するが、それ以外のアジアの国は皆一緒だ



・それほど日本が韓国よりもっと上手く行くという意味だ。日本はもっと韓国より先進国なので



大日本帝国時代、朝鮮と日本が一つだったので日本国籍と言っても構わないかも



・記者が勉強しないのは、韓国もアメリカも同じか?



韓国人が海外に出ても「日本人?中国人?」と聞かれて、韓国人?ってなんて言われない



柳賢振の顔が日本人に似ているから



柳賢振がそれだけ優れた投手である為、韓国の様な野球後進国出身とは想像できないのではないか?



・我々もベネズエラかキューバかよく分からないだろ



・我が国は、まだ力がない国だ

引用元記事:https://bit.ly/2JtptQV

↓毎日ポチポチ応援よろしくお願いします。とても大きな励みになります。


■お勧めニュース