海外の反応 韓国



3年間週2回夜間走行試験、仙台新青森路線
性能上の最大時速400km、実際の商業運行時速最大360km

1

日本のJR東日本は10日、次世代新幹線試験車両アルファエックス(ALFA-X)の走行試験を開始した。今回の走行試験は3年間仙台-新青森の間を夜間に週2回実施される予定だ。アルファエックスの性能上の最高時速は400kmだ。

本格的な商業運行開始は、2030年ごろになる見通しで世界最大時速の時速360kmで運転目標にしている。

                ご支援よろしくお願いします。
               




2

ALFA-Xは中国の高速鉄道「復興号」の速度を上回る見通しだ。中国復興号は、設計上、ALFA-Xと同等の最高スピードを出すことができるが、商業運転の際、時速は10km低い350kmにとどまっているというのがJR東日本側の説明だ。

アルファエックスは、現代的なデザインで10両編成であり、先頭車両は「長い鼻」の様な形をしている。

日本では1年前、次世代新幹線「N700S」の走行試験も開始された。2020年、商業運転開始を予定しているが、最高速度は現行のN700と同じ時速300kmを予定している。

一方、JR東海の超電導磁気浮上列車は2015年、実験線で時速603kmという世界最高速度を記録し、ALFA-Xの走行試験ではどんなに早い速度が出ても超伝導リニアモーターカーには及ばないものと見られる。


 韓国の反応 



東海道が効率性重視なら、東北は速度重視なのだろう



・東海道は扇形が仕方ないです。東北は凄くかっこ良くて



鉄道は日本が世界最高で定評があるようですが、韓国も沢山日本に近づきました



・韓国の鉄道は、日本と比べるにはあまりにも差があります。技術も自体もそうだが、環境自体が違うからなおさら。もともと国が狭いからそんなに高速鉄道が必要でもないです。だからもう発展も無意味だし、投資も無いと言われています



え?誰が言ったんですか?韓国が高速鉄道投資しないって?TGV技術移転されたものを基盤にした技術開発によって出来たのが、2010年代KTX山川です。

しかも2013年度にはHEMU-430Xと最高速度430Kmで走ることができる技術研究の列車も作りました。

ただ、商用化するには不足しているのでもっと研究することにしたし、いつかはこの400kmに対抗できる列車も出ます。

山川の後続作も2020年度以降に配置される予定であるほど、韓国も高速列車について関心が多いですが。

南北が統一はならなくても、北朝鮮に穏健派が政権を担当して国境開放する場合、中国やロシア側を通じて欧州行くつもりで開発は一貫しています



すでに国内技術で次世代高速鉄道、ヘム開発が2013年に完了した状態です。

最高時速420キロを誇り、フランス、中国、日本に続き、四番目に速い高速列車です。

ただ、その後テスト走行しながら改善と商用化の段階に移る国家計画が遅々として進んでいないそうです



・韓国には、ヘム430Xというテスト用の高速列車があります。これでテストしてKTXの後続を作ると言う



韓国もヘム(HEMU-430X)という400km/h以上高速鉄道開発されています。その後はハイパーループによる、リニアモーターカーの開発を進めているそうです



現在、ヘムは、明け方の時間帯に列車が通らない時間帯にテストでテストを続けています。最高速度500以上も試験したそうです。我が国が日本と違うって?



日本と技術格差が出るのは仕方ないですが、韓国の技術も順位圏に入ります。ヘムも既に数々の試験走行をした状態であり、そのデータにGTX路線に投入するEMU-250、300列車が製作中です



東海もやはり高速鉄道だが、ここは60年代に建設した最小曲線半径が2500m、参考にKTXは最小曲線半径が7000mで問題があるという



・ウリナラも、ソウル釜山一時間以内に行く電車が出てほしいな



韓国は、中間にある列車駅のため、ハイパーループを敷いても不可能なようだ。

KTXも初めは、今よりも速く進めたが、政治家が票を得ると中間寄着地を非正常的に増やしてしまった為、よく停車するのでスピードが出ません



今もKTXで中間停車がなければ、ソウル、釜山を1時間30分以内で行くことも可能です。

ただ中間停車駅のため時間がたくさんかかります。以前はソウル、釜山直通KTXが一日に何本あったが、収益出ないと無くしました

引用元記事:https://bit.ly/2JET4Hf

↓毎日ポチポチ応援よろしくお願いします。とても大きな励みになります。


■お勧めニュース