海外の反応 韓国


極右団体幹部「戦犯名誉回復」要求

日本「軍国主義の象徴」靖国神社の近くで50代の日本人が自ら命を絶つ事件が発生した。

1

産経新聞などによると、日本の警視庁は11日午前2時40分ごろ、靖国神社近くの道路の上で、1人の男性が血を流しながら上体を前に下げたまま座っているのをパトロール中だった機動隊員が発見し、病院に運ばれたが死亡したと明らかにした。

死亡した男性は極右団体「靖国会事務局長」として活動してきた50代沼山光洋であるという。発見当時、男性の腹部には凶器が刺さっており、周辺には遺書と見られる文書も置かれていたという。

                ご支援よろしくお願いします。
               




しかし現地警察は「発見された遺書推定文書は識別が困難な状態だった」と説明した。「靖国会」は靖国神社に合祀されている東條英機など、第2次世界大戦の戦犯たちの名誉回復を求め、国家レベルの神社の保護と天皇の靖国神社参拝などを主張する団体だ。

警察はこの男性が自殺したものとみて、正確な死亡経緯などを調べている状況。こうした中、沼山と親交があったという田母神俊雄元自衛隊航空幕僚長は、ツイッターで「沼山が靖国神社前の道路の上で割伏の自決をした」とし「彼は日本国民の愛国心が不足し、天皇陛下が神社を参拝する環境が整えられていない」とし、「陛下に申し訳ありません」と明らかにした。

田母神は「そんな彼が命を捧げて国民に警鐘を鳴らした」とし「立派な侍だった」と書いた。

また「沼山は普段から細心に気配りする人だった」とし「今回の自決が神社敷地内ではなく敷地外の道路で行われたのも、神社に迷惑をかけないための行動だったと思う。彼の熱い思いを続けていかなければならない」と主張した。


 韓国の反応 



平素細心に配慮する人が、右翼的価値観により平時に「割腹自決ができる国日本」、軍国主義の復活を知らせるシグナルとみえる



正気ではない暴力第一主義者の国が日本



・本当によかったと思う。同じ意思を志す右翼は早く沼山を見習って同じ様にすることを願う



・美しい文化、日本で広く広がったら良いだろう



・倭寇一匹あの世に行ったのだな



・日本内の極右派の種が消滅するまで、続けてリれー式に割腹すると良いな



・割腹する名目も実にあきれた。日本極右主義の戦犯者は人類の犯罪者



・謹んで故人の冥福はお祈りいたしません



加害者が被害者のコスプレだね、最初から謝罪の気持ちがない日本...



・日本が変わったことは無いね



・汚いゴミ箱一匹消えたな..



・中世でも無いのに割腹?本当に似合う場所があります。精神病院



・ただの虫が死んだと思えばいい



・日本は必ず再び朝鮮半島に侵略する



・倭国の極右全体と親日政党全体の割腹を望む!



・戦犯は戦犯であるのみ



・あんな極右が増えてこそ、超高齢社会問題も緩和され、道路も清潔に成るのに



・たった一人?団体じゃないの?



・良くお亡くなりになりました



・本当に変種だわ、現代社会でもまだ島に閉じこめられているのか



・ずっと割腹リレーをしてほしい



・極右は団体ですれば良いのに

引用元記事:https://bit.ly/2LzyU3M

↓毎日ポチポチ応援よろしくお願いします。とても大きな励みになります。


■お勧めニュース