海外の反応 韓国


韓国が日本に5000万ドル、韓国ウォンで592億ウォン規模の金輸出契約を成功させた。 昨年、韓国の日本、金輸出額の42.4%に達する金額だ。(※1ウオン≒0.9円)

1

日本が自国産業の保護の為、輸入物量を調整している状況下でも日本の輸入会社の重点事項である品質や衛生管理を通じて、製品の信頼度を高めたことが原因だという。

対日本、海苔輸出契約規模は2015年129億ウォンから徐々に増加し、2016年236億ウォン、2017年434億ウォンを記録したのに続き、昨年440億ウォンで記録した。今年は5月現在だけで592億ウォンを記録して歴代最高記録をすでに上回った。韓国政府は2015年に日本と金輸出量と関連2025年まで毎年150だけの中を増量することで合意して、これからも海苔輸出量が増える見通しだ。

                ご支援よろしくお願いします。
               




2

韓国海苔は2017年世界で最初に一年の輸出額5億ドルを上回る記録を立てるなど、代表的「ケーフード(K-Food)」として定着した。かつて海苔は韓国や日本で主に「おかず」として消費されたが、最近、海外でポテトチップやポップコーンなどに代わる低カロリー健康スナックとして人気を集め、世界の金市場が急成長している。

2007年6000万ドルに過ぎなかった金輸出額は2010年1億ドルを達成した後、相次いで2億ドルと3億ドルを早いスピードで突破した。2017年5億1322万ドルに続き、昨年は5億2553万ドルを記録して歴代最大の記録を更新している。輸出物量も2007年6700tの水準から、昨年2万2100tまで増えた。

輸出国家も東南アジア、欧州などへ多角化され、2007年49カ国で2017年109カ国で2倍近く増えた。

海水部は2024年までは輸出10億ドル規模のグローバル食品産業に育成するという目標だ。

イギュソン海洋水産部通商貿易協力課長は「今年10月に開催される予定の韓日水産物貿易課長会議で、海苔輸入割当制度運営上の改善、補完事項を積極的に協議して。これからも対日海苔輸出規模が持続的に拡大できるようにしたい」と話した。


 韓国の反応 



最近、米国でも海苔が人気商品で、輸出量が増えているというのは良いニュースですね。日本の奴らはいいものは知っているし、輸入するのはいいが、福島の放射能農水産物は韓国に対し押し売ろうとするのではなく、日本人が食べろ



・韓国海苔は味が付いていて、スナック感覚で食べられる



そのまま日本の海苔は不味いんですよ



・震災前から韓国の海苔は日本に輸出されていました



・韓国の質の良い水産物は、殆ど日本に輸出されると思っても良い



・Do you know ノリ?



韓国海苔は、韓国旅行に来るとお土産に買う必須アイテムに成った



日本産の海苔は、日本人も余り食べないそうです



旅行に行った時、日本の郊外のカフェで韓国海苔を売っているのを見て、人気が高かったです



食事として海苔を食べる国は、韓国と日本程度しか様です。中国や東南アジアではおやつ程度に少量しか食べない



・タイで海苔スナックを食べる需要が物凄いです



・日本以外にも、韓国海苔を輸入する国は多い



アメリカからも韓国産海苔の輸入需要が増えています



同じ海苔と言っても、本当に韓国海苔が最高に美味しかったです



・米国にも海苔をスナック形式で輸出しています。輸出量もずっと成長している



・日本輸出が急激に増えるのは、自国民も放射能の心配をしているから



・米国のスターバックスにも韓国の海苔スナック売ってるって聞いたけど...



・漁村の経済を海苔が支えています

引用元記事:https://bit.ly/2W1fMj5 https://bit.ly/2HiqUQx

↓毎日ポチポチ応援よろしくお願いします。とても大きな励みになります。


■お勧めニュース