海外の反応 韓国


韓国が世界で最も刺激的な国」にジム∙ロジャーズによる予見

世界3大投資がの一人に、歴史的洞察力と各種の予言も的中させたジム・ロジャーズが「お金」の未来地図を通じて、韓国とその周辺国の情勢を予測した。6年ぶりの新作で彼は日本に「一針」を、韓国には「ばら色の」を予告した。

1

彼は「日本は50年あるいは100年後消える」や「2050年、犯罪大国になるだろう」「私が10歳の子供ならすぐに日本を出ていく」と堂々と言い放った。

代表的な「知日派」で通じている氏が、「ひどい悲観」を打ち出した背景には、毎年増える膨大な債務、少子高齢化による労働力不足、社会保障費の増加などを挙げている。

見かけだけの様々な指標が結局、「日本を暴落に追い込むだろう」というのが同氏の主張だ。同氏はこの危機を処方する為には、歳出の大幅削減、関税引き上げと国境の開放、移民者の受け入れが必要だと強調した。

                ご支援よろしくお願いします。
               




2

現在、停滞中の韓国経済についてロジャーズは「朝鮮半島は5年後にアジアで最も幸せな国になるだろう」と断言した。平素から自分の全財産を北朝鮮に投資すると言い、朝鮮半島にばら色の希望を垂らしてきた氏は、北朝鮮開放で豊かな資源と安い労働力が韓国に入り、状況が好転すると予測した。

また、全世界の資金が朝鮮半島に流れ込み、韓国の財閥企業を中心に北朝鮮への投資が行われるだろうと分析した。

彼は「2020~2022年を基点に、韓国と北朝鮮は他の国ほど不況を経験しないだろう」と見通した。 ただ、「韓国の5大財閥が株式の時価総額の半分以上を占める官僚的で閉鎖的な構造に陥っている」、「所得の主導と革新を基盤に推進する政府の成長政策でも、具体的な実行案がない」と限界を指摘した。

ロジャーズは東アジア情勢だけでなく、世界マクロ経済についても冷ややかな見通しを示した。今後数年以内に史上最悪のベアマーケット(bear market、下落場)が地球村を襲い、これに米中貿易戦争まで絡んで大惨事が発生すると警告した。

ロジャーズは独自の投資原則などをもとに、リーマン事態、中国の台頭、トランプ大統領当選、2018「クリスマス暴落」などの予言を的中させ、話題の中心に立った。

「お金の流れで読む日本と世界の未来世界的投資家は予見する」(※韓国語版のタイトルは「世界で最も刺激的な国」)ジム・ロジャース著、248ページ/1万6000ウォン。


 韓国の反応 



せめて、「日本沈沒」それ一つだけでも的確に合ったら良いだろう



・統一すれば、韓国経済復興の予言はある程度当たると思うけど



・ロジャーズの発言は「無朝鮮」つまり、北朝鮮を敵視すれば滅びる道という意味だ



・安倍首相の韓国への敵対意思は、結局日本国民を大きな不幸に追い込むだろう。軍備を拡張し、周辺国に領土問題を取り上げ、特に歴史を偽って教え、強国には媚び、この様な思想を持つ者は国民を破綻させる事に成るだろう



・自由韓国党さえ消えれば、韓国は米国以上の民主主義国家になりそう



倭寇党(自由韓国党)さえ無く成れば、我々はもう世界最強だろう



最近日本の暴言を聞いていると、是非この予言が当たります様に



・本を売る為にこんな事を言って居そうだが



・英語は出来ないが、お世辞の気がする



・極端な二つの意見があれば、真実はその中間のどこかにあります。日本が徐々に傾いていく事は、個人的に十分に可能性があると思いますが、それでも日本は壊れません。

韓国も統一すれば良いけど。世界で一番幸せ? ではないでしょう。過激な意見は適当に信じましょう



・韓国への移民受け入れだけは良く考えて欲しい、中国人、ムスリム、アフリカ系の受け入れで韓国が蚕食されそうで怖い



・希望拷問



・移民の数が増えて、彼らのグループが大きくなると、テロ大国に成ります



・それなら大企業も、海外投資を止めて朝鮮半島に投資してください



記事を読んでみたら共感できますよ、日本の様な政策を取っては絶対駄目なのは正しい様だ



・早く、大韓民国が幸せな国になったらいいな~



・同意はできないが、内容が気になって本は買いたくなるね



・著者は平壌に行って「喜び組」の接待を望んで...



・この老人がもう老亡したか分かるね、無駄口を叩くと



・2024年には、人口の絶壁の頂点を取る事に成っている。既に出た統計では、今の中2年生らが大学入試の頃、地方は60%も満たせない定員割れの事態が続出して、韓国は強制的に今の日本の様に完全雇用形態に進む可能性が大きい、

企業はAIやロボットで無人化に拍車をかけてもまだ技術が足りず、泣きながらどんな人材でも使わなくては成らなくなる。雇用が増えれば景気が回復するのだから、この本はなくても予測できる部分だ

引用元記事:https://bit.ly/2EpjAAW

↓毎日ポチポチ応援よろしくお願いします。とても大きな励みになります。


■お勧めニュース