海外の反応 韓国


毎日新聞の報道「韓国国力の急伸、引退後の疎外感など指摘」
「嫌韓はなぜ高齢者に多いのか」

日本の毎日新聞がこの様な見出しの記事を出し、理由を分析した。記事を作成した記者は、ソウル駐在の経歴がある澤田克己外信部長として、年齢は50代前半だ。

1

澤田記者は、「高齢者に嫌韓が多いということは、すでに専門家の間で取り上げられている話だが、数値でも表れている」とし、日本政府の調査結果を根拠に挙げた。

昨年末公開された「外交に関する世論調査」結果によると、「韓国に親近感を感じるのか」を問う質問に、29歳以下は57.4%が「そうだ」と答えたが、70代以上は28.1%だけが同じ反応を見せた。全世帯では肯定回答率が39.4%だった。

                ご支援よろしくお願いします。
               




さらに、日本の若者の間では韓国の食べ物や化粧品、Kポップが人気を集め新しい韓流ブームまで巻き起こっている。先月、NHKは番組で「最近の中高生トレンドは韓国」と伝えた。10~20代は、訪韓の日本人観光客の数回復の勢いも導く。韓日関係が急激に悪化した今年に入っても韓国を訪れた日本人は3月まで26.2%増えた。(62万人)

澤田記者は、高齢層が嫌韓に嵌る理由で2つを挙げた。

一つは、彼らが韓国の苦しかった時代を覚えているからだということだ。高齢者には、韓国は経済的に厳しく、軍事政府というイメージが強いが、経済力が日本に迫るほど大きくなったことが、彼らにとって不便になる恐れがあるということだ。 これと違って,こうした記憶のない若者は,Kポップや経済発展など,韓国に対して良いイメージを持っているというのが記者の説明だ。

もう一つの理由は引退後の疎外感だ。社会活動が減ると、交流の方法で嫌韓を選ぶことになったという話だ。記事は引退後、嫌韓活動をしながら改まったある人の言葉を紹介した。この人は退職後、ある嫌韓ブログを読みながら運営者を「保守右翼の大物」と感じ、「あの正義感、愛国心とするという考えで(嫌韓活動を)した」と明らかにした。 また、「当時社会とつながったという感じも受けた」と付け加えた。

澤田記者は、「同じ世代として、ヘイトスピーチ対策活動をしているある弁護士も、同様に分析する」とし、「この問題について、今後もっと知りたい」と書き込んだ。

同記事は、ヤフージャパンのメイン画面に掲載され、日本のオンラインで話題になっている。一部のネチズンは「冷静な指摘」として共感を示したが、「批判を嫌悪と断定するな」という反論も出ている。


 韓国の反応 



百済の時、日本を合併できなかったことが後悔される歴史だ。次世代の大韓民国の国力をさらに育て、二度と倭寇がでしゃばらない様に日本を合併せよ



・だから韓国の太極旗部隊と似ている、老人でも、よく食べてエネルギーは溢れるのに、社会的にそのエネルギーを注ぐ場所はないから、毎日出かけて政治行為ばかりして、そこで自分なりの自分達の生き方を見つけ出すのさ、でもそのエネルギーをもっと有用に使ってください



・日本極右=嫌韓
韓国極右=親日



以前は途上国だった韓国が日本を追い越し、そんなイメージを持っている老人は韓国が悔しいのだろう



私は以前日本に行った時、日本人の老人に侮辱された。彼は「自分が若い時に韓国に行ったけど、その時山には木がなかった。最近は山に木々あるのか?」と、

そして「植民地時代を経て南北戦争後、韓国が世界一貧しい国の一つだった」と言われた。

そんな貧しかった時の韓国を記憶している日本人が、韓国がこんなに発展すると思って居なかったので、嫉妬心から韓国を好きに成れないのだろう



・日本は、自国の問題を逸らす為に隣国を嫌う



20年前には、経済規模が10倍の差あった。もう3-4倍の差に狭まった。20年中に逆転すると見ている



嫌韓の根は日本の劣等感だ。これは的確な指摘、日本がその枠組みに閉じこめられて居る限り彼らに未来はない。覚えていろ。20年以内に韓国が日本を追い越している



僕は日本人が心から謝罪するまでは、日本への旅行に行かないことにしたよ



・倭奴



●韓国と日本の国民性の違い
韓国は独裁者が現れても、国民が直接立ち上がって対抗する。一方日本は、独裁者がいても、国民はただ犬の様に黙っている



・日本高齢嫌韓=大韓民国の太極旗部隊
日本の若年層嫌韓=大韓民国イルベ



70~90年代初めまで韓国妓生観光幅を利かせた時代だ。98年にIMFがあって、2000年代序盤まで遠征売春婦莫大だった。日本の老人はそんなイメージで韓国を見ている



・もう貴方達の時代は過ぎました。これから未来を導いて責任を取る若い人が、自分たちに合った社会政治体系を作るので邪魔しないでください



更に驚くべきことは、大韓民国の変化だ。この様に成長するとは誰も予測できなかった



五千年を越える歴史を持つ国が大韓民国だ。日本の奴らが韓国を侵略した時期は、その近歴史の僅かな時間に過ぎない



・太極旗部隊と情緒は似ているが本質は違うね



・年を取ると偏狭になり、老欲が生じて全てのことにすぐ怒る。自分だけ疎外される感じに、自分の不足を社会のせいにし漠然とした反感を持っている

引用元記事:https://bit.ly/2JD1pMr

↓毎日ポチポチ応援よろしくお願いします。とても大きな励みになります。


■お勧めニュース