海外の反応 韓国


鳩山由紀夫元首相が歴史に対する日本の「無限責任」を強調した。 鳩山前首相は4年前、西大門刑務所を訪れ、日本統治時代に蛮行について謝罪した人物だ。

鳩山前首相は12日午後2時、ソウル西大門区(ソデムング)延世(ヨンセ)大学新村キャンパス経営観で「朝鮮半島の新時代と東アジアの共生」をテーマに招待講演を行った。 在学生200人あまりが出席し、講演場を埋め尽くした。

1

鳩山前首相は「尊敬する日本の哲学者が'無限責任'という言葉を使った」とし「敗戦国は戦争で傷ついた人々が'もう十分です。あなたの心を理解する'と言うまで心から謝罪しなければならないという意味」と述べた。

さらに、「私が2015年ソウル西大門(ソデムン)刑務所を訪れ、柳寬順烈士をはじめ、顧問、獄死された方々に申し訳ない心を込めて跪いた理由」と明らかにした。

強制徴用被害者問題については「韓日基本条約協定を通じて解決されたのは韓日政府間の問題であり、個人請求権が完全に消えたわけではない」と指摘した。

                ご支援よろしくお願いします。
               




2

鳩山元首相は朝鮮半島平和のためには日本が「大日本主義」の基調から抜け出さなければならないと強調した。「日本が経済的に力を得ることになり、政治・軍事的にも強い国家になるという'対日主義'意識を持つようになった」とし「軍事力で日本を強化するという方向性は時代錯誤的」と主張した。

続いて「米国、中国と肩を並べるという考えよりも尊敬される'中堅国'に成る為の悩みをしなければならない」と明らかにした。

今回の講演は、鳩山前首相自身の著書「脱大日本主義」の韓国出刊を記念して行われた。 鳩山前首相は同日から二日間にわたって出版記念会、国会のセミナーなどを通じて政治信念である'友愛'政治と韓日関係の回復・東アジアの繁栄の方法についての意志を明らかにする予定だ。

一方、「脱大日本主義」は第2次世界大戦敗戦以降も継続されてきた日本の'大日本主義'に対する批判的見解を盛り込んだ。 米国の衰退、中国の浮上という現実の中で、日本が脱大日本主義を通じて周辺国との協力を重視する開かれた地域主義を目指すべきだと主張した。

鳩山首相はこの日午後,故金大中(キム・デジュン)元大統領の夫人、李姫鎬(イ・ヒホ)さんの遺体安置所が設けられたソウル新村セブランス病院の葬儀場を弔問した。


 韓国の反応 




日本にも生きている良心があります



彼の様に正しい意識を持っている日本人が総理に成らなければ成らないのに



鳩山首相の時が一番良かった。安倍は戦犯の孫



・日本でもまともな政治家は、民主党の政治家だね



・この様な日本人が増えれば、隣人の悪口を言わずに過ごせるのに



鳩山さんは、考えが正しい立派な指導者だと思います



彼は本当に素敵な方だ!安倍とは比較にも成らない



・日本にも人間らしい人が居るんですね、素敵です



問題は、日本人に彼の様な正常な人がとても少数であること..



・常識的な人間が待遇されるのだ



・未来志向的で現実的な方だね



・日本にも良心ある人が居て良かったです



この様に歴史の前に謙虚で正義な方が真の日本人です



常識的で良心的な方、日本にも探せば彼の様な人がいる。今の日本はゴミが国家を代表しているので、そう見えるだけだ



彼の様な人が増えれば、日本は一緒に暮らせる隣人に成れる



・ドイツは未だに自分達の戦犯を謝罪している。学べ、日本人よ



日本には、彼の様な方がいるからまだ日本が大丈夫だという気がする。 安倍政権を変えなければならない



・鳩山首相は、素敵な首相です



・日本とは、安倍みたいな人種だけが暮らしているのでは無かったんだね



・こんな方が政権を握ってこそ、日本も韓国も皆うまくいくのに

引用元記事:https://bit.ly/2X6tTnR

↓毎日ポチポチ応援よろしくお願いします。とても大きな励みになります。


■お勧めニュース