海外の反応 韓国


スレ主

旧日本軍の慰安婦被害者を扱ったドキュメンタリー映画「回り道」

2

日本は相変わらずきちんとした謝罪と賠償をする意思がない、映画<回り道>がナヌムの家で一緒に暮している日本軍性奴隷被害者の日常に焦点を当てた。

試写会に出席した慰安婦被害者の李玉善(イ・オクソン)さんは「私たちの歴史を皆さんが広く知らなければならない」とし、「私たちは日本に公式謝罪と賠償を要求する」と強調した。

                ご支援よろしくお願いします。
               





 動画!







 韓国の反応 



・イスンヒョン監督良い映画を作ってくれてありがとう!!



その方達の生き方が生々しく盛り込まれてよかったです。 貴重な歴史の記録でした



我々がこれまで知らなかったお婆さんたちのさわやかな少女の感情、20年間の記録が良かった



「私達が恥ずかしいことがあるか、日本が恥ずかしいというイ・オクソンさんの淡々とした言葉は、我々がいつも記憶しなければならない心の警鐘を鳴らすメッセージであることが明らかですね。ずっと忘れずに記憶します



日本軍性奴隷被害者の女性達に残された時間は少ないのに、被害者お婆さんたちが生前願うのは日本の心のこもった謝罪だけなのに、日本の反省のない対応に息苦しいだけです



・この映画を見て私の胸が苦しくなりました。もっと多くの人が関心を持つと良いですね



・映画終わると余韻がそのまま感動に伝わる映画、残り少ない人生を互いに慰められながら過ごしたでしょう



・必ず観なければならない映画... お祖母さんたちの少女のような微笑みがしきりに漂います



憂鬱な映画だと避けないで、「歴史を忘れた民族に明日はない」という気持ちで正式な開封したら必ず見てください



・必ず見なければなりません、私達の胸が痛む歴史です。 一緒に分かち合うべき私たちが胸が痛む歴史です



・素材が慰安婦と言うと、周りには最後まで映画を見ることが難しく、気分が良くなくなるという人が居ました。でもこの映画は、お婆さんの日常と暮らしに焦点を当て、誰かの母親、おばあさんの姉妹だったのを,淡白に描いて下さったようでした



・今日、メガボックス試写会に行ってきました^^ 元々ドキュメンタリーをよく見ないが、この映画は時間が経つのも忘れて見ました!



・お祖母さん達は特殊な人達では無く、近い私の隣人で、私たちの祖母さんだという事実。 映像の中におばあさんたちの笑いと笑顔に、観る間私も一緒に笑いました



・平凡な女の人生を夢見たが、決して成すことができなかったお婆さんの話を 涙もなく見るのは大変でしたが・・



日本政府の謝罪と賠償が一日でも早く行われることを願う気持ちがもっと切実になる



・監督にもお会いしたし、チョ・ジョンレ監督も拝見しました。とてもうれしかったです!! イスンヒョン監督! 良い映画を作ってくれてありがとうございます



・悲しみと痛みがあってこそ楽ではなかったドキュメンタリー映画 、時間がたつのも忘れてしまった



花より美しいお祖母さん達の胸の痛む話、 生きている証拠である彼らが、今は90歳超えた高齢の年に真の謝罪を受ける日だけを待つのに、我々が力に成れないのが残念



・ドキュメンタリー映画の為に、たじろいてしまいましたが、首を回せば我々の後ろにいるように近くにいるおばあさんたちです。 内容は悲しいですが、記録の大切さを感じました



・泣きながら笑って...すっと胸がつぶれる時間でした。 想像もできないほど辛い時間を過ごしたお婆さんたち、私の国に帰ってきても人々の厳しい視線に心を痛める姿を見て、もっと胸が痛みました

引用元記事:https://bit.ly/2MMDlsE

↓毎日ポチポチ応援よろしくお願いします。とても大きな励みになります。


■お勧めニュース