海外の反応 韓国


文在寅大統領が日本に対して、「過去史問題で生じた被害者達の苦痛が進行中という事実を受け入れ、当事者間で和解が実現するよう両国が力を合わせなければならない」と述べた。

1

主要20カ国・地域首脳会議(G20サミット)出席を前に行われた韓国の国家基幹ニュース通信社の聯合ニュースとフランスのAFP通信、米AP通信、日本の共同通信、英ロイター通信、ロシアのタス通信、中国の新華社の合同書面インタビューで答えた。

文大統領は「韓日関係については何度も繰り返し考えを明らかにした」とし「韓日関係は非常に重要で、今後もっと未来志向的に発展していかなければならない。 過去史問題で未来志向的な協力関係が傷つかないように両国政府が知恵を集めなければならない。 この点は日本政府も変わらないだろう」と述べた。

また、文大統領は「韓日関係の発展の為には、過去史問題を国内政治に利用してはならない」とし「過去史問題は韓国政府が作り出しているのではなく。過去に厳密に存在した不幸な歴史のために生じたもの」と説明した。

                ご支援よろしくお願いします。
               




続いて「韓日条約が締結されたことはあるが、国際規範と人権意識が高まり、その傷が引き続き出ており、何よりも被害者の苦痛がまだ進行中という事実を受け入れなければならない」と促した。

文大統領は「最終的に、両国が知恵を集めるべき点は、被害者たちの実質的な苦痛をどのように癒すか」と強調した。

文大統領は、韓国の最高裁判所の強制徴用被害者賠償判決と関連して、「日本政府に現実的な解決策を伝えた」と述べた。

これに先立ち政府は「訴訟当事者である日本企業を含む韓日両国の企業が自発的拠出金で財源を造成し、確定判決の被害者たちに慰謝料の該当額を支給することで当事者間の和解がなされることが望ましいという意見が提起された」とし、こうした案を日本に提案した。

しかし、日本政府はこの方案に対する拒否の意思を明らかにしており、28~29日に日本の大阪で開かれるG20首脳会議をきっかけにした韓日首脳会談も流れた。

文大統領は「その問題を含め、韓日関係の発展に向けた両首脳間の協議について、私はいつでも対話のドアを開いている」、「G20の機会を活用できるかどうかは日本にかかっている」と強調した。


 韓国の反応 



やはり日本はドイツとはあまりにも違う、ドイツはギリシャが再度提起した賠償問題にも、議員達が「被害者の立場で考えなければならない」と言ったようですが...日本の奴らは全く違いますね



・朝鮮戦争の被害者達の苦痛も進行中にもかかわらず、なぜ堂々と北朝鮮に謝罪要求は出来ないの? 日本も謝罪しないといけないけど順序が間違ってた



文大統領はとても素敵です。 こんなに日本に対して言うべきことを言う大統領が欲しかった



・文大統領とその支持者の国際情勢への認識水準が分かる



ベトナムが鼻で笑う



・賢明な外交だと思います



大韓民国の大統領なら、自国民の苦痛を推し量れることが優先です。文在寅大統領がいて国民の一人として心強く誇らしい、がんばれ!



・日本政府はただ無視してください



日本には言いたいことを言うのに、何故北朝鮮には何も言えないの?



厳密に存在した不幸な歴史のせい?なら北朝鮮と中国は?



・北朝鮮の核問題に対する予算は上げているが・・



安倍も韓国に嫌がらせを始めたし、これでは仲良く成れそうも無いですね



・文大統領は、強制徴用問題に関しては韓国司法部判決を尊重するように日本に話しているね



既にお金をもらってすべてが終わったと条約を結んでおいて、再びお金を要求すれば、信頼関係が破れるのでは無いだろうか?

引用元記事:https://bit.ly/2LiTLXv

↓毎日ポチポチ応援よろしくお願いします。とても大きな励みになります。


■お勧めニュース