海外の反応 韓国


 - 韓国帰化した保坂教授
 -  「安倍は日本の保守のサブカルチャー」
 - 「過去執権した極右勢力の復活 」
 -  「南北の適性国作っ牽制しようとして」

日本政府が今月1日、スマートフォンや半導体製造に使用される3つの品目の韓国輸出規制を決めたことについて、「日本の極右勢力が韓国を壊す為の作戦を開始した」という分析が出てきた。

1

保坂祐二世宗大教授は、5日tbsラジオ「キム・オジュンのニュース工場」に出演して、「日本の極右勢力である安倍首相の機関紙とも言える「デイリー新潮」の様な極右マスコミが、「南北が力を合わせて日本を殴る事が出来るという論調で報道し始めた」と言った。

彼は「日本のメジャーメディアが、韓国の輸出規制は、日本にも経済的被害になることができる」と安倍首相をかえって一斉非難すると、日本の極右メディアが経済論理を覆うことができる安全保障の論理を持って出てくるだろう」と説明しした。

                ご支援よろしくお願いします。
               




2

保坂教授は「日本の通常の保守勢力と極右勢力は全く違う」と付け加えた。

彼は「日本の保守メディアが安倍を一斉に批判している」という評価に対して「安倍も反撃に出た」とし「日本の主要週刊誌である週刊新潮のインターネット媒体であるデイリー新潮は、「南北が一つになって、日本の安全保障の脅威になることが出来るという話を始めた」と指摘した。

教授は「この様な極右媒体では、「韓国のムン・ジェイン政権が北朝鮮の核製造まで助けることができる」という話をし始めた」と述べた。

彼は「極右メディアは「今回、日本が韓国に輸出規制した3つの品目のうちエッチングガスは、ウラン濃縮に使用されているので、韓国に輸出をしても正確に韓国に行ったのか分からない」このような話をする」と付け加えた。

教授は「最初は日本国民が(輸出規制のような)このような話に「とても先立ちいく、空想的な話をする」ように反応し、「これはだめだ」そう思った」とし「今後、日本の極右マスコミは今後、「それ経済側の問題ではなく、安全保障的な問題だから、絶対に優先しなければならない」このような論理を続けて強調する」と展望した。

彼は「日本が憲法を改め、軍事大国に進むことができる論理をこのように強化すること」とし「もしかしたら南北が統一されると、恐ろしい存在になるから、仮想の敵国を続け作成だろう」と述べた。

彼は、「安倍が、南北が協力して、核を作る事もできる」、この様な主張を極右媒体を介して拡散させて、日本人に信じさせる様な試みが始まった」と説明した。

保坂教授は「安倍政権は南北分断を好む。そうしてこそ、南北に影響を与える事ができる」とし「適度に南北が分断されている必要があり、日本が漁夫の利を得ることができる」と述べた。

彼は「南北が一つになれば、日本としては制御できない韓国が出現すること」とし「現在まで日本の保守のサブカルチャーである極右勢力は、何とか韓国を日本の影響下に置きたがっている」と付け加えた。


 韓国の反応 




保坂祐二教授の発言に全面的に同意します。南北が平和協定の道へ進み、終戦宣言になれば、日本は軍隊を持つ名分が無くなる



何故か、日本人教授の方が韓国人の様だね



良い記事を書きましたね、日本の策略に騙されない様にしましょう



・安倍は、土着倭寇党と同じだね



だからこそ、南北は統一しなければ成らない、韓国と北朝鮮平和的に統一して、東アジアで強国になろう!!



・北朝鮮と統一したくない



・日本が韓半島の統一を望まないのは確かだが、その作戦は何?



日本の教授の方が、過去史について正論を言っている



・保坂教授はこれからも頑張って下さい



でも、韓国は本当に北朝鮮の様な国をどの様に統一するつもりなの?平和的に?それとも国力で?



・この教授が土着倭寇の自由韓国党と戦ってくれている



・韓国人の親日派の方が良心が無い



・今の日本の姿を見ていると愛想が尽きてしまう



本当に正しい言葉です。 最も警戒しなければならない国が、伝統的にあの島国です



親日派は本当に嫌いだ。韓国を侵略し、民族抹殺政策を繰り広げていた日本を称えるなんて、日本から見ればカモでは無いか?



・日本の奴らがいくら発狂しても平和の流れは防げない



韓国人なら反日を超えて嫌日すべきじゃないのか?何故親日をする



・反日感情はもうやめて・・



・反日感情助長しないで...落ち着いて対応しよう



・核を持った統一祖国



・南北統一?それはどの様にするのですか?北朝鮮がしてくれるの?

引用元記事:https://bit.ly/2LCDay1

↓毎日ポチポチ応援よろしくお願いします。とても大きな励みになります。


■お勧めニュース