海外の反応 韓国



最近,ベトナム人移住女性が夫に無差別な暴行を受ける映像が公開されると、多くの人々の公憤を買った。 韓国語が下手でという理由で暴行されたベトナム人移住女性B(30)氏は「夫がサンドバックするように、私を殴った」と苦痛を訴えた。

1

B氏は当時の状況を目撃した二歳の子供がうつ病に悩まされていると伝え、「私の友達も夫にたくさん殴られたが、韓国語が苦手で、警察が韓国人と懸念して申告する場合はほとんどない。 証拠がなくて通報できなかった」と付け加えた。

このように国際結婚の暗い面と問題点が絶えず提起され、いくつかの国は国際結婚と関連する法を制定したりもした。自国民保護のための特段の措置を取ったのだ。このためオンライン上では「韓国人男性と結婚を禁止する国家」というリストが共有されたりもした。

これは果たして事実だろうか?

結論から言えば,これは事実と異なる。全世界のどこにも韓国人男性と結婚してはいけないということはない。ただ、一部の国で営利を目的とした国際結婚を禁じている。

                ご支援よろしくお願いします。
               




2

「韓国人男性とカンボジア人女性の結婚を禁止したカンボジア政府」

今月2日、現地英字新聞プノンペンポストは、カンボジアだけの独特な「タブー」10には、韓国男性との結婚を禁止する項目があるというニュースを掲載した。 以後,国内のあるマスコミがインターネット版ニュースで該当記事を流し、SNS上で熱い関心を受けた。

しかし、確認の結果、これは事実と違っていた。

今までにカンボジア政府は二度の国際結婚禁止令を下した。2008年'国際結婚が人身売買の通路として利用される'は内容の報告書を国連国際移住機関(IOM)が採択・発表し、その年3月、カンボジア政府は国際結婚を暫定的に中止させた。

また、政府の承認を受けてこそ外国人と結婚できるようにする法律を制定した。これは韓国人だけでなく、すべての外国人に適用された国際結婚「禁止令」だった。しかし、これまでカンボジア内で反発が激しくなると、政府は「恋愛結婚」に限って再び許可した。

2010年にはカンボジアが韓国男性と結婚を一時禁止させたことがある。2009年に結婚仲介業者がカンボジア女性26人を一度に韓国人1人にお見合いを見させたことが摘発されてからだ。これにカンボジアと韓国の両国間の合意の下に改正された関連法の細部規定によると、50歳以上の韓国男性は、カンボジア人女性と結婚できない。

所得水準も強化して月2500ドル、韓国のお金で、少なくとも300万ウォン、月の所得があると国際結婚書類申請が可能である。また、女性たちの韓国生活適応力を育てるために韓国語試験(TOPIK)を導入したが、1級以上を取得したら結婚が可能である。

すなわち、カンボジア政府が自国の国際結婚法をより強化する条件で、韓国男性に対する国際結婚禁止令を解除した。

それなら、今回の暴行事件で多くの公憤を買ったベトナムの場合はどうか。


「韓国人男性と結婚するベトナム女性が多い。韓国男性はベトナム女性との結婚を他国より最も好む」

ベトナム女性は、中国人の次に韓国の男性と国際結婚を多くする。ベトナム女性と韓国男性間の国際結婚の特徴としては、年齢に差がある男性年上-女性年下のカップルが大多数を占めている。

特に10~20歳以上の年齢差の場合があり'人身売買'という批判を受けるや、ベトナムは2012年4月から50歳以上の韓国人男性とベトナム女性間の国際結婚を禁止した。韓国人男性は16歳以上年の差がある場合、ベトナム女性を花嫁に迎えられなくなる。

また、別の代表的な国がフィリピンだ。

この40年余りの間、フィリピンは伝統的に自国民を海外に最も多く送り出す国家の一つだった。自国女性が外国人男性と金銭的な理由などで結婚する事例が急増すると、1990年'結婚仲介業禁止法'を制定した。 国際結婚がより多くの関心を引くと、アジアで相対的に豊かな国、主に日本や韓国男性とフィリピン女性との結婚が増えたためだ。

2011年から2012年まで韓国人とフィリピンの女性の結婚は8%ほど減少しているが、この5年を見れば、韓国人男性との国際結婚全体規模は継続して増加している。2007年から2012年までに計118%増加しており、年平均増加率は21%だ。

フィリピンも韓国男性との結婚を禁止しないが、自国女性と外国人男性との間で一切の営利・非営利目的の結婚仲介活動を犯罪と規定している。これに違反した場合、仲介者だけでなく一人当たりの外国人も刑事処罰や強制追放後に入国禁止の措置を受ける可能性がある。

これは,政府が自国女性の国際結婚に対して厳格な基準を適用するということだ。また、2015年に在韓フィリピン大使館は、自国内の国際結婚仲介会社の設立や広告広報などを禁止する'結婚仲介業禁止法'条項を韓国外交部と法務部などに送ったりもした。

このように韓国男性と結婚を法で禁止する国は東南アジアだけでなく、全世界どこにもない。ただm国際結婚の問題点が浮き彫りになり、結婚資格を厳しくしたり、結婚仲介業を制限するケースはあるが、これも必ずしも韓国人男性のみ狙っているとは言い難い。


 韓国の反応 



国際結婚夫婦の40%の夫が暴力を行使する。実際,国際結婚会社の広告を見ると、人身売買も同然のブローカーの取り引きを通じて奴隷と変わりなく、その中には未成年者も「早婚」と言って連れてくる。 これが何の国際恥さらしなのか



言葉が国際結婚であるだけで、事実上お金を払って買ってきたのと同じなのに



・韓国の女子も、韓国の男と結婚が嫌だ



暴力を振るうのなら、そのまま一人で暮らせばよいのに、何故外国の女性を連れてくるのか?



どうか国際結婚を禁止させろ、こんな人間と結婚する東南アジアの女性が居なく成れば良いな



・国際結婚するな、俺も何年か前に中国女と結婚したけど...生活費だけ取られて離婚させられた



・どうか東南アジアの女は、韓国に国籍を取る為に詐欺結婚で嫁に来るな



逆に結婚詐欺をして、韓国人男性からお金だけをだまし取って密に逃げ出す東南アジア人女性も50%は居る



・私の周りにも、子供を産んでから逃げ出す人が居た



・嫌なら、韓国に来なければ良いじゃないか



・人権団体が問題ですよ、女性が国籍のせいで夫が暴力を使っても我慢するしかないと、国籍を容易に与える様に国籍年限を減らせと主張した人々が人権団体です



国籍を簡単に取れる様に成ると、悪い人間だけが入って来ます。国籍を簡単にあげるのは解決策ではありません



・国籍の期限を縮めた結果、悪質な女性だけが入ってきているんです



金払って連れてくる人も問題だし、お金目当てで、会話も出来ないのに来る人も問題だし



ヘル朝鮮社会には発情した人間が多くて、芸能人から老人まで毎日性問題が起きて、正常な社会ではない



東南アジア圏は韓国と文化が異なり、父長的な韓国文化に適応するのが難しいです



・東南アジア女性の結婚斡旋会社から無くせ、最初から何故そんな業者を許可しているの?



・東南アジアの女性と結婚する韓国人男性が、都会の人ではなく、農村の人間であるというのもあるだろ



・最初からお互いにお金や性的関係が欲しくて結婚するのだから、売買婚だろ、こんな売買婚を禁止しろ

引用元記事:https://bit.ly/2SfkCVH

↓毎日ポチポチ応援よろしくお願いします。とても大きな励みになります。


■お勧めニュース