海外の反応 韓国


日本のレベルを越えた政治・経済的挑発にもかかわらず、言葉を控えてきた文在寅大統領が、ついに日本に、警告状を投げる強硬の立場に転じた。

1

万事に言葉を控えながら、慎重に慎重を重ねた、文在寅大統領が「日本の経済挑発が最終的には、日本経済に大きな被害をもたらすこと」と強く警告したというのは、即ち、大韓民国政府は既に全ての損益計算が終わったことを意味し、日本の経済挑発を堂々と対峙することができるという、大韓民国政府の自信の表れだったのだ。

そして断言すると、大韓民国は必ず勝利するだろう。昨今、日本の経済挑発は希望を失って亡くなる戦犯国の最後のあがきに過ぎないからだ。

日本は、もう死んだ国であるからだ。ずいぶん前、集団知性が枯れてしまい、機械の歯車の様に、不義に抵抗なく転がっていく社会をどう言葉に出来るだろうか?

弱り目に崇り目で、老齢化で没落していく日本経済に、福島原発爆発は取り返しのつかない呪いとなり、日本の最後の息の根まで徐々に締め付けてきている実情だ。

                ご支援よろしくお願いします。
               




さらに、喉元まで追撃してきた大韓民国は、既にIT、家電、造船、文化、精油産業で日本を追い越したのはもちろん、全体輸出物量まで数年内に追い越す勢いだ。

しかも、日本が唯一頼っている自動車産業さえ、トランプ大統領の集中牽制を受けると、世界の各投資会社が日本への投資を減らすよう警告しながら、日本経済は結局八方塞に陥る。しかし、崩壊しつつある日本に唯一の希望がまさに朝鮮半島戦争だった。

第2次世界大戦敗戦後、朝鮮戦争を踏み場として経済復興に成功した日本の首相、吉田茂は、韓国戦争を置いて神が下した贈り物と喜んで、妄言も躊躇しなかった。

そんな理由で朝鮮半島に必ず戦争が再発し、産業競争国である大韓民国を財物にし、日本が復興することが安倍首相の唯一の希望だった。日本の高官も「朝鮮半島に戦争が起きてこそ日本が生きる」とし、メディアの前ですら憚ることなく妄言を吐くほど、日本は朝鮮戦争勃発だけを待ちわびてきたと、言っても過言ではない。

しかし、戦争直前まで追い込んだ、売国奴、朴槿恵がろうそくの革命で弾劾され、文在寅政府が北米を説得しつつ、日本の唯一の希望である戦争は遠ざかっていった。ついに日本の執拗な妨害工作にもかかわらず、南北米首脳の板門店会合で、事実上韓半島で終戦が宣言されると、外交的に孤立し、元手まで底をつく日本の安倍政権は、結局してはならない自殺行為を選択したのである。

日本の唯一の武器である先端素材の輸出規制で、世界の先端産業の先頭走者に浮上した大韓民国の足首を捕まえるという最後のあがきをしたのだ。さらに、ろうそく政府の経済を墜落させ、新しい親日政権を図り、大韓民国を永遠の経済植民地として収奪するという考えだ。日本の経済挑発はいつであれ、一度は必ず起きる事だったのだ。

しかし、日本右翼の期待とは裏腹に、大韓民国はアジアで集団知性が生きている唯一の民主主義国家だった。大韓民国は、政府に困ったことがあれば、国民が集団知性を発揮し、国民が自ら問題を解決できる、国民が主人である真の民主主義国家という事実を日本は見逃していたのだ。

「乱戦は私たちがするから、政府は正攻法で行け!」という言葉は、ただ口にした言葉ではない。外敵が攻めてくると、自ら義兵を起こして外敵を追い出し、国家の経済が危機に瀕すると、ためらう事なく大切に保管していた金塊を寄付し、タンカーが沈没すれば、数百万の手で雑巾を持っていき、油を拭き取った人々がまさに大韓民国の国民だ。そして、この全てが国民の主人意識と集団知性が生きるのに可能なことだった。

そういう訳で、日本の経済挑発は、大韓民国の危機どころか、むしろこれまで黄金万能主義に薄れていく国民の愛国精神をよみがえらせる契機になり、守旧によって分裂した国論を集め、百年間続いた日本の経済的束縛から脱する絶好のチャンスとなるだろう。

日本が、いくら先端素材を持ち出すといっても、日本はすでに集団知性が枯渇し、不正腐敗が蔓延している、希望を失って死んでいく国だ。大韓民国の国民が一致団結し、政府を支持し、内部から締め出される奸者を探し出すなら、大韓民国の明日は日本の経済挑発を踏み台にし、超一流国家へと跳躍できるとは信じて疑わない。


 韓国の反応 



意図はわかるが、この様な文章は危険だ。自信を持つのは良い事だが、浅くては行けない、日本を相手にする時は何時も気を付けなければ成らない、油断して殴られない様に慎重に成ろう



私も日本を油断しては成らないと思います。朝鮮時代にも日本を見下してやられてしまいました



自信を持っても、絶対に相手を軽んじてはいけません。特に日本は策略と策略が上手いです



・日本は甘く見ては成りません、何時も気を付けて用心する事に越しません



日本がもう力がたくさん抜けたのは事実です。製造業以外には韓国を脅かす物が無くなっています。しかし、その製造業さえも脱日本化が可能になったので、もう日本は及ばません。むしろ韓国が日本製品をたくさん消費します



・海外では売れているギャラクシーを使わないのを見ると、日本人の内心が見えます



・笑えるのが、サムスンのロゴを消すとギャラクシーの販売数が増える



・日本人の韓国に対する感情はどうなのか、ロゴを消すと増えると言う所から読める



日本はまだ世界第3位の経済大国なのであからさまには攻撃せず、徐々に韓国の首を絞めてきていますね、しかし、日本に強硬に対応するムンジェインを支持する



日本はバブルが弾けてもまだ経済力を持った国です。少なくとも韓国が侮れる様な相手ではありません



・日本は文化的にも家庭用ゲームとアニメ、成人ビデオを除いて、凄いのは無いと思う



・若い世代に日本コンプレックスが無いのが良い、上の世代は日本に劣等感を持って居た人が多かったが、若い人達は、日本はただ旅行行って楽しく遊んで来る所程度である



・劣等感じゃなくて憤りでしょう



・年を取った方々は、若い時は日本が圧倒的すぎて、文化、経済、このような全般的な部分で日本が全盛期だったからやむを得なかったが、最近は日本に対する幻想は本当に沢山無くなりました



日本は先進国の中で民主主義のレベルが相当低いのは事実だが、経済的には韓国と体級が違う相手である。

一部のマスコミが"貿易戦争をすれば、日本への被害が大きくなると言うのを見たが、それは何も知らないまま言っているのだ



・ひとまず、市場規模からして日本とは相手にならない



・やさしい戦いではないが、勝てない戦いでもないのに、先に怖気付いた人が多い様だ

引用元記事:https://bit.ly/2SpkbbC

↓毎日ポチポチ応援よろしくお願いします。とても大きな励みになります。


■お勧めニュース