海外の反応 韓国



日本政府が'ホワイト国から韓国を除く「輸出貿易管理令」政令施行令改正に3万件以上の意見が寄せられており、この中の大半が賛成意見であることが分かった。

関連

1

読売新聞は25日、日本経済産業省が過ぎた1日に開始し、前日午前零時に締め切られた意見公募に国内外合わせて三万件を超えた意見が寄せられ、このうち90%以上が、韓国のホワイト国排除に賛成する意見だったと報道した。

日本政府関係者は新聞に「一般的に、法律改正案に対する意見を公募する際に寄せられた件数は数十件程度で終わるが、3万件を超える場合は極めて異例のことだ」と話した。

日本経済新聞は昨年24日「世界貿易機関(WTO)会合で、日本の対韓国輸出規制強化措置をめぐる限り、韓日両国の主張が平行線を走った」、ホワイト国で韓国を排除する措置が来月中に施行されるものと見られると報道した。極右性向の産経新聞も政府高官の話として、日本政府が予定通り8月中にホワイトリストから韓国を除外する方針だと伝えた。



                ご支援よろしくお願いします。
               




日本の定例閣議が毎週火曜日と金曜日に開かれるが、臨時閣議が開かれる可能性もあり、正確な時期は変動する可能性がある。日本現地では,来週中に閣議で議決され、8月下旬から施行される可能性が有力だという観測が出ている。

現在、日本のホワイト国には韓国をはじめ、米国・英国・フランス・ドイツなど、自国と同盟・友好関係にある27カ国が含まれている。日本政府はこれまで自国企業がホワイトリストの国々に物資を輸出する際、3年単位で包括的許可を与え、個別の許可申請を免除していた。

韓国がホワイトリストから除外されれば、このような恩恵がなくなる。韓国に輸出する日本企業の品目の中で、大量破壊兵器(WMD)開発など軍事転用の恐れがあると判断されるものは、輸出禁止品目ではなくても毎回許可を得なければならない不便さが生じる。

日本政府は原則的に問題がなければ通常の手続きによって許可を出すという立場だが、「軍事転用」を作為的に判断して許可しないこともあり得るため、事実上円滑な輸出取引が難しくなるということだ。


 韓国の反応 



日本が韓国をホワイト国から除外すると、韓国の産業は崩壊すると言うのに...



日本からホワイト国から韓国に削除されれば、木材と食品を除いて、全ての品目と技術者と図面などが禁止される。

一言で、韓国と国交を断絶し、経済戦争をするということだ。全ての輸出を禁止すれば来年の通貨危機に見舞われ・我が国は災難に見舞われる



・外したいのなら外せ



日本に対する戦犯国家制裁を再度しなければならない、何故なら,謝罪と個人賠償を果たせなかったからだ



・日本を安保危険国に指定して、選手安全の為に東京オリンピックボイコット宣言しよう



日本との全ての協定を解除し、主敵として登録し、対立しなければならない



・この様な状況で、ムンジェインは亀甲船の寿司屋で、刺身を食って喜々としている



・文在寅は韓国を倒そうとする人の様だ。韓米共助破棄、対日関係破壊、原子力発電所の廃棄、経済指標の急落、輸出急略、海外移転、世界最高の韓国の技術者を他国に奪われる。大統領一人が無能で過ちを犯せば、全国民と国家が大きな被害を受ける



世界26ヵ国が適用を受けるホワイト国の対象から除外した瞬間、世界10位内に入る超近接国家に対する侮蔑行為で、すぐに敵国に準ずる国交断絶など、強力な措置が行われなければならない



賛成90%だと.... 我が国だったらどんな事が起こっても、こんな圧倒的な数値は出ないだろう。それだけ韓国には多様な意見があり、政治的な自由が日本よりもある



・歯科で使用するカメラやGC、LION、歯ブラシなど消耗品は日本製品が多い



文在寅の外交失策で、この様な状況に直面したが、全国民が力を合わせて脱日本化を加速化させ、日本とは違う路線を独自に歩きながら、日本を追い越す経済と国力を養うように協力しなければなりません



・我々は勝ち抜ける



・またやられる歴史を繰り返しては成ら居ない、こんな時にユニクロやダイソーに行くなんて恥ずかしい



・韓国は団結してこそ生きる



日本へは、放射能被爆の危険地域として、製品は放射能汚染の可能性に分類せよ



・この3万件の意見から日本人の心が見える



日本は選挙の投票率が低い国なのに、支持率90%って凄いね



・日本人がこんな状態なので、国民がしっかりしなければ成らない



・それだけ、韓国が嫌がる意見に対しては、積極的に賛成意見を送って来る日本人が多いという事だ

引用元記事:https://bit.ly/2K4IbNq

↓毎日ポチポチ応援よろしくお願いします。とても大きな励みになります。


■お勧めニュース