海外の反応 韓国


<アンカー>
こんな暴言と強引な主張を並べる日本の会社がまだあります。日本に行ってみた方々は一度聞いたことがあるAPAというホテルです。

日本だけに353軒、外国にも38軒のホテルチェーンがある大きな会社です。しかし、このホテルの客室に、歴史を歪曲した右翼本を部屋に置いていた事が数年前に問題となりましたが、現在はどうなっているの取材しました。

関連

1

<記者>
日本のAPAホテルは交通の便利な所に主に位置し、出張で来ている会社員や観光客が多く訪れるホテルチェーンです。東京にも67店が営業中だが、そのうちの一つを尋ねて見ました。

                ご支援よろしくお願いします。
               




2

部屋の真ん中によく見える所に置かれた本二冊。藤誠志という日本人が書いた一種の歴史評論が込められています。

1910年の韓日強制併合は韓国内でも賛成派が多数であり、以降、日本が巨額のインフラ投資をしてあげたし、慰安婦は自発的に金を稼ぐ為に乗り出したので強制連行された性奴隷では無いだとか、とんでもない主張でいっぱいです。

南京大虐殺と関連しては、当時日本軍が民間人を含め、非戦闘員は1人も殺さず、武装したゲリラを仕方なく処刑したのが全部だという妄言を載せて居ます。

今年に入り急激に悪化した韓日関係については、「韓国内部の政治的目的で日本を非難し続けている」とし、「早く正気を取り戻せ」と戒めます。

本を書いた藤誠志とはAPAホテルグループの代表の名前です。

大勢の人が訪れる巨大ホテルチェーンの代表が、本人の歪んだ歴史観を宿泊客に広告しているわけです。

<アンカー>
このホテルは、2年半前にも問題があると我々が報道した事がありますが、もう一度行っても、変わった事が全くないというんですか。

<記者>
はい、少し前に見た南京大虐殺に関する記述が中国に知られ、批判が相当激しくなり、我々も当時中国だけでなく、韓国に対するでたらめな主張を取材して伝えました。

所が、それ以降、韓国と中国人観光客の宿泊は少し減ったものの、日本の右翼のいわゆる「愛国宿泊」が増え、会社の勢いが拡張されたと書いていました。

歪んだ歴史観を反省するどころか、激しい抗議と非難に耳を背け、むしろ極右史観を金儲けに利用しているのではないかという感じを受けました。

ホテルチェーンの代表は、「勝兵塾」という会も運営しています。一種の講演団体ですが、毎月極右政治家とマスコミ関係者を集めて極右的な歴史観を広めています。

この会のホームページにも、歪曲された歴史観がそのまま反映されています。


 韓国の反応 



NOABE!!! NO APA!!!



・酷いホテルですね



日本は韓国人観光客が落としたお金で弾薬を作って、韓国に落とす奴らです



・こんな奴が暮らす日本とは断交をしても安い



ホテルに嘘の本を備え付けてまで、歴史の嘘を歪曲するのか?精神病者集団だ



・日本を旅行禁止区域にしよう



ここまで行くとショックだ。狂った奴が経営している



・そんな国に観光客を送って居た旅行会社も反省しなければならない



・日本は、南京大虐殺、フィリピン侵攻、日露戦争、オランダ人まで慰安婦にし、周辺国はもちろん、米まで侵攻していた世界の悩みの種だったにもかかわらず、自分たちが原子爆弾に当たって敗戦したことを戦争の犠牲に成ったと学校で教えている。世界中が力を合わせて新軍国主義を標榜する安倍を追い出し、日本に対して模範を示さなければならない



APAホテルが嫌韓企業であると、とても有名なのだが、この機会にもっと知られる様に成るのは良い事ですね



日本出張で数年前にこのホテルを利用していましたが、その後右翼ホテルだと知ってからは絶対にこのホテルを利用していません



不買運動は国民の自発的な運動です。最後まで行かなければなりません



こんな会社が存在するなんて、日本は狂った国だね



・日本に行くだけでも抵抗があるのに、こんなホテルは利用するな



日本や日本の観光業を食べさせていたのが韓国の観光客だったのでは無いのか?それなのに客に対してこんな行動を取るなんて悪口を言われても当然だ



日本という国が問題なんでしょう・・安倍だけの問題じゃないですよね



・お前たちだけで愛国宿泊をたくさんしろ、精神病者たちよ



・アベ(abe)、アパ(apa)どうすれば...精神的にかなり痛い状態



最後まで不買して、韓国人を無視したら終わることを見せてあげましょう



・アパには韓国人は絶対に行っては駄目です



・精神病者の国

引用元記事:https://is.gd/WrMdB1

↓毎日ポチポチ応援よろしくお願いします。とても大きな励みになります。


■お勧めニュース