海外の反応 韓国


日本でイ・ヨンフン作家の本「反日種族主義」が話題を集めている。日本人はレスでこの作家を応援した。

日本の総合ニュースサイト「ニュースポストセブン」に今月18日「反日迷信と訴えている韓国の学者の本が韓国で売られている」のタイトルの記事が掲載された。

関連

1

この記事は「日本との過去史問題が強調され操作された結果、韓国人の反日感情が生まれたとみられる」と主張した。「現在の反日運動激化の根本原因は、ホワイト国家除外をめぐる攻防より過去にある」と付け加えた。

韓国が強制徴用と慰安婦を説明するとき、議論がある数字を利用すると指摘したりもした。記事は「時代も場所も、他の日本人の労働者の写真を'朝鮮人強制徴用'で紹介したり、慰安婦を'性奴隷'と判断する」、「朝鮮人慰安婦20万人、強制動員700万人以上という根拠が不足した数字を利用する」と主張した。

                ご支援よろしくお願いします。
               




2

記事は韓国が「反日一色に染まった」と表現し、この作家の著書'反日種族主義'を紹介した。紹介するときは韓国人作家チェ・ソクヨン氏の解説が込められている。チェ作家は「反日種族主義とは反日を掲げなければ生きられない今の韓国社会を批判的に表現したもの」とし、「強制徴用と慰安婦など、これまで韓国では常識であるといわれたものをすべて覆す内容なので非常に面白い」と評した。

それとともに「李栄勲(イ・ヨンフン)ソウル大教授(元)らは歴史資料を活用し、韓国の反日を迷信や神話の種類だと指摘した」と書いた。

この記事が掲載された後、ヤフージャパンには「こんな方(イ・ヨンフン作家)たちの発言権が増えてほしいが、(韓国は)言論の自由がない国なので大きく期待することは難しいと思う。歴史の真実を世界に広めようと彼ら(韓国人)の虚構を暴いてほしいとお願いしたい」「並々ならぬ朝鮮人、頑張ってください」の様にこの作家を応援する書き込みが書き込まれた。

「韓国では自分たちが見たいのが真実で。それを"恨"という感情で正当化する不思議な世界」とし「嘘を嫌い、真実がなければならないと思う人は残念ながら韓国社会では受け入れられない」と批判した。

「韓国の若者がカメラの前で日本製品のボックスを踏みにじるのは、政府の意図に応えるのが楽で、何かしている感じとほめられる感じがするからだ」とし「反日が続く理由を考えないためだ。反対立場でも考えてみろ」と韓国の不買運動に入れ知恵を置くこともした。


 韓国の反応 



本屋に嫌韓コーナーがある国の奴らが、何を言っているんだ?



・同じ韓国人だということが恥ずかしいです・・・



大韓民国の教授と言う人間があんな親日売国奴だ。これがこの国の有様だ



売国行為で明け暮れる土着倭寇を日本に追放しろ!



この教授は、自分が直接資料を集めたり研究したのではなく、日本人が持ってきた資料だけを集めて研究したと言って居るのではないだろうか?



それから、彼は日本人が書いた本をただ韓国語に翻訳して、自分が研究した本と言って居ると思う



・この時代の本当の売国奴!!イ・ヨンフン



イ・ヨンフンは、日本の代弁をするなら日本に行け、何故韓国で本を売ってるのか?



韓国に言論の自由が無いと言って居る、日本の右翼が問題だ。全体主義で皆同じ事を言わないと攻撃される日本の方が言論の自由が無い



・韓国の売国奴が日本の英雄に成ってしまったね



国を売って金儲けをする人間は、消えて欲しい



・売国行為は、日本に行ってやってください!



・親日売国奴



・こんな奴がどうやって教授に成れたの?



・こんな売国奴に法的措置は取れないの?



この人は日本のお金を受け取って研究したらしいです。それで懸命に親日をしているそうです。日本の韓国侵略が怖いですね



・こんな売国奴教授の為に、日本の奴らが我々を見下す



こんな人間が、ソウル大学で17年間も教鞭を取って居たというのが呆れる



・貴方は日本に移民して下さい。日本に行って嫌韓本を書けば暮らしていけますよ

引用元記事:https://is.gd/SuAEb4

↓毎日ポチポチ応援よろしくお願いします。とても大きな励みになります。


■お勧めニュース