海外の反応 韓国


GSOMIA:日本の週刊誌が「破棄すれば在韓米軍の撤退」
「文在寅という災厄」韓国でも翻訳出版打診が来て

武藤正敏前駐韓日本大使が「最悪の韓日関係を改善する方法は文在寅大統領を交代するしかない」と、また暴言を吐いた。

関連

1

武藤氏は20日に報道された日本経済週刊誌とのインタビューで「文在寅政権は発足2年ぶりに私が当初予測していたこと以上のことをやり遂げた。私の想像以上にひどい大統領」とし、この様に述べた。

武藤は、外交官生活40年間で韓日関係を専門に扱った人物で、かつて日本の代表的な「知韓派」に選ばれたが、退任後には、「韓国人として生まれなくてよかった」「文在寅という災厄(災厄)」'などの本を出版し、嫌韓の論客として活動している。

                ご支援よろしくお願いします。
               




特に、彼は先月出版した「文在寅という災厄」で、文大統領を露骨に非難し、「どの様に退場させればいいか日本人は目を離さず、断固として対処しなければならない」と明らかにして論議になった。

武藤は今回のインタビューでも「今、最善の方法は可能な限り多くの韓国人に文在寅政権が災厄であることを理解させ、早く着実な大統領に変える様にすること」と主張した。

彼は「文大統領頭の中には北朝鮮だけあって、日本との関係改善などはない」、「(日本の大衆文化の開放を率いた)金大中(キム・デジュン)前大統領とは'器'が違う」と話した。

さらに、武藤は、文大統領が今月15日の光復節祝辞で、北朝鮮との、平和、経済に言及したことについても「国民に失政を隠す為の物」とし、「私にはムン大統領が'偉大な藪医者'とみられる」と暴言を続けた。

武藤は、最近悪化した韓日関係の中に両国間の軍事情報包括保護協定(GSOMIA)破棄可能性が取り上げられていることについては「軍事同盟国である米国が破棄を許さない」とし、「それでも鈍感な文在寅政権が破棄すれば、在韓米軍の撤退や削減につながりかねない」と主張した。

また「中国の反日は、国益を考えた戦略的反日だが、韓国の反日は感情がそそぐままの物」とも述べた。

武藤氏によると、韓国出版会社も最近自分の本「文在寅という災厄」の翻訳、出版意思を打診してきたという。

しかし、「前作も韓国の大手出版社に翻訳・出版する予定だったが、出版直前に「ごめんなさい。 も(本を)出すことができません」と謝罪してきた」、「文在寅政権の下、韓国では言論の自由が保障された民主国家とは考えられないことが起きている」と主張した。


 韓国の反応 



その文在寅の批判を、他の国にも同様にすれば、他の国の大統領にも交代しろと言わなくては成らない、全体主義の標本の様な、日本らしい気の毒な発想



この嫌韓の代表である武藤の糞発言に同意して暴れ出す奴が居るとしたら、そいつらこそ本当の売国奴だ。世の中のどんな精神を持った国家が、自国を敵国とみなす国と軍事情報を共有するのか?GSOMIAは破棄しなければならない



・倭寇と売国奴は全て処分しなければ成らない



これは日本が韓国をどの様に考えているのかを明確に示す部分です。相変わらず韓国を殖民統治した属国位としか考えていない



こんな事を堂々と言い、こんな本が売れているなんて日本は本当に情けない



・日本はこれ以上我々の友好国ではなく、独島侵犯など、今後の敵国として備えるべきです



・こんな猿の様な顔をした奴が、日本の顔に泥を塗って居るね、そうすればするほど反日感情が韓国人に積もっていく



・安倍を交換しろ



・あんな記事を、批判なしに詳細に載せる新聞社は何だ?



・これが日本大使の水準



・日本人の脳構造は狂っている様だ



日本にこの様な人間が増えているのなら、未来は無い



・安倍を交換してから韓国の悪口を言え



日本の極右政治家が問題だ。韓国にも韓国の倭寇が多い



・どう見ても猿だね



この人の発言は正しいと思う。文政権では、日本だけでなく外交と経済は滅びたと考える



・日本人は安倍にそんな事を言えるのか?



彼は正しいことを言ったな、共産主義者が大韓民国の大統領をしてはいけない



・不可触賤民の様な奴



これくらいになると嫌韓が職業だ



・この武藤は正気じゃないのに、日本の奴らはこいつを信じているのか?



・安倍交替が韓日関係改善の対策だろう



・この野郎はイカレタ死神の様だ

引用元記事:https://is.gd/btKQml

↓毎日ポチポチ応援よろしくお願いします。とても大きな励みになります。


■お勧めニュース