海外の反応 韓国


ハリー・ハリス在韓米国大使が、在郷軍人会など公開行事がキャンセルされた29日、米国ハンバーガーフランチャイズの開店式典に出席したことが確認された。

30日、在韓米大使館などによると、ハリス大使は、前日午後2時頃から約40分間、鍾路区公平洞(チョンノグ・コンピョンドン)に位置したシェイクスェクの開店式典に出席した。

関連

1

ハリス大使も、当日、ツイッターに「シェイクスェクは、米国品種'アンガス・牛肉(Angus beef)'100%で作る偉大な米国ブランド」と強調し、ハンバーガーを食べている写真での開店式典に出席したことを直接確認した。

ハリス大使が米国企業関連の行事に出席したのは以前にもあったが、同日のシェイクスェク・オープン式の出席が目を引くのは、これに先立って午前参加予定だった安保テーマの講演が取り消された中で電撃的に行われたためだ。

ハリス大使は当初、同日午前11時、龍山区戦争記念館で開かれた在郷軍人会の行事で「朝鮮半島の安保情勢と韓米同盟の強化」をテーマに講演を行う予定だったが、前日、突然この日程が取り消しになった。 また、これに先立ち、午前9時30分から出席する予定だった対外経済政策研究院(KIEP)主催「DMZ平和経済・国際フォーラム」開幕式出席も取り消された。

                ご支援よろしくお願いします。
               




ハリス大使が出席する在郷軍人会行事がわずか数時間を残して前日午後、突然不参加が決定されたという点で、これは事実上その日あったチョセヨン外交部1次官とハリス大使の面談が影響を及ぼしたことはないかという解釈を生んだ。

趙次官は28日午後、ハリス大使を外交部庁舍に呼び、最近、韓国政府の韓日軍事情報包括保護協定(GSOMIA)終了決定と関連して「米国政府の公開かつ反復的な失望感の表示を自制してほしい」と呼びかけた。

事実上、米政府がGSOMIA終了決定に対して憂慮を表明する発言が引き続き出ていることに対する抗議として受け止められる。ただこの面談と関連外交部は前日、釈明資料を出し「主要外交業務相手として定期的な出会いの一環」との立場を明らかにした。

以降、ハリス大使は29日午前にはこれといった公開の日程を入れないまま、午後2時に米大使館近くに位置したシェイクスェクを電撃訪問し、約40分間職員らと昼食をした。

米大使館側は、「シェイクスェク開店式の出席は以前から予定されていた日程」とし、「在郷軍人会の行事も大使館側ではなく在郷軍人会側が取り消した」という立場を明らかにした。


 韓国の反応 



ハリーハリス?こいつの母親は日本人で、生まれた所が日本・・



韓国に日系大使を送った事が、米国が韓国をいかにカモと考えているのかわかる。このハンバーガー屋も不買運動リストに入れよう!



郷軍行事の代わりにハンバーガー屋の開店式?



倭寇の混血児は、倭国大使に任命するべきなのに、何故よりによって韓国大使なのか?トランプと安倍が合意任命したはずだ



ハリスは代表的な米国内の親日人です。1956年、日本生まれで、母親が日本人で、日本語もできて、親日活動を行った人物です。本当に縁起が悪いですね、本当にハリスには警戒が必要です。本当に知日親日で有名です



日系アメリカ大使は、韓国との関係より、米国のハンバーガー店の開店行事に参加するのがもっ大事なんだな、韓国をまったく見下して無視しているんだね



・これがアメリカの素顔だ。韓国はしっかりしろ



アメリカも信用しては行けない、日本の朝鮮支配を許したのがアメリカだった



日系米国人らしい行動だ・公的な行事をキャンセルしてハンバーガー屋の開店式に行くなんて、その程度の人物なんだね



・こんな人間が駐韓米大使だなんて、レベルが残念ですね



この方は、日本大使に行った方が良いと思います



国を奪われ、朝鮮分断の背後にはアメリカがあるなんて絶対忘れないでね。日本、米国ともに絶対信じてはいけない国だ



駐韓米国大使は、日本人との混血、米国務省の韓国課長は日系アメリカ人だ



アメリカは永遠の友邦はない、桂・タフト密約で 後頭部を打たれたことを記憶しなければならない



この大使は、礼儀が本当にないね、水準が日本人だ



・このハンバーガーを不買しよう



・血盟?友邦?ただ、金儲けに必要な国の一つに過ぎない



・不買対象を教えてくれてありがとう!



米国は、韓国を元々それほど尊重する国でもなかったし...でも、これからはちょっと我々も言うべきことは言って生きよう



・そのバーガー屋も不買対象になり

引用元記事:https://is.gd/JKI9Bc

↓毎日ポチポチ応援よろしくお願いします。とても大きな励みになります。


■お勧めニュース