海外の反応 韓国


海軍が壬辰倭乱(文禄・慶長の役)当時に投入された亀甲船の原型そのままを復元することを決め、設計作業に着手した。 鉄甲構造、竜頭などを特徴とする従来の再現亀甲船が実際とは違うという指摘が絶えず提起され、これを機に最大限実物に近い姿を具現するという趣旨だ。

関連

1

1999年海軍が復元した亀甲船の姿。 今回新たに復元される亀甲船の竜頭部分は、上の写真の中の潜望鏡の形から、木の形に変わる可能性が高い。

9日、海軍によると、海軍士官学校の主導で進められている「3回目の亀甲船の建造事業」の設計が来る10日から入札公告に入る。 先月の公告で基準に合う会社が見つからず、再入札に乗り出したのだ。
 
海軍関係者は「設計業者が選抜されれば、亀甲船の復元事業にも弾みがつくもの」とし、「来年上半期設計を終わらせ、下半期亀甲船建造工事を開始して2022年まで亀甲船を買収するのが目標」と話した。

                ご支援よろしくお願いします。
               




2

30億ウォンあまりの予算が投入される今回の事業は海軍の3番目の亀甲船を復元の試みと15~20年の木船寿命を勘案して計画された。 先立って、海事は1979年と1999年二回にわたって亀甲船2隻を復元した。

海軍は、今回の事業のために考証作業から心血を注いでいると強調した。 これは光化門広場の亀甲船など、現在知られている亀甲船の姿が壬辰倭乱(文禄・慶長の役)の時に投入されたのと違いがあるという問題意識から始まった。

海軍が過去の復元作業で主に参考にした「李忠武公全書」の中の亀甲船の絵から変形した亀甲船の姿を呈していると指摘されている。 海事関係者は「先立って、復元した2隻の亀甲船は李忠武公全書に記録された全羅左水営の亀甲船をモデルにし、亀甲船の特徴を一部加味した混合型亀甲船」とし、「文禄・慶長の役が1592年に勃発し、全書が1795年に発刊されたことを考慮すれば、200年の時差を置いて亀甲船の姿に変化があったとみている」と話した。

海軍側は今回の復元事業のため、亀甲船記録の「切れ合わせ」が必要だと説明した。 壬辰倭乱当時、亀甲船の構造や模様に関する詳細な記録が残されておらず、亀甲船が言及された朝鮮時代の文献を全体的に見ているという意味だ。 このような作業を通じて海事は現在再現亀甲船と1592年型亀甲船のいくつかの決定的な違いを発見したという。

大きさが代表的だ。 海士は壬辰倭乱に投入された亀甲船が、現在復元されている亀甲船よりも小さかったと見ている。 仁祖の時に作成された「備辺司謄録」の亀甲船叙述部分が、その根拠である。 ここには、最も小さい大きさの板屋船を基盤に製作された亀甲船が、本来の姿よりますます大きくなっているという内容が盛り込まれている。

学界では、壬辰倭乱後に建造された亀甲船が規模を拡大するようになったのは、海上実戦戦闘が行われなかった状況と関係があると説明する。 亀甲船が戦闘的実用性より外形の華やかさを追い始めたというのだ。 この他、砲搭載に重点を置き、大きさが大きくなったという推論も出ている。

新たに復元される亀甲船の竜頭の部分も、潜望鏡から木の形に変わる可能性が高い。 これは「竜の口から砲が噴き出された」という当時の戦闘記録に基づいている。 龍の頭が上にそびえる潜望鏡の構造では、砲を撃つことができる空間を確保するのが難しいということだ。

海事はまた、文献考証と専門家たちの諮問を経て、亀甲船を象徴する鉄甲構造も壬辰倭乱当時、亀甲船は見当たらないと判断した。 板屋船に蓋を覆った後、様々な錐の刃を固定し、一部の鉄板材質が使われたが、基本的に亀甲船甲板は木の材質になっているという説明だ。 学界では、日本が敵軍の着地を防ぐ錐の刃の威力を誇張して表現したことから、亀甲船の鉄甲構造説が起因したという話が出ている。

構造の亀甲船を復元論争の定番のネタである2・3階の説の場合、全体的な3層構造に一部2階構造が混ざっている方向に決まった。 これまでの歴史学界では、史料を通じて3階の説を有力にした反面、工学系では砲射撃の後、復元力をあげて2階の旧正月に重きを置いていた。

李教授は「基本的に3階構造であるが、一部空間では2、3階がつながっていたと見ている」、「過去二度の復元と大きく変わらない部分」と話した。
 
海事は亀甲船1階には格納庫、2階には艪を漕ぐ兵士と砲射撃の兵力、3階には火の矢を発射する兵力がそれぞれ配置されたものと推定している。

海軍は、今回の復元事業に入る木材をすべて国内産で調達する方針だ。1999年構造の亀甲船を復元では日本産杉が使用され、議論が持ち上がっている。 海事関係者は「朝鮮時代の木造船建造に使われたものと見られている東海岸の松の木で新しい亀甲船を作る計画」とし、「原型に近い亀甲船を作るのに様々な機関と様々な専門家たちからの協力を求めている」と話した。


 韓国の反応 



敵軍の船体にぶつかって穴をあけて沈没させるには、首が下についてこそ適当でしょう



文罪人政権は、しきりに李舜臣将軍様と結びつける様に言う



亀甲船の資料は日本にある資料を参考にしてください。日本の資料は当時の状態をそのまま描いて描写したであろう。

亀甲船の国内資料は文禄・慶長の役、200年が過ぎた後に後世の人たちが推測して作ったものだ。 200年なら、3-4代後世の人が推測した



・反日感情をあおろうと、亀甲船と李スンシンを浮かばせるのか? 歴史意識を高めるのはいいことだが、反日感情は育てるな



・李舜臣(イ・スンシン)将軍を10万ウォン札に格上げさせろ、救国の英雄を100ウォン玉にするな



・水兵が可哀相だね



・それで、いつ「朝鮮主義人民共和国属国」を宣言しますか?そうなる前に私はこの国から出て行かなければ成らない、もう韓国は住める国では無い、国民を人間として考えず、人畜として扱う現政権下では生きて居られません、さようなら



文政権は、北朝鮮のミサイル挑発には一言も言えず、李舜臣将軍を「赤を英雄視する道具」に利用する...



これで何隻目の亀甲船なの?最初からまともな亀甲船を作れば良かったのに、3億円が勿体ない



亀甲船はすでに数隻もあるけど、観光客もまともに受けられずに、管理費に税金が使われている。どうせ作ってもそのまま海にぷかぷか浮いているだけで、政治的に作って広報をするだけだ。その様に浪費するお金があるなら貧しい国民でも支援して下さい



時代劇に出てくる亀甲船や華やかな韓服などの考証を通じて再現すれば、外国人や若い世代がたくさん失望するだろう



光化門の李舜臣(イ・スンシン)銅像でも新しく作ってほしい。他の国の銅像に比べれば小学生レベルみたいで恥ずかしい



・3億円の予算を使って亀甲船を作る価値があるだろうか?



海軍ではなく国策事業で、まともな復元船を作れば良いですね、亀甲船に業績に比べて、これまで同じように復旧されたことがないとは...



・亀甲船の再現は急ぐ事では無いだろ、それよりも北朝鮮の潜水艦を対策しなければ成らない



・朴正熙元大統領を非難し、朴正熙の真似をするクラス



・北朝鮮がミサイルを発射するのだから、それに気を使え!いや海軍が400年前の亀甲船をどうして作るか?



・亀甲船は実在していなかった様な気がする。そんなものを作って税金の無駄遣いになりそうだ



亀甲船が数十隻にあったと言うが、そんなに記録が残って居ないのか?



歴史遺物をありのまま復元しろ、操作をするのはいい加減にしろ



鉄甲は最初から話にならない。船の下が重くなって重心がつかめないので、重い鉄甲を甲板にあげればすぐにひっくり返る...やたらに我々だけが「世界初の鉄甲船」などご歴史を誇張すれば、日本の様な歴史歪曲の格好になる

引用元記事:http://bit.ly/31bjGFE

↓毎日ポチポチ応援よろしくお願いします。とても大きな励みになります。


■お勧めニュース