海外の反応 韓国


韓国人をはじめ東アジア人は、「痴呆を誘発する特定遺伝子の遺伝変異を持つ人の割合が西洋人より遥かに高い」という研究結果が出た。これまで西洋人より東アジア人がアルツハイマー痴ほうに弱いという事実は学界に絶えず報告されてきたが、その原因が明らかになったのは今回が初めてだ。

関連

1

朝鮮(チョソン)大学の認知症、国策研究団は10日「7年間にわたって4万人以上を対象に研究を行った結果、認知症を誘発する特定遺伝変異によって韓国人を含む東アジア人の認知症発症率がOECD(経済協力開発機構)の平均より少なくとも1.3倍以上高いことが分かった」と明らかにした。 研究団側はまた、アルツハイマー認知症が発症する年齢も韓国人が西洋人より平均2年以上早く進行するという事実も突き止めた。

研究団によると、認知症を誘発する遺伝子として知られたアポイ(APOE)e4型遺伝子にはG型とT型遺伝変異が存在している。2重に東洋人に多く現れるT型遺伝変異がある人の場合、認知症発症率が2.5倍も高かった。 研究団側が韓国人1万8000人余り、日本人2000人、米国人2万2000人など4万人以上の遺伝対分析とMRI脳の映像分析などを通じて確認した結果だ。 今回の研究結果は、ジャーナル・オブ・クリニカルメディスン誌の8月号に掲載された。

                ご支援よろしくお願いします。
               




T型遺伝変異が西洋人に比べて東アジア人に高い頻度で存在するという事実も新たに明らかになった。 該当遺伝変異によって韓国人が西洋人に比べてアルツハイマー痴ほうにもっと弱いというのだ。研究チーム側は、韓国人10人中7人の割合で、その遺伝変異を持っていると見ている。 2017年現在、韓国の65歳以上の高齢者の認知症発症率は10%水準である。

研究団側は、今回の研究過程で痴ほうハイリスク群を事前に選別できる新しい遺伝子検査法も開発した。 検査は綿棒を利用して、口の中で簡単に球状皮細胞を採取し、DNAを検査する方式で行われる。 該当検査を通じて痴ほう高危険群に判別されれば、MRI検査とPET(陽電子断層撮影)検査など精密検査を通じて、アルツハイマー病患者を早期に発掘することになる。

一般人に対する痴ほう高危険群検査は早ければ来月から光州(クァンジュ)で試験的に実施される。 研究団側は光州市とともに地域の保健所と痴ほう安心センターを通じて痴ほうハイリスク群の選別サービスを実施した後、全国に拡大する方針だ。 イ・ゴンホ痴ほう国策研究団長は、「今回明らかになったアポイ(APOE)e4型遺伝子変異は、東洋人に特に高い頻度で現れるという事実を初めて究明したことに意味がある」と語った。


 韓国の反応 



・こんな情報に両親が心配される日が来るとは・・



・お婆さんを見たら、選択的な痴呆がある様ではありませんね



私のお母さんは63歳で既に認知症中期、何かおかしくて病院に行ったら、痴ほう遺伝子があり、何らかの精神的衝撃で発現したそうです



大きい慰めにはなりませんが、それでも最近は薬さえきちんと飲めば進行がとても遅くなると言いますね



・この程度なら国で支援しなければ成らないでしょう



・本当に西洋人に比べると良いのが一つもないね、アジア人は



・一番悲しい病気が痴ほうみたいだけど...



痴ほうは発病したら終わりです。世の中で一番怖い病気が痴ほうです。経験してみなければ分からない地獄のような現実..



・痴ほうにも症状の程度があって、当事者や周りの人の立場で曖昧な場合が多いから無条件正解があるのではないようです



本をたくさん読むとか、運動をして予防と言われますが、しかし、結局認知症も遺伝ですか



痴呆症にならないようにしたり、完全に治療するのは難しいが、様々な薬物の発達で痴呆があることを認知する瞬間から治療を始めれば、進行速度を遅らせることはできると言いますね



・韓国人は痴ほうに弱いという事か



・これなら癌に成った方が良いね



・本当に痴ほうは怖いですね



韓国人の10人のうち1人が認知症ですね、ああ...



早期発見時、薬物治療療法を早く始めると進行を遅らせる事が出来ますが、問題は、多くの老人が認知症検査をしに行こうと言えば、「私が何の痴ほうなのか」と腹を立てます。それで早期発見ができなくなります。医者がいつも言及する問題です...



・健康検診に入れるといいんですけど、検査費がいくらなのかわかりませんね

引用元記事:https://is.gd/IRwBVM

↓毎日ポチポチ応援よろしくお願いします。とても大きな励みになります。


■お勧めニュース