海外の反応 韓国


最近、韓国が通商分野で行われた「韓日戦」で全て勝利する快挙を成し遂げた。

今年に入ってから、日本が韓国を相手に世界貿易機関(WTO)に提訴した水産物紛争と空気圧バルブ紛争に相次いで勝利した。

勝利の背景には、通常官僚たちの緻密な法的根拠の準備と几帳面な弁論が裏付けられた。

関連

1

産業通商資源部柳明姫(ユ・ミョンヒ)通商交渉本部長は11日午前、政府ソウル庁舎で「日本輸出制限措置WTO提訴発表文」を読んでから、原稿にもない空気圧弁「勝訴」に対する「歓迎」の意思を明らかにした。

日本の輸出規制で通商環境が難しい中、お盆連休の直前に伝わった朗報がそれほど嬉しかったという意味に読める。

韓日水産物紛争で痛快な逆転勝ちを作り出した主役の一つであるチョン・ハヌル(39)産業部通商紛争対応課長が今回の空気圧弁紛争にも主務部署の課長に参加した。

                ご支援よろしくお願いします。
               




2

チョン課長はお盆連休を控えた同日も、休まずWTO本部があるスイス・ジュネーブの現場に泊まっていた。

日本とのもう一つのWTO訴訟件であるステンレスチール問題でジュネーブにまだ滞在していたチョン課長は、連合ニュースとの通話で今回の勝訴について、「韓国の中小企業を日本の大企業から保護できる貴重な勝利だ」と評価した。

チョン課長は「水産物紛争のように政治的,経済的に波及が大きな事案ではない」とし、「しかし、国内の空気圧バルブ産業は中小企業が大半で、日本は世界的な大企業を中心にしているため、今回の決定は国内中小企業産業を保護するという点で意味がある」と語った。

米通商専門弁護士出身のチョン課長は、昨年4月WTO訴訟などに専門的に対処するため、産業部に特別採用された。

先立って、韓日の空気圧弁紛争1審でもチョン課長は法務法人世宗(セジョン)弁護士として参加した。

彼は「日本は自国が勝ったと主張しているが、とても過剰な抑止」とし、「重要争点10個のうち3個除いて勝ったのは1審と全く同じで、因果関係は1審を覆して私たちが勝っただけに、強いて言えば、1審よりはるかに有利になった」と付け加えた。

今回の上告審3日前に、日本経済産業省はWTOが自国の勝訴を宣言するだろうと主張し、海外では日本の勝訴を占う報道が広がっていたということだ。

これは、日本が前回の福島水産物上告審の劇的な逆転負け後、それだけWTO訴訟に敏感で気を使っているという傍証だと言える。

チョン課長は、米国の大学留学の時に異種格闘技をして軍服務時代、アフリカ・ソマリアに派遣された清海(チョンヘ)部隊2陣で行って司令官、法務参謀を勤めたユニークな経歴を持っている。

今回の空気圧弁訴訟で、チョン課長と呼吸を合わせた朴クンヒョン(39)事務官も、通商だけ11年扱った通商専門公務員だ。

朴事務官は、三星経済研究所出身で2008年韓・欧州連合(EU)自由貿易協定(FTA)の間は、特別採用されて通商交渉本部地域通商局などで働きながら、長年の経験を積んできた。

朴事務官は「今年4月ジュネーブで開かれた上訴審口頭審理から空気圧弁痩々に関与した」、「1次パネルの判定で、主要争点で勝利を収めたためにこれを維持しなければならないという負担感が大きかったが、結果的によく守って嬉しい」と話した。

パク事務官は「FTAなど通商業務やWTO訴訟は政府が当事者であるため、公務員として固有の役割を持って働くのがやりがいがある」と付け加えた。

日本産の空気圧弁の場合、産業規模が大きくなく、国内にたくさん入った時も年間500億ウォン規模しかならず、今は反ダンピング関税賦課にこれよりはるかに減ったが、最近日本の輸出規制など、韓日関係で重要な争点となった。

今までWTO紛争で韓日戦が繰り広げられたのは計6回、このうち、今回の空気圧弁を含めて4戦4勝の成果を出した。 残りのステンレススチール、造船業など2件は、パネルが構成されたり、構成を控えている。

今回の輸出規制WTO提訴まで合わせれば7件になる。

WTOにかかっている紛争がある程度終結し、一息ついたが、彼らの業務が終わったわけではない。

産業部は日本が韓国を狙って断行した半導体・ディスプレイの核心素材3件の輸出規制措置をWTOに提訴することにした状態だ。

両国の貿易にかなりの波紋を投げかけただけに、WTOでの攻防も激しくなるものと予想される。

産業部が日本をWTOに提訴すると明らかにした後、実際の提訴まで二ヵ月がかかったことだけを見ても、内部的にどれほど多くの準備をするかも判断することができる。

法廷攻防のための証拠資料の収集、論理および書面作成、弁論など訴訟実務は通商紛争対応課が担当する。

産業部の担当局長である鄭海官(チョン・ヘグァン)新通商秩序協力官は、「通商紛争対応課は特別採用出身者と通商法とFTAを専門とする従来の公務員たちが原チームを成している」とし、「WTO提訴が日本措置の不当さを客観的に立証する最も有効な手段であり、国民の期待が大きいだけに、今後も最善を尽くして国益を守る」と述べた。


 韓国の反応 



これが国だ!文大統領とすべての関係者の方、ありがとうございます



文政権は本当に心強いです!! 黙々と仕事をしてくれる関係者の方々は良いお盆をお過ごしください



・貴方方が真の愛国者です



文大統領の国民なので嬉しいです。もう国らしくなって未来を希望で眺めます



国の発展と繁栄と主権確立と改革のために全身を捧げる、文政府と個人の花道を捨て、殉国の情熱で黙々と歩んでいく祖国の長官、ありがとうございます



清廉で仕事のできる専門官僚が多い国に未来がある。このような官僚が尊敬される社会が、まともな社会だ。 政界に立ち寄り、政治家にコネを作ろうとする官僚が多いほど国が悪く成る



これが、私がまだ文政府を支持する理由であり、支持し続けることは、本当に国と国民のために頑張っているという真正性が見えます


・文大統領が仕事上手だから、公務員も仕事上手なんだね!



・これが国だ!



我が国に、こんな国際業務に卓越で能力がある方々がいらっしゃるというのが誇らしいです。お疲れ様です



・もう国が正常に戻るから...大統領に下野しろと言って居る人間は自分を振り返れ



・これが国だ!文政府無限信頼です!



自分の能力で、最善を尽くしてくださった方々ありがとうございます。国民の一人として感謝いたします。半導体も必ず勝訴することを期待します



・これから半導体分野も必ず勝訴してください



文在寅政府の卓越した能力に毎回驚きますね、能力のある人たちを適材適所に配置して能力を最大値で使えるようにするのが真のリーダーです



・本当に心強いです。実力派の方々が国と国民のためにこの様に頑張っている事に感謝します



日本の横暴に対して徹底して準備して対応し、勝利した成果なので拍手を送りたいと思います



有能な公務員が居て心強いです。いかなる政治的動揺にもかかわらず、常にその場で役割をしてくれた公務員に感謝します



・やはり文在寅政府!



・親日政権では提訴もせず、勝ちたい勝負欲もなかっただろう



我が国がかっこいい、大韓民国ファイト!!! 立派です。 我が国民も日本不買をもっと頑張りましょう



社会のあちこちで活躍する有能な人材を登用し、特に通商交渉専門家グループを養成したのは素晴らしいです

引用元記事:https://is.gd/4l3kjq

↓毎日ポチポチ応援よろしくお願いします。とても大きな励みになります。


■お勧めニュース