海外の反応 韓国


鳥取県のNHK放送局で「敗戦日以降、韓国が独島(竹島)を占拠している」の内容をテーマにしたドラマ朗読劇を上映する予定だ。

「人がいる無人島」というタイトルのこのドラマは、来年2月上映される予定だと、日本の産経新聞は16日報道した。

関連

1

産経によると、このドラマはこの1953年鳥取市出身の新聞記者「田賀市朗」氏が執筆したと伝えられている。 大島という名前の主人公が木の舟に乗って独島に向かって行って経験する話を盛り込んだ。

該当作品で大島は、周辺の引き止めにも独島に上陸しようとしている。 彼は、独島に行こうという理由について「私の心が命じています。竹島に行くのはですね」と説明する。

彼が独島に太極旗が掲げられていることを報告書に「ここが日本の領土か? 島根県五ヶ村か? 大きさは驚くほど大きくても近寄れらない領土は世界でこれしかない」と嘆く場面もある。

                ご支援よろしくお願いします。
               




この朗読劇は、島根県出身の元小学校教師杉原由美子氏が企画者として出演する予定だ。 彼女は2014年絵本「メチのいた島」を書いた人物で、「竹島は日本のもので、独島アシカも日本固有の動物」あると主張し議論を醸したことがある。

彼女が書いたこの本は、日本の内閣官房領土主権対策企画調整室で、口演童話映像で制作し、ユーチューブに掲載して広報している。 日本全国小・中学校3万2000ヵ所にも配布されている。

「人がいる無人島」という脚本は過去鳥取市の市民劇団「鳥取演劇集団」の創設者たちが保管していた脚本38本に含まれていた。この劇が実際に放送されたことがあるかどうかは確認されていないと、サンケイは伝えた。 これに先立ち、この脚本の存在が報道されると、日本のインターネット上では「ぜひドラマ、映画化してほしい」という声が相次いだという。

「人がいる無人島」は来年2月22日「竹島の日」以前に上映される計画だ。 劇には隠岐の島西郷中学校の前校長、常澄聡を含めた4~5人が出演する予定だ。 独島の写真をスライドで紹介するなど、子供たちに独島を理解させるという計画だ。

「戦争以降、韓国が竹島を武力で占拠した事実を伝えたい」と産経新聞に伝えた。 杉原さんは「絵本を読んでくれた子供たちは手紙で'竹島に行ってみたい'と話す」、「竹島に向けた当時の人々の考え方を伝えて、子ども達が竹島に対して考えるきっかけになってほしい」と付け加えた。


 韓国の反応 



変なことをするんだな... 独島が君らの領土という証拠はないのに言い張っているだけのチョクパリこれはドラマに歪曲して、操作しようとしている、日本人はどんどん酷く成るね



・腐ってしまった国家
1位日本
2位中国



事実、竹島のことでも日本とは周期的に問題を引き起こして、韓日は親しくなることができない間柄です



過去の歴史問題がきれいに解決されたとしても、この様な話にならない主張をする国とどの様に親しくなるでしょうか



韓国に親和的だという、日本民主党さえ独島に関しては、同じ立場なので日本とは仲良く成れそうもない



・本当に日本は次から次に色々やるね



日本とは永遠に友邦に成れない



もし、日本がこうしてずっと挑発して来るのなら、一度は大きく戦う事に成りそうだ



内容見たらドラマの背景が1953年だというが、やはり近代を背景にドラマを撮影しそうだ。我々も独島アシカを日本人の猟師が虐殺をしたドキュメンタリーや短編ドラマ撮影しなければ成らない様だ



・もし文在寅が反米へと転ずれば、日本が独島に侵攻した来た時米国がひそかに日本の肩を持ったらどうする?永遠に奪われる結果となる



・指導者は結果として評価されるわけで、意図がある訳では無い、現実的な結果が出来ないと指導者の資格にならない



朝鮮王朝こそ中国に仕える中国の諸侯国家であり、奴隷制国家だ。日本の植民地の過程で朝鮮半島に近代化が行われたので....その後、李承晩(イ・スンマン)が自由民主主義国家を建設し、朴正熙(パク ・チョンヒ)が産業化を達成して豊かな国になったのだ。植民地の奴隷根性?ww植民地時代に奴隷があったのか?



ろうそくの国の扇動家の反日種族主義の扇動によって踊る犬豚たちよ...しっかりしろよ...お前たちが言う歴史は全部嘘だ...



・戦争後、韓国が占拠したのが独島だけがないはずなのに……? 我々こそ対馬島を取り戻さなければなりません



・朝鮮日報の読者は、日本NHK妄言に対してなぜ批判しないのか?結局貴方方が言う国家安保とは、日本の大韓民国侵略を擁護するための妄言か?

引用元記事:http://bit.ly/300EMsL http://bit.ly/31s9bOl

↓毎日ポチポチ応援よろしくお願いします。とても大きな励みになります。


■お勧めニュース