海外の反応 韓国


[アンカー]
このお盆の日、東京で生活する韓国女子高生が、50代の日本人女性に暴行を受ける事件が起こったことが確認されました。

「韓日葛藤が深まる中、日本国内の嫌韓ムードが広がる中で起きたことで、韓国同胞、特に幼い生徒の安全に不安が高まっている。

関連

1

[記者]
東京新宿のある大型マンション。

すぐ近くに東京にある唯一の小中高校の韓国の学校があり、ここに通う学生と父兄たちが多く住んでいるところです。

ところでお盆の日の13日夕方6時半頃、同マンション1階ロビーで韓国女子高生一人が、とんでもない辱めを受けました

                ご支援よろしくお願いします。
               




2

他の友達一人と一緒に、ここに住む他の友達を待って、色々と話をしていたが、これに不満を抱いた50代の日本人女性が近づいて暴行を加えたものです。

居住者でもないのに、どうしてロビーにまで入って騒いでいるのかと、無理に10m余り、ロビーの外に追い出しました。

この過程で女子高生に「許しを請いなさい」と怒鳴りつける場面もあったという。

「東京在住の韓国住民:胸ぐらをつかまれたという話聞きました。 女子高校生は、ロビーのソファーに座っていたのに、(日本人が)出て行けと胸ぐらをつかんで「出て行け、お前はここに住んでいないのに、どうしてここにいるの?」

ちょうど周辺に住む他の韓国人がこの状況を目撃し、続々と押し寄せて加害日本人に強く抗議し、女子高生はさらなる災いを免れました。

被害女子高生は直ちに病院治療を受け、日本の警察署に正式に捜査を依頼しました。

当時の状況が盛り込まれた防犯カメラを分析した日本警察は、事件発生から四日目に加害者を特定して調査を行ったが、正確な暴行動機は分からないています。

「韓日葛藤が激化し、日本国内の嫌韓ムードが高まる状況で、このようなことが起こり、同胞の間では不安が高まっている。

「東京在住の韓国住民:韓国人を嫌やがる日本人が増えています、気をつけなければならないし、ちょっと怖いですね。]

特に先月、弘大で韓国人男性が日本人女性に暴行を加えたことが日本に報道された後、「日本の放送出演者が日本男性も韓国人女性を暴行しなければならない」という暴言を吐いたため、幼い学生を持つ父兄たちの心配はさらに深まっています。

事件発生後、韓国の学校側は学生たちを対象に嫌韓関連暴行事件に備えた特別教育を行い、各家庭に注意を呼びかける家庭通信文も発送しました。

駐日韓国大使館側は、弘大で起きた日本人女性暴行事件の際、韓国警察が厳正に対応したことを強調し、日本の警察も今回の事件を迅速かつ公正に処理することを要請しました。


 韓国の反応 



韓国の記者は、倭寇美化の記事だけをかかず、この様な事件の記事を大々的に上げろ


このニュースはなぜ大きく報道されないの?むしろ日本人女性暴行の時はすごかったと思うけど



・我々もこの事件を大々的に報道して、SNSで広めるべきです



日本で韓国人が好きな日本人はほとんどいない。90パーセント以上が韓国人を軽蔑して嫌っている



・日本人はこんな事をするのに、未だに日本旅行をする人が居る



・この事件に対してどうして静かなの? やっぱりマスコが腐って居る



日本人は、関東大虐殺をした日本人だ。在日は出来るだけ韓国に戻れ



・これからは、日本で韓国人に対する暴行が横行するだろう、日本はそんな国だ。韓国政府は日本旅行禁止令を準備しなければならない



・弱い人間に強い日本人らしい



関東大震災の時の朝鮮人20万虐殺や、浮島号事件、その後も継続される差別、日本は信じられない国だ



・日本に行くな、日本に行くとこんな目に遭う



・国際協力が難しい国だね~日本警察の捜査がどうなるのか見守らなければ成らない



朝鮮人が井戸に毒を入れたとデマを流して6000人虐殺した奴ら



・日本に行くな、精神病的なヒステリー集団みたいだ



弘大暴行は日本人女性にも責任が一部あったが、今回の日本人による韓国女子高生暴行事件は嫌悪感情による無差別暴行...日本人の水準がどんなに低いのかわかりますね



・倭国を「旅行赤色警報発令国家」に指定せよ



日本は関東大震災の時、民間人が朝鮮人男女老少妊婦を含む18000人以上を無惨に殺戮したことに反省と謝罪の一言も無い



・日本国内の韓国人の保護のために軍隊を送らなければならない!



・倭寇新聞は、韓国人が正しいものは大々的に載せない



・滅びた後進国の日本



政治後進国である日本の警察が、公正に処理するという期待はしない方がよさそう

引用元記事:http://bit.ly/31xv7aO

↓毎日ポチポチ応援よろしくお願いします。とても大きな励みになります。


■お勧めニュース