海外の反応 韓国


日本政府は国家安全保障会議(NSC)事務局である国家安全保障局(NSS)に、戦略的経済政策の樹立などを担当する部署の新設を推進すると毎日新聞と読売新聞が18日報道した。

報道によると、NSSは現在欧米・北東アジア・中東を担当する地域政策3班、サイバー政策などを扱う戦略企画班、情報を総合する情報班、総括・調整斑など6つの班で構成されているがいわゆる「経済班」を新たに作る構想を日本政府が検討中だ。

関連

1

経済班は通商問題、外国基盤施設開発協力、先端技術分野の国際協力などを取り上げ、経済政策に関する基本方針や重要事項を起案したり、関係省庁との調整の役割を果たす見通しだ。

関連分野で経験を積んだ財務省や、経済産業省出身の中堅幹部らが配置される。

NSSは外交・安保に関して首相を補佐したり助言したりしながら、関連政策推進で中核的な役割を果たしているが、ここに経済班を追加するのは経済政策を外交안보安保政策と統合的に運用しなければならないという判断によるものだ。

                ご支援よろしくお願いします。
               




2

同紙は経済班の新設推進には、「総理官邸が主導して '経済重視外交'を推進しようという目的」と分析した。

経済班の新設は、米中貿易紛争の激化や輸出規制の拡大をめぐる韓国との葛藤ともかみ合った措置とみられる。

これと関連し、読売新聞は「経済安全保障の対応を強化する背景には、経済的手段として安全保障上の国益を追求する動きが活発になったことがある」とし、「韓国に対する半導体材料の輸出管理を厳しくするなど、経済と外交안전安全保障分野を連発した対応が必要な機会が増えている」と説明した。

経済班が設けられれば、安倍晋三政権は、韓日両国の輸出規制をめぐる対立や世界貿易機関(WTO)への提訴など主要懸案に関し、NSSを活用して首相官邸が主導する組織的な対応を模索するものと予想される。

毎日新聞は最近、新たに就任した警察庁出身の北村茂NSS局長が内閣情報官時代に安倍首相の要求を受け、経済関連の情報収集・分析に力を注ぎ、経済重視外交を安倍首相に提言した経済産業省出身の今井尚哉首相補佐官とも親しい間柄だと伝えた。

日本政府のある関係者は、安倍首相の側近である北村氏のNSS局長就任について、「外務省・防衛省中心だったNSSの中で警察官僚の影響力が増大するだけでなく、組織を経済重視に転換しようとする狙いもある」と分析した。


 韓国の反応 



我々も気を引き締めて、一致団結し、土着倭寇を除去して戦争準備をしよう!



日本はあんなに準備してるのに。我が国は党派争いばかりしている



日本は犬に勝てなかった狸の癖に、再侵略がしたくて死ぬんだな



日本と経済戦争、もはや日本が主敵になり得る。 経済問題において、我々は北朝鮮と同盟して日本の攻撃に共同対応する案を講じなければならない



・安倍の独裁政権が今更始めたのか



人類の普遍的な常識と合理性に基づかないと、何をしても逆効果が出るだけだ。 日本がこの様に行けば滅びるのは時間の問題だ



・我々も、安倍の組織的経済侵略を必ず防ぐ為には、本当に気を引き締めなければなりません



歴史的に見る時... 現在が倭寇の侵攻前とまったく同じだ...!!



経済戦争後には明らかに実際の武力挑発に続く「戦争」が訪れる。 日本との全面戦争に備えなければならない



・まず、国内の土着倭寇の整理が急務だ



南北を通じたユーラシア大陸路がつながれば、日本はまさにアウト



絶えず朝鮮を侵略する日本



韓国は2対1で今戦争している。国内は固定スパイである土着倭寇と戦い、国外は本土倭寇と戦っているのだ



日本が戦争を準備する様だ。韓国も北朝鮮だけを牽制せず、日本に備えて核潜水艦と長距離ミサイルを多量確保しよう



・安倍が精神的に可笑しく成って日本を滅ぼす



・死に瀕する日本



・サイコパス集団日本



「中小企業を育てろ」、素材強国になって世界に輸出すれば日本全体が崩壊する



日本奴の奴らは、経済戦争をして大韓民国を飲み込もうとしている



・直接対応は政府を信じて、国民はもっと徹底的に日本不買運動に邁進しよう



・「倭寇」、「土着倭寇」、「親日言論」、「新親日検察」、「すべてアウトだ。来年、誰が国民なのか日本人なのか、すべて明らかになる

引用元記事:http://bit.ly/31z4hPB

↓毎日ポチポチ応援よろしくお願いします。とても大きな励みになります。


■お勧めニュース