海外の反応 韓国


夏季五輪、サッカーワールドカップとともに世界3大スポーツ大会に挙げられる第9回ラグビーワールドカップが、20日から11月2日まで日本で開かれる。 20の本大会進出国のうち、英国陸軍のラグビーチーム選手27人が、13日2次世界大戦の主要戦犯が合祀された靖国神社を団体観光しながら笑う写真をツイッターに載せた事実が明らかになり批判が広がっている。 韓国チームは予選脱落した。

関連

1

18日(現地時間)、ザ・タイムズによると、ポール・マデン駐日イギリス大使は最近、靖国神社への訪問で物議をかもした英国のラグビーチームを叱責し、「これ以上どのような神社も訪問するな」と注意を与えた。

特に、一部の日本のネットユーザーはこの写真を掲載し、「英国の騎士道と日本の武士道が通じた」「紳士の国なので韓国と違う」という妄言を吐いた。 英国のラグビーチームは批判が高まると、写真を削除した。

今回の訪問を主宰したアティ ・ショー中佐は「非常に不注意だった。いくつかの国に敏感な事案であるかは知らなかった」と遺憾の意を表した。第2次世界大戦で約50万人の英国人が死亡したという点を考慮する時も、彼らの行動が非常に不適切だという指摘が出ている。






2

ニュージーランドのジャシンダ・アーダーン首相は、強力な優勝候補である自国チームを応援するため、日本を訪れた。彼女は19日、東京の首相官邸で、安倍晋三首相と会い、両国の選手のユニホームを交換した。

自分の名前「晋三(SHINZO)」と背番号「9」が刻まれたTシャツを受け取った安倍首相はしばらく苦笑した。 毎日新聞は、戦争可能な日本を作る為の「憲法9条」改憲を推進している安倍首相が数字の「9」を「憲法9条」と関連させた可能性があると解釈した。

日本政府は、今回の大会を福島地域の安全性を宣伝する契機にする本音も明らかにした。 日本経済によると、日本はサモア代表チームキャンプを事故地点からわずか50キロ離れた福島県いわきに設置し、津波被害地域である岩手県の釜石ても試合を開く。 日本はラグビーワールドカップ、来月22日、徳仁新天皇即位式、来年7月、東京オリンピックなどを通じて海外観光客の誘致や内需拡大を期待している。


 韓国の反応 



帝国主義国家同士がよく遊んでいますね。過去に対する反省はありません



英国の奴らって無知なの?ブレクジットも何か分からずに投票した人がほとんど



未開の朝鮮人が、同じ朝鮮人を殴って搾取したり、貪欲に目がくらんだ官僚が鎖国政策を展開していた時、大日本帝国は戦闘空母を作り上げ、ナチスドイツ帝国は機関銃機関砲に戦闘機を使って戦争していた



韓国人は世界で勉強を一番たくさんすると言うが、ノーベル賞一つない。 発明品も新薬もない、韓国の書き込み欄のレベルだけ見ても知能水準が全て出る。 朝鮮末期に文明人達は、「朝鮮は世界一未開で劣等な民族」と言った



・虫ども



・間違った指揮官なら部隊全滅だ



今日もヘル鮮人は勝戦国が敗戦国と交流するのを見て悲しいです。両国の軍人が交流するのを見たら驚いてびっくりしているね



旭日旗を見ると発作し、靖国を見ると興奮するほど洗脳されたコリアンたち。 そうしてもあなたたちに良いことは一つもないし、日本は江戸時代にすでに先進国だったし、すでに西洋と交流をしていた。

日本は韓国より300年間はリードしている国家と歴史家は言う。現実は1000年が過ぎても韓国は日本を追い越していない。 理由はあまりにも未開な民族性の為



・今からでも日本の過ちと戦犯旭日旗がヨーロッパ全域に知られることを



・イギリスはナチスに滅ぼされるべきだった



大英帝国と大日本帝国は堂々と戦ったのであり、当時の韓国人は、人口の50%が犬や馬の糞と呼ばれていた奴婢だった。むしろ日本が奴婢解放、法治への導入、経済発展までしてくれた



・靖国に集団参拝するなんて、無知か勇敢か?



・英国アウト



・これは、ヨーロッパにあるヒトラーの墓地の前で笑って記念撮影をするのと同じなんですよ



西洋人の日本文化愛は根が深い。すでに19世紀末に日本文化は、欧州を席巻し、美術と音楽で強い印象を伝えた。

第2次世界大戦にも、米国が産業都市京都に原爆投下しなかった理由は、その決定者が京都に新婚旅行に行って来てそうだったするほどだ。

アインシュタインが1922年に日本を訪れた際、先に訪問した中国は悪臭がして未開するが、日本では洗練されて親切と絶賛した。我々はその時、土の家に住みながら草履を履いていた



・日本軍に捕虜生活を送った英国軍は、一生日本製は使わなかったと聞いたが



・「欧州の倭寇」英国



・島国根性は同じだね

引用元記事:https://is.gd/igJ7f5

↓毎日ポチポチ応援よろしくお願いします。とても大きな励みになります。


■お勧めニュース