海外の反応 韓国


宇宙ロケット開発をはじめとする宇宙探査・宇宙環境観測技術など、宇宙関連技術の全分野で韓国が世界最高水準と比較して10年以上の差が出ることが分かった。

2日、韓国科学技術企画評価院(KISTEP)の「2018年に技術レベルの評価の最終報告書」によると、宇宙・航空分野の最高の技術力を保有した米国を100%で見た時、韓国の宇宙ロケット技術水準は60%にEU(95%)、日本(86%)、中国(89%)に比べ、大きく落ち込んだ。 技術格差も17年と集計された。

関連

1

先端技術を結合した衛星技術とハヤブサの発射など宇宙探査技術を確保し、米国とともに「先導」グループに分類される日本と比べると、韓国の技術確保は遠い状態だ。

これに対して、報告書は「開発中の韓国型ロケット(KSLV-2)2022年の延期はもちろん、制限された技術自立度と発射体の性能などを考慮すると、米国に比べ相対的な技術格差が増加している」、「一方、中国は最も早く宇宙開発インフラを確保しており、日本では米国との協力を土台に独自のロケットを開発した」と強調した。






2

韓国の宇宙探査技術の水準は世界最高の技術力である米国の55%水準に止まった。中国(82.3%)、日本(84%)、EU(90%)と比較して最も低い数値だ。技術格差とみなされれば、米国との差は12年だ。

報告書は宇宙探査技術について、「国家的に全幅的な予算支援がない限り、自生的に宇宙探査技術を確保し、発展させることは現実的に不可能だ」とし、「近視眼的で当面の経済面での実利だけを考える科学予算支援方式では発展が遅くなるしかない」と診断した。

韓国の宇宙環境観測および監視分析技術も、「先導-追撃-後発-作戦」の段階でEU EU日本・中国のうち唯一後発に分類された。2005年までは、中国より優れた技術を保有しているが、政策の無関心と不備な支援で技術開発の進展しなかったと報告書は評価した。

技術レベルの評価は、文在寅政府「第4次科学技術基本計画」に含まれた11分野120の重点科学技術に対する評価と1200人の専門家の定性評価と論文・特許など定量評価を通じて行われた。


 韓国の反応 



なぜ宇宙開発に投資できなかったのか取材しろ



米国が韓国に、ミサイル射程の固体燃料ロケットの宇宙ロケットや、固体ロケットの開発を禁じ、足かせをかけて置いた為に達しない



日本はアジアで一番先に近代化に成功して、帝国主義に戦争まで経験した国だ。それだけその時代に縮尺された技術が多いということだ



・韓国はスタートは遅れたが、これからついて行く事は出来る



日本は70年代に米国の技術そのまま受け継いだ為発展しただろうし、我々は90年代以降にロシア技術協力を受けて開発しているから当然後れを取るしかない、しかし、これくらいなら韓国も十分に善戦しているのだ



・どうやって小さな国が全て上手くできるんですか?



・それではこの時まで、李明博、朴槿恵は何したのか?



北朝鮮ロケット技術は、何時か韓国の得に成る



・我々は女性福祉の為に毎年1000億円を投入し、宇宙開発には関心が無い



・投資もしないのにどうなるのか?



・韓国は死んでも日本を追いつくことができない~~



韓国が全ての科学分野で上位圏に入らなければならない必要があるのか?我々がうまくできる分野を育成すればいい、特定分野の世界上位圏の国々と我々を比較して、我々自身を卑下する必要があるのか?今も十分によくやっているのに...



・文在寅は、ロケット発射もあらゆる言い訳をして延期したが、今はもう月に行くつもりさえ無い



日本はとてつもなく宇宙産業に投資する。宇宙ステーションに日本のモジュールあって、ソユーズにもよく日本人を送ってます。

韓国の様に政権が変わる度に政策が変わって宇宙産業予算が削減されるのではなく、日本政府は一貫して投資しています



・韓国は、宇宙開発に必ず投資しなければならないのか?いっそ4次産業研究支援金として使うのがもっと良いかも



これは捏造です。日本は言葉通り、米国技術をそのままお金を払って、コピーした技術しかなく、それさえも盛りが過ぎた技術です



・大丈夫、韓国hまもなく統一すれば、航空宇宙分野の最強国になる

引用元記事:https://is.gd/sSLKaT

↓毎日ポチポチ応援よろしくお願いします。とても大きな励みになります。


■お勧めニュース