海外の反応 韓国


(日本カトリック司教会議、カトリック正義と平和協議会議長である勝谷太治司教は9日「最近、日本では韓国を擁護するかの様に発言すれば、徹底的に批判を受ける異様な雰囲気が形成され始めた。私も被害者の一人だ」と明らかにした。

関連

1

彼はこの日、京畿道坡州市の民族和解センター-懺悔と贖罪の聖堂で開かれた国際学術大会の基調講演文でこのように伝え、「最近、インターネットとマスコミを通じて、一部の日本の歴史家と右翼の歴史修正主義者の意見がまるで日本人の大半の意見であるかの様に日本社会に広がっているため、深く懸念している」と述べた。

勝谷大司教は、自分が教区長を務める日本の札幌の現地状況を伝え、日本政府と現地メディアの報道方式を批判した。

また、「札幌でも多くの韓日交流が中止となった。 市民たちはこうした状況を深く懸念し、あちこちで韓日友好キャンペーンを繰り広げている」と紹介した。

さらに「札幌の玄関である千歳空港では、仁川から到着する韓国人観光客に北海道の小さなプレゼントとともに歓迎のメッセージを配っているが、こうした市民キャンペーンはほとんど報道されていない」と指摘した。




勝谷大司教は「むしろ韓国を非難する報道とそれによって発生する事件だけが報道されるなど、政府とメディアが国民感情を煽っている」と主張した。

安倍首相が主張する「積極的平和主義」をめぐっても批判を加えた。

安倍首相が「積極的平和主義」を掲げ、軍事的に世界に貢献する国家を作るとしているが、日本で「平和」は「東洋平和」という意味で使われ、日清、日露、日中戦争時の戦争の大義を表わす言葉に過ぎないということだ。

そして、「積極的平和主義は人権が尊重され、あらゆる差別と抑圧がない状態という意味と全く関係のない言葉であり、武力で仮想の敵を威嚇しようとする抑止力を意味する」とし、「この様な考えを元に、現行の憲法を変えて戦争を可能にするという意味が込められている」と説明した。

勝谷大司教は「日本の教会はこれを最大限警戒すると同時に憲法改正を阻止しようと努めている」と強調した。

カトリック教正教教区民族和解委員会とカトリック新聞が「韓日関係の歴史、そして記憶の治癒」をテーマに共同主催した同日の学術大会には、韓国と日本、ロシアのカトリック、プロテスタント関係者、韓国学専門家らが出席した。


 韓国の反応 



ヘイトスピーチを政府が支援する唯一の嫌悪国家日本、本気でむかつく...



日本製品は1000年間、全面ボイコットで行こう!



安倍と右翼を追い出さない限り、韓国と日本の友好関係はない



・日本にもカトリック司教が居たなんて驚くべきですね



地球上で、国が乗り出して、他国を嫌悪して、嫌悪を放映して、嫌悪の本を書いて、嫌悪集会をする国家は?日本唯一です



嫌韓書籍を大型書店に誇らしく陳列している汚い国は、全世界的に日本が唯一だ



日本の右翼は一部ではない、大半だ。何故安倍首相が政権を続けることができるのか?多くの支持者と脳なしに連れて行かれる国民がいるからだ



・日本の右翼は反韓で韓国の右翼は親日で...



・我が国は土着倭寇と日本の右翼安倍首相の悪口を言うだけで、日本人自体を憎まない


日本が変な国になって久しいです。日本国民が可哀想です! 自分の言うこともまともにできず、我々は言うべきことを言えて、豊かじゃないですか!



日本は韓国に嫉妬して、韓国が上手く行っているのを見たくないのだ



書店に嫌韓コーナーがある唯一の国、暇さえあれば韓国を叩こうとする犬達



日本に、こんな努力をする神父様たちと、正しい行動をする団体もあるなんて有難く幸いだ



今は日本自体がぞっとする水準



・ユダヤ人嫌悪を注入して何百万人もの虐殺したナチスの様に、安倍がそれをそっくり真似ている



・日本では実際に中学生路上でヘイトスピーチをした



・日本はアメリカから核爆弾を2発も落とされたのに、反省が無いですね



日本の嫌韓放送は正常で?



・日本の脳裏には、韓国が自分の植民地だった事だけが残って居ます

引用元記事:https://is.gd/NecVhn

↓毎日ポチポチ応援よろしくお願いします。とても大きな励みになります。


■お勧めニュース