海外の反応 韓国


携帯電話から電気自動車まで広く使用されるリチウムイオンバッテリー技術を初めて開発して商用化した米国の大学教授と、日本の研究者が2019年ノーベル化学賞受賞者に選定された。日本は24番目の科学分野のノーベル賞を受賞した国家となり、基礎科学および素材の大国の面目をもう一度誇示した。

関連

1

ノーベル賞委員会は「リチウムイオンバッテリーは1991年に初製品が出た後、我々の生活を革命的に変化させた」、「各種携帯機器に広く使用されているだけでなく、太陽光や風力発電で生産した電気を保存して燃料が必要ない社会を実現している」と選定の意義を伝えた。

リチウムイオンバッテリーはウィッティンガム教授が1970年代に初めて考案した。しかし、2ボルト(V)程度の低い電圧だけ出す事が出来、金属リチウムが爆発する可能性があり、解決しなければならない課題を残した。




グッドイナフ教授は1980年リチウムイオンを挿入したコバルト酸化物を利用する方法で爆発問題を解決して電圧を、従来より二倍以上大きく高めた。以後吉野教授が1985年、本格的な商用化水準のリチウムイオンバッテリーを開発した。

博士号取得研究員時代グッドイナフ教授と研究した金永植(キム・ヨンシク)、蔚山科学技術院(UNIST)エネルギーと化学工学部教授は「リチウムイオンバッテリーのおかげで、容量比体積が小さいのに電圧は4V以上に高いバッテリーが可能になった」、「今日の携帯用電子機器社会を可能にした」と話した。

一方、グッドイナフ教授は今年97歳で歴代最高齢のノーベル賞受賞者に名を連ねることになった。また、吉野教授の受賞で、日本は科学の分野だけで今年まで24つのノーベル賞を受賞することになった。

歴代5番目に多い数だ。 2000年代以降、受賞者だけで計算すると、米国に次いで二番目だ。 吉野教授が兼任として在職中の旭化成は、総合化学企業に2017年バッテリー、分離膜、世界市場占有率1位(18.8%)を占めている。

日本は青色発光ダイオード(LED)研究で2014年ノーベル物理学賞を受賞した中村修二、米国UCサンタバーバラ教授兼日本日亜化学工業研究員と、高分子物質質量分析技術で2002年化学賞を受賞した田中耕一島津製作所研究員に続き、再び企業研究院が賞を受賞する記録も立てた。


 韓国の反応 



・日本は色々な物を発明したけど、我々も日本の物を奪ったのだよ...衣類、電子、造船業等々...日本は本当に偉いね、でも嫌い



一流大国日本だ。彼らから学ぶべき点は学ばなければ、彼らを乗り越えることはできない。ぼんやりと不買運動をしたって彼らに勝つことはできない、先進文物を受け入れよう



・日本に勝とうと犬の様に吠えるね



・基礎科学に投資しなければならないのに、お金が足りないから投資しない、日本は全ての国立大学に投資をするのにね



韓国人はそのまま諦めろ、どうせ朴正熙のときから韓国は戻れない道に行ったから・・



・米で核を作った人間は化学賞をもらわなければならないのに...



・重力を自ら検証した盧武鉉にノーベル物理学賞をください



羨ましい、隣の国



韓国は、日本を過去500年の間、一度にすら追いついてみたことがなかった。明治維新当時に韓日国力の差がほとんど三十倍以上も差が出ていたが、今になってやっと50%以内のギャップに狭まった



・未来を見通す日本を敵に回し、鎖国する北朝鮮を吸い込もうとしているのだから、韓国には答えが無い



・韓国も産業科学ではなく基礎科学研究支援をしてください



・韓国では、才能のある人や、技術者を冷遇するので、日本の様にノーベル賞は取れない



やはり人類の発展に寄与する日本、過去だけを見つめて恨みを晴らすのに忙しい韓国とは違う



・韓国人は、基礎科学に支援もしないのに何を望んでる?



・基礎科学の重要性



朝鮮人は日本が無ければ近代化は無かった。中国の属国に成るよりも、日本の属国の方が良かった



リチウムイオン電池... 記事で出たように30年前に出た技術が、30年後に人類の生活を変えるほどの革新的な研究ですね



・韓国も、基礎科学もしっかり固めれば、未来にノーベル賞は可能だと思います。 研究者の方々、皆ファイト!



・反米反日する狂った大統領が舌打ちをしていそう



・ノーベル賞は家でパソコンで偽造できないじゃないか。 だから韓国では絶対出ない、もちろん、金をばら撒いた平和賞を除いて



・韓国も理工系人材にたくさん投資しなければならないのに、お金をどこに使えばいいのか本当に分かっていない



やっぱり先進国、日本



・我が国でもノーベル賞が受賞してほしい、隣の国の日本が受けたなんて、お腹が痛い

引用元記事:https://is.gd/gpfaAI

↓毎日ポチポチ応援よろしくお願いします。とても大きな励みになります。


■お勧めニュース