海外の反応 韓国


日本人ノーベル科学賞の受賞者24人目…ノーベル化学賞だけで8回目。

リチウムイオンバッテリー(電池)を開発して商用化に貢献し、別名「充電する世の中」を開いた米国・英国・日本人科学者3人が今年ノーベル化学賞を受賞して、ノーベル科学賞の歴代最高齢者の97歳の受賞者が出た。 27番目の日本人のノーベル賞受賞者も誕生した。 ノーベル科学賞に限定すれば、日本人受賞者は今回が24度目だ。

関連

1

今度の受賞者のうちグッドイノプ教授の年は97歳で最高齢者ノーベル賞受賞者になった。今まで最高年齢の受賞者は2018年度ノーベル物理学賞受賞者のアーサー・アシュキン米国ベル研究所博士だった。 当時、アシュキン博士は96歳だった。

また、日本人受賞者がいるという点も目を引く。日本国籍者のノーベル賞受賞は今回が27番目だ。吉野氏は化学賞を受賞した8人目の日本人として記録された。 これまで日本は物理学賞11人、生理医学賞5人、化学賞の7人を輩出した。 ノーベル科学賞では24度目の受賞者が誕生したわけだ。




京都大学大学院卒業後1972年世界1位、リチウムイオン電池メーカーである旭化成に入社し、吉野は学界ではなく産業界出身という点で注目される。ノーベル科学賞は普通学界出身一色だ。大阪大学で博士号を取得したことも、企業現場で研究経歴を積んだかなり後の2005年だ。企業で下積みしてきた吉野は2017年から名城大学名誉教授職を兼ねている。

昨年基準で日本は米国267人(43%)、英国88人(14%)、ドイツ70人(11%)、フランス34人(7%)に続いて23人(4%)で最も多いノーベル科学賞を輩出した世界5位の国だ。

西江大化学科のイ・ドクファン教授は、「リチウムは最も軽い金属元素であり、リチウムイオン電池は反応性の高いリチウム金属の代わりに黒鉛を陰極材の活物として使うため、爆発の危険性が少ないため、相対的に従来のバッテリーよりはるかに安全だ」と説明した。

ノーベル委員会はこの日、「現在携帯電話、ノート型パソコン、電気車などすべての分野に使われているリチウムイオン電池は化石燃料がなくても 「充電が可能な世界」を切り開いた」と評価した。

今年のノーベル科学賞の受賞者に900万スウェーデン・クローナ(約1億円相当)の賞金とメダル・証書を授与し、授賞式は、アルフレッド・ノーベルの命日の12月10日、スウェーデンのストックホルムで開催される。


 韓国の反応 



あれ?「韓民族は世界中で一番賢い民族」と洗脳教育を受けたのに... なぜ韓国系(韓国だけでなく、先進国移民した韓国系子孫を含む)は、今1人もないのでしょう?



日本は我々より300年は近代化早くし、20世紀初めに独自の技術で航空母艦作り、世界大戦の起こした強国だ。

我々はその時何をしていた? その時、ゴム靴すら作れなかった我々が優秀な民族だと? 一体何の尺度でアジア最高先進国と比較をするのか分からない



真の反日の為には、リチウムイオンバッテリーを使わないで、LEDも使わないでねw



・日本を無視する国は、韓国だけです。日本に行ったら親日派扱いする国です



・それでも文在寅一味は、我々が勝っていると精神勝利



・チョググ事件を見てください、論文から不正が幅を利かせているのに、何奴のノーベル賞?



・韓国人は、自分の経済水準に見合わない大きな家、整形、私教育、不動産投機を好み、不公正世界最高...甚だしくは他の国まで染める...世界で一番即物的...物質追求的民族性で、人類を先導する価値ある哲学、科学分野に掲げる物が無いみすぼらしさ



・正直に日本に秘密がある訳でも無いのに、唯一世界で日本を見くびるのが韓国である



・ノーベル文書偽造賞があれば受賞するはずなのに...



・韓国の一般人は科学に関心が無く、普段科学の本を読まない、書店にも一面人文学ばかり膨大



精神勝利は何の役にも立たない、 認めることは認め、日本に追いつく為の努力を傾けなければならない



日本人は、調理師から始めて科学者まで一生自分の道を歩む人が多い、職人精神が我々より強いのは確かだ。学ぶべきことは学ばなきゃいけない



・韓国人が受賞出来ない理由~日本がノーベル化学賞を取る時、我々は慰安婦少女像を作る



ノーベル化学賞受賞をお祝い申し上げます。 この方のお蔭でバッテリーの心配を減らし、携帯用家電を使って感謝しています



国の力を育てることは考えず、アサヒビールを飲まず、ユニクロに行かないと、全て出来ると思っている大韓民国国民



今も我が国の技術力が日本に勝って世界1位と詐欺を働いている文在寅はお腹が痛く無いのか?



・私は理系ですが、この様に何度も日本と比較する文章を見れば、もどかしい。 そもそも科学史から百年以上も差異はクラスが違う国で、基礎科学は産業のように短期間で模倣戦略で可能な分野では無いです。日本の高等科学教育は20世紀初めにすでに始めたが、我が国はせいぜい70年代からだ。 端的な例として、東京大学工学部が1880年理研が1917年に建てられたが、韓国科学技術研究院は1966年度に建てられた。そして学問的に日本という科学強国との交流で学んだことも多かったし、善意の競争関係ならいざ知らず、敵意を燃やしたり卑下する態度は辞めてほしい



日本人がノーベル賞を受賞したのは、人類に寄与した結果享受したのに、韓国人は、日本に向けてつばを吐いている



・韓国人の頭脳は可能であっても、国家的システムと国民意識の水準は、このままでは絶対に日本に追いつけない!



・国格ってこんなふうに上げるんだね



・我が国は教授たちは研究費を盗むのが得意だよ



・認めるべきことは認めて見習おう、日本を無視する国は韓国だけだ



・日本は日本なりに得意な分野があるし、韓国もそれなりに上手な分野があるのです。むやみにノーベル賞が全てであるかのように言わないで、今からでも少しずつ競争力をつけていきましょう

引用元記事:https://is.gd/vmYHAQ

↓毎日ポチポチ応援よろしくお願いします。とても大きな励みになります。


■お勧めニュース