海外の反応 韓国


「ノーベル賞超大国」日本の悩み...研究における「過失」は誰が楽しむか?

ノーベル賞のシーズンを迎え、日本が再び浮き上がっています。 9日、日本化学者吉野彰(71)旭化成名誉研究員がノーベル化学賞受賞者に選定され、2年連続ノーベル賞受賞者を輩出したからです。吉野研究員は、日本国籍者としては25番目、日本出身者まで含めれば、28度目の受賞者です。

関連

1

日本は2000年代に入って18人のノーベル賞受賞者を輩出したノーベル賞超強国です。米国に続き、2000年代ノーベル賞受賞者数で独歩的な2位を占めています。基礎科学分野では「主要2ヵ国(G2)」と呼ばれるほどの水準です。

特に2014年物理学賞、2015年生理・医学賞、2016年生理・医学賞を3年連続受賞しており、昨年と今年も相次いで受賞して、日本人ノーベル賞受賞は年例行事のようになる雰囲気です。日本のマスコミは連日、各種分野のノーベル賞受賞者の発表を控えて日本人受賞候補を選定していますが、各分野ごとに受賞候補群を豊富に揃えている点も目立ちます。




2

しかし、このような宣伝にもかかわらず、日本人のノーベル賞受賞者の「陰」も感知される雰囲気が感じられます。 ノーベル賞受賞の名分となった新技術の開発と新しい科学的発見は高く評価すべきだが、その科学的成就の結果を日本が享受することは別問題のように見える現象が増えたからです。

代表的なのが今年、吉野研究員が初めて開発したリチウムイオンバッテリー分野です。 吉野研究員は1985年に世界初の商用リチウムイオンバッテリーを作った人物とされます。吉野研究員が出願した特許を活用し、ソニーが1991年、世界で初めてノートパソコンや携帯電話などにリチウムイオンバッテリーを採択して、関連産業をリードしました。

その後、リチウムイオンバッテリーが商用化されたことを基に、スマートフォンや電気自動車(EV)時代も開かれることが可能になりました。市場調査会社富士経済によると、2022年リチウムイオン電池世界市場規模は7兆4000億円水準で2017年比2.3倍に成長すると予想されました。

しかし、日本人と日本企業が関連市場を開拓しましたが、リチウムイオンバッテリー分野で日本企業のプレゼンスは最近、大きく墜落した状況です。 パナソニック、旭化成、東レ、日立化成、住友金属鉱山、三菱ケミカル、昭和電工、東芝など日本企業はバッテリー素材・不在分野ではまだ競争力を持っていますが、バッテリー商用化分野では韓国と中国に力が傾いている様子が明らかです。

特に市場成長を主導するEV用バッテリー市場競争で中国と韓国企業と苦戦しています。2017年現在、車用リチウムイオン電池市場占有率は、中国CATLが15.5%で日本のパナソニック(14.6%)を抜いて世界1位の座を占めています。 中国のBYDと韓国LG化学、サムスンSDIがシェアを伸ばし続け、日本企業が居場所を押し出している様子です。

日産自動車とNECは昨年、共同出資して作ったバッテリーメーカーを中国企業に売却することを決定しました。世界で初めてリチウムイオン電池の実用化に成功したソニーも2017年に、電池事業を村田製作所に売却したことがあります。何よりグローバル市場で中国・韓国企業のプレゼンスが高まり、日本の代表の自動車メーカーのトヨタ自動車も今年6月、中国CATL、BYDなどとEV用バッテリーの分野で協力することにするなど、市場構図が急変しています。

ノーベル賞受賞とノーベル賞の基盤となった研究の果実を楽しむことは別個の状況が拡散しているのです。 昨年、ノーベル生理・医学賞受賞者である本庶佑(77)、京都大学の特別教授も、自分の研究結果を基盤として開発された癌治療剤の「オプジーボ」の製造・販売会社の小野薬品工業と特許使用料をめぐる訴訟を行うなど、研究成果の実用化と関連した雑音が絶えない姿です。

これとともに、最近数年間、日本人ノーベル賞受賞が続いているが、相次いで受賞者を輩出している現在70~80代の「黄金世代」以降も受賞者が出るかどうかについては懐疑的な視線も少なくありません。 日本が、基礎科学研究分野で頭角を現わした原因としてはよく△科学者たちの純粋な研究重視の風潮△は目の長期研究プロジェクト推進△国家レベルでの積極的な研究支援△100年が越える研究の歴史で蓄積された知識と広いヨンクプルなどが主に挙げられます。

人の視線を意識せず、自分の好きな分野に邁進する日本人特有の職人精神を指摘する場合が多いが、このような特性が集約された研究世代が現在ノーベル賞を受賞する世代だそうです。最近、科学分野の研究予算はもちろん、研究成果でも米国、中国などとの格差が広がっているという指摘が絶えず提起されている。

ほぼ毎年、ノーベル賞受賞者を輩出する日本の科学界を、韓国はとてもうらやましい視線で見ています。 日本の相次ぐノーベル賞受賞は、長年の知的投資と蓄積の時期を経た後に収めた結実でしょう。 これとともに、ノーベル賞受賞は大きな光栄ですが、受賞の基盤となった研究成果をきちんと活用することは、もう一つの問題だという気もします。 現在、日本社会は相次ぐノーベル賞受賞を喜んでいるが、日本が直面している科学界・産業界構図を考慮すれば、ただお祝いばかりしているわけにはいかないという現実はいろいろ考えさせられる。


 韓国の反応 



・731部隊



朝鮮奴らはアイドルスター、公務員、建物主を夢見るのにwww



・日本民族がチョーセンジンより優秀です



日本は例え今問題が起こっても何時かは克服出来るが、韓国は夢にも見れない領域だ



韓国でノーベル賞受賞者が出ない理由は、チョググの様に学問研究はおろそかにしながら、機会をうかがって、高い地位に就こうとする学者が多いからだ。殆どがこの様な考えを持って政権の下僕役を務める学者が多い



・反日日本製不買運動をしている方々は、まさか、まだスマートフォンからバッテリー取っていない方はいないですよね?リチウムイオン電池は日本人が作り出したものです。 まだ抜いていない方は早く抜いてください



韓国は羨ましくてどうしようも無いのに、言い訳を苦労して書いているね、基礎科学、特許、源泉技術ほど重要なものはない、完成品の組み立てで粘る国の癖に、こんな記事を書くなら韓国の水準は依然として底だ



南朝鮮はノーベル賞受賞者は出ない



・何故一度もノーベル賞を受賞した事の無い韓国が心配する必要があるの?韓国は平和賞以外に物理学賞や化学賞でも受賞してみよう



朝鮮は無知で未開でノーベル科学賞一つも無い。 このような結果に、劣等感による反日種族主義、無知な愛国主義者ばかりが増えているのがファクト



・基礎科学も文化も経済力もほぼ全ての分野で世界最高を記録する日本に対して、何か批判するなら、少なくとも日本と争える分野で語れ



・韓国人は、日本がポケモン、マリオ、ハローキティ、ドラゴンボールなどの知的財産権で世界を席巻し、基礎科学、経済で世界をリードするのを見ながら指でもしゃぶってろ



・それでも科学分野では日本が羨ましい、この様に数十年にわたるたゆまぬ投資と努力の結実で部品素材の強国になった



・心配しないでください、韓国は「北朝鮮と統一さえできれば何でもできる「と言い張る世間知らずの純真な大統領を保有しているからです



・他人の家を心配せずに、自分の家を心配しよう



・基礎研究と商品化が必ずしも結びつくことはないが、それでも基礎研究大国は常に再び跳躍する底力があると考えなければならない。

我々は基礎もないのに、他人がしておいたものを基盤に実だけよく取るというだけで、そんな事が何時まで可能なのか?ただでさえ弱い理工系の基礎研究層が現政権に入ってから、とんでもないうわごとと政策で益々可能性が薄くなりつつある



こうした中、韓国の日本克服の道が不買運動だと信じる情けない社会の雰囲気と、これを密かに助長する文政府、いつ実力で勝つのか?



・韓国は、北朝鮮にお金だけ与えてノーベル賞が貰えたんじゃ無いの?



・今誰が誰を心配するの?日本に対して心配する暇があるなら、自分をもっと向上させろ

引用元記事:https://is.gd/nbtNxw

↓毎日ポチポチ応援よろしくお願いします。とても大きな励みになります。


■お勧めニュース