海外の反応 韓国


軍が2033年に戦力化を目標に、軽空母級の大型輸送艦の建造計画を明らかにした中で、周辺国戦力と戦術運用面で、初の韓国型空母は軽空母ではなく7万t級中型空母で建造しなければならないという主張が提起された。

関連

1

海軍は、大型輸送艦計画を確定し、当時遂行した研究用役を通りじて軽空母と中型空母2つを秤にかけたが、獲得時期と費用などを理由に軽空母に方向を決めた。

10日、国会国防委員会所属の崔宰誠(チェ・ジェソン)共に民主議員が公開した資料によると、海軍が大型輸送艦-Ⅱ計画を確定した当時、遂行した研究報告資料に中型空母と軽空母二つの案が検討された。

海軍が考慮した中型空母は長さ298m、満載排水量7万1400tである。 固定翼航空機(戦闘機・支援機)32機と回転翼航空機(ヘリコプター)8機をともに搭載可能な水準だ。乗組員の規模も、操縦士、整備士など航空人員640人を含めて1340人だ。




2

軽空母は長さ238m、満載排水量4万1500tである。 固定翼航空機12機と回転翼航空機8機を同時搭載する。 乗組員は720人(航空人員320人含む)だ。 搭載戦力と乗員は中型空母の半分ぐらいだ。

中型空母獲得予想費用は5兆4000億ウォン、軽空母、獲得費用は3兆1000億ウォンのレベルで把握された。 軍は獲得費用と獲得期間などを総合して、最終的に軽空母を建造することにした。

国防部は、来年度国防予算編成案に軽空母建造のための核心技術開発費271億ウォンを反映して、韓国軍最初の軽空母製作に拍車をかけた。「2020∼2024年国防中期計画」に短距離離着陸戦闘機戦闘機を搭載できる多目的大型輸送艦の国内建造するため、来年から先行研究と概念設計に着手すると明らかにしている。

先立って、防衛事業庁も過ぎた7日、国会国防委国政監査の業務報告で、2022年から2033年まで軽空母級の大型輸送艦-Ⅱを建造すると発表した。 韓国型軽空母を2033年までに戦力化するという計画を公式化したわけだ。

しかし、現在、北東アジア主要国の軍備拡張の速度を考慮すれば、2033年、未来の戦場の姿は今と確実に違うしかないというのが、崔議員の指摘だ。

中国の場合、満載排水量6万t級、遼寧をはじめ、満載排水量6万7000t級の山東を運用中だ。 これらすべてが滑走の長さを300m以上実現して通常、離着陸戦闘機を運用が可能にした。

したがって、韓国型空母も垂直離着陸だけでなく米海軍運用艦載機のF35-Cなど通常、離着陸戦闘機も運用が可能となるよう計画を再検討する必要があると崔議員は主張した。

崔議員は「空母による強力な戦争抑止機能と紛争海域に対する制空権の確保など、戦術的な利点を極大化しなければならない」とし、「中型空母級の能力を備えるよう計画変更を検討しなければならない」と述べた。


 韓国の反応 



軽空母2隻より中型空母1隻がもっと、大きい抑止力を持つだろう。軽空母であれ、中型空母であれ、周辺国の反発はどうせ一度経験しなければならないだろう



崔宰誠議員の分析が正確です。軽空母で中国の空母を牽制することは不可能です。7万トン級中型は中国牽制が可能です



軽空母を建造しても、護衛艦隊と艦載機の部隊編成に莫大な予算が割れるのは同じだ。コスト面で中型空母戦団の70%に迫るのが軽空母/大型輸送艦だから、実質的な有用性は軽空母は中型空母に比較できない



・空母を保有することを決心したなら、中型空母に行くのが正解だ



・軽空母は輸送艦で韓国ではあまり利得がない。北に陸地連結されてるし...また乗せてみた 別に...それは独島艦を見れば分かるはずだ。中型空母は日本が推進中で、中国もロシアも持っている。戦力を合わせるには空母らしいF35B型30代は搭載してこそ、攻撃半径が、日本、中国、ロシアまで広げる事が出来る



・中型に原子力空母で推進しましょう



・どうせ作ろうと思ったらちゃんとしなければなりません。小型空母は展示効果しかありません。優先順位は原子力潜水艦が正しいです。そしてF-35Aが搭載量が多くて、ひとまず20機以上乗せした後にF-35Bの導入するべきです



韓国には周辺国が多すぎて、国の未来がどうなるか誰も分からない。身近なやつらを牽制する為にも、大型の空母が必要な様だ



・不用な軽空母だ。役に立つ中型空母を作ろう



・KFXを載せるには中型空母が必要、国益の為にも中型空母に行こう



とにかく、今日のクルド難民を見ると、自主国防だけが重要だ



誰が見ても韓国には7万トン級の中型空母が必要である。周辺国に対抗出来ない軽空母で一体何をするというのか?建造費用が2000億円程度しか差が出ない



・中型空母に一票



・軽空母では出来ることがあまりない。抑止力では大きな違いがあるので、中型を建造するのが正しい



韓国は空母を作るな、空母なんてミサイル一発で撃沈される、そんな金があるのなら、玄武シリーズを開発して、ミサイル防衛システムを構築するべきだ



・韓国が何の空母なのか、潜水艦戦力を増強しろ、原子力潜水艦をまず作ってから空母を考えろ



・空母に賛成する方々は空母について基本的な知識も無いのだろう、1隻運用する為には、補修の為に、予備2隻があってこそ、実運用1隻が可能で、3隻分の空母戦団や人員物資が必要である。それでは大体3兆円以上が必要なんだ

引用元記事:https://is.gd/643he9

↓毎日ポチポチ応援よろしくお願いします。とても大きな励みになります。


■お勧めニュース