海外の反応 韓国


「朝鮮人徴用工(強制徴用被害者)の作業服はいつもボロボロで穴があいて汚かった。人間扱いではなかった。一着しかなくて服を着替えることもできなかっただろう。」

日帝末、強制徴用被害者の劣悪な労働実態に対する証言が、当時一緒に働いていた日本人から出た。

関連

1

東京新聞は12日、日本の敗戦直前三菱重工業長崎造船所で働き、原子爆弾で被爆された西山進(91)氏の証言を紹介した。

1942年からこの造船所で働いたという彼は「いつからか急に朝鮮人徴用工が増えた。徴用工は100人程度の隊列を組んで、向こう側1キロ離れたほど離れた集団の宿舎から峠を越えて歩いて来た」と回想した。

そして、「徴用工たちは力なく歩いていた。栄養失調の為かやせ細った。気力がない感じだった」と付け加えた。




2

西山さんの記憶によると、朝鮮人強制徴用被害者たちが造船所でしたことは、巨大な船の船体を大釘でつなげることだった。

紐でつながっている手薄な作業台に乗り、他の徴用工たちが渡す釘を渡してもらった後釘を打つが、釘が赤く熱い状態だったので、素手ではつかめないほどだった。

彼は「最も危険な作業だった。足場が不安定で転落死した人もいた」とし、「朝鮮人徴用工が(日本人)上司から殴られることもよく見た」と説明した。

彼は1945年8月に日本が敗戦すると、日本人たちが徴用工に食べ物と酒を大量に待遇をした記憶を伝えた。

彼は「当然、過酷な扱いをした為、報復を受けることを懸念したようだ」とし、「敗戦後に多くの朝鮮人徴用工は朝鮮半島に戻った」と伝えた。

西山さんは、日本の敗戦後、朝鮮人徴用工たちが住んでいた集団宿舎に泊まったことがあった。彼は「当時、 よくこんな豚の檻の様な所で暮らせたなと思って驚いた」と話した。

東京新聞はこのインタビューの背景を説明し、「以前には広く知られた朝鮮人徴用工の実情が(今は)なかなか聞こえない」とし、「劣悪な労働環境と民族差別という重い事実を忘れているのが(韓日葛藤)問題の背景にあるようだ」と書いた。


 韓国の反応 



我々の先祖がこんな扱いを受けていたとは胸が痛みますね



朝鮮人を帰す船が沈没して事件は偶然でしょうか?



・次の総選挙は韓日対決だ。うんざりな親日派を追い出そう



・私の父は、生前、日本の北海道の炭鉱から3回逃げて、3回全部捕まりたくさん殴られたと言って居た



苦難と逼迫を経験し、生きて帰って来られたのはほんの僅かです



日本は敗戦後、強制徴用された朝鮮人を韓国に送り帰すと言って、浮島号に全部乗せたが、爆沈させ全部殺した奴らです。疑惑として残っている事件だが、日本の乗組員たちはみな脱出し、朝鮮人だけが皆死にました



・日本人によって、犬にも劣る徴用工生活を強いられたのですね



こういうのを読むと、胸が痛みますね、日本の蛮行は忘れません、日本不買!



血の涙が出る・・今も韓国を属国であると思い無視する日本の奴ら



世界史上一番酷で残忍だった日本人です。きっと天罰があるだろう

・朝鮮人はお金を稼ぐ為に日本に行って、搾取されたと叫ぶ韓国の人々



・日本車は絶対に買うな!



・この様な記事は、日本の一般人にも知らせなければ成らない



・こんな生々しい証言があるのに、親日派教授らは恥ずかしくないのか?



・まさにこれですね、何故当時の日本人労働者は沈黙するのか



日本の近代化には朝鮮人からの労働搾取があった。これを忘れては行けない



・東京新聞は良心的な新聞だね



・直接見た日本人さえこんな証言をするのに..それを否定する日本極右、その極右に同調する人間はゴミと同じだ



朝鮮人の赤い血で今日の日本が作られ、贅沢しながら豊かに暮らしている



・徴用...それでも戦場で死んだ人より幸せです

引用元記事:https://is.gd/INHAQX

↓毎日ポチポチ応援よろしくお願いします。とても大きな励みになります。


■お勧めニュース