海外の反応 韓国


16日、国会保健福祉委員会が、保健福祉部から提出を受けた資料によると、出生児1万人当たり先天性異常児は、2009年516人だったが、昨年は1538人で約3倍に増加した。先天性異常児は先天的に奇形・変形や染色体異常を持つ乳幼児を意味する。

関連

1

2009年以降、2018年までに生まれた先天性異常児は39万6825人で、年平均3万9683人だった。未熟児も同じだった。最近10年間に生まれた未熟児は、12万7393人だった。

未熟児は在胎期間37週未満または、最終月経の日付から37週未満に生まれた赤ちゃんを意味する。 2015年1万3324人を記録した未熟児出生数は、その後減少傾向を見せたが、出生児1万人当たりの未熟児の出生率はむしろ増加した。



出生児1万人当たりの未熟児数は、2009年に247人から昨年392人で、10年の間に160%増加した。
ある議員は「少子化問題がますます深刻になるのに、出産奨励だけで問題を解決できない」とし「先天性異常児と未熟児、多胎児出生率が増加する理由を分析し、母親と新生児を保護するための母子保健事業を拡大しなければならない」とした。

続いて「産休、育児休職などの福祉を増やす案も検討する必要がある」と強調した。


 韓国の反応 



日本は原発が破裂したのに、何故韓国が?



15%が先天性異常児?



・微細粉塵のためか?



15%は、すごく高いんじゃないの?



結婚年齢が上がって、高齢出産が増えたのが一番の要因だろう



・満30歳以上の女性から生まれる子供は、奇形の可能性が数倍高くなっと医師らが言って居た。医師の間では29歳がマジノ線と言っている



医学的高齢出産は出産は、満35歳だ。韓国の年で30歳なら高齢出産でなく、奇形児生む確率もとても低いはずだ



・奇形の要因は、高齢出産だけではなく、昔と違った食生活も影響しているのではないだろうか?



15%はすごく高い様ですが、ぶるぶる



10年間で3倍も上がったのは憂慮される



・結婚する年齢自体が以前よりも遅くなって、それが原因に成って居るのだろ



・奇形の基準が凄く低く成ったのでは無いか?



・15%が奇形なんて震える



年を取るにつれて奇形児の確率が幾何級数的に上がる。例に挙げれば、20歳の時、より40歳で出産するのがダウン症候群の確率が100倍増加するという論文がある



30代の出産も高齢出産だが…最近は結婚が30前半が多く成って居る



・このごろは姙娠段階から奇形児検査をするケースが増えている



・老産も多く、以前より女性の喫煙率も上昇



15%ならば、20人のうちに3人が奇形と言う事になるが、それが話に成るか?



15%は、国家危機級だろ



・やはり年下の女性と結婚するべきです

引用元記事:https://is.gd/YTXTqW

↓毎日ポチポチ応援よろしくお願いします。とても大きな励みになります。


■お勧めニュース