海外の反応 韓国


誰が見ても軍服を連想させるデザインだ。 しかし、制作会社は平和と希望に触れた。

日本サッカー協会が6日発表した、新しい日本代表チームのユニフォームのデザインをして話題になって居る。 公開されたユニホームは、固有カラーの青色に白と濃い色が混ざっている。色のパターンを見れば、軍服に適用するカモフラージュだ。

関連

1

しかし、7日、日本「ゴールドットコム」はユニホームを製作したアディダスジャパンのディレクターは、「ユニフォームに希望を込めた」と説明した。

日本サッカー協会は、今月から今後2年間、このデザインのユニフォームを着る。自国で開催する2020東京五輪でも同一デザインのユニフォームを着る。国際オリンピック委員会(IOC)の規定によって、日本サッカー協会のエンブレムを日の丸に変えたという違いがあるだけだ。



日本サッカー協会は、「日本の伝統風俗画である浮世絵からインスピレーションを受けた」と述べた。 適用されたカラーだけを見れば、代表的な浮世絵である「神奈川の海の波の下」という作品のカラーと似ている。 しかし、パターンはカモフラージュにもっと近い。

西脇ディレクターは「日本快晴」というコンセプトだとしながら、「雲一つない青空のように、日本に希望を与える存在になってほしい」と話した。 彼は「2020年にスポーツの力で肯定的なエネルギー、大きな希望を言いたい」と明らかにした。

デザインの意図はそうだとしても、見る人々は軍服から思い浮かばせる。 共感できなければ、意図も説得力に欠ける。 しかも、日本は五輪で軍国主義の象徴である旭日旗応援を許容した。

平和を表す五輪に、軍国主義の象徴物と軍服を連想するデザインが登場するのは意図に逆行する行為だ。


 韓国の反応 



軍隊も無い奴らが軍服?



・海に放射能物質漂ってるみたいだけど・・



軍服が平和、希望を象徴しているなんて、話に成らない



・誰が見ても軍服



・日本人が人類平和?世界に何を貢献したんだっけ?



このユニフォームが軍服であれ、何のデザインであれ関心がないが、過去史も否定する日本が「平和・希望」といった単語を論じるのはおかしいですね



・このデザインは中国海軍の制服にそっくり



パターンが中国人民解放軍海軍陸戦隊と同じだ



平和、希望じゃなく、「恥、放射能」だろう



・このデザインは、大東亜戦争を再びやりたいという右翼の願いだ



アジアの繁栄と平和を唱え、旭日旗揚げアジアを侵略した。(笑)



・平和の希望をあえて軍服で表現できる理由はないはずなのに・・



・戦犯国家で過去の反省はしないし、歴史教育もしていないので、無知な日本人が日本は平和の国だと勘違いしている



・笑わせるね、日本の奴ら



・放射能流出海洋表現



平和は何の言い訳で、軍国主義の復活を平和で美化するのか?



・放射能が全国に広がるデザインだね



日本人は平和の意味を知って居るの?



・放射能で汚染された海を見ている様だ。それでも日本人は、平和と希望みたいな事を言ってるね



・戦争準備中

引用元記事:https://is.gd/RWNEKz

↓毎日ポチポチ応援よろしくお願いします。とても大きな励みになります。


■お勧めニュース