海外の反応 韓国


米ワシントンの朝鮮半島専門家の間からGSOMIA終了が現実化された場合、韓米同盟に深刻な打撃を与えるという批判が殺到している。

米VOAが元米政府官僚らと有力なシンクタンク所属研究員など専門家20人を対象にしたアンケート調査で、専門家19人が支所迷子の破棄を誤った判断と規定した。 安保上、大きな問題がないだろうと見込んだ専門家は1人だけだった。

関連

1

韓国、安保を担保した「自害行為」

ヘリテージ財団のブルース・クリンナー主任研究員は、韓国のGSOMIA破棄決定を「歴史という祭壇の上に韓国の安全と米国の防御公約を犠牲にするものだ」とし、「GSOMIA終了は米軍を危険にさせ、韓米同盟に直接的な影響を与えるだろう」と指摘した。

「北朝鮮の脅威に対する実質的な対応戦力を損ねる」

元在韓米軍司令官など4星将軍たちは、GSOMIAの破棄では敵国を利する行為として声を高めた。 バーウェル・ベル元在韓米軍司令官は「韓日両国の指導者が現在、新たな脅威を作っている」とし、「これは韓日同盟と調整を分けようとする北朝鮮と中国の目標達成を助けているという事実を理解してほしい」と皮肉った。



2

朝鮮半島の状況について言葉を惜しんできたジェームズ・サーマン元在韓米軍司令官も、GSOMIA終了と関連し、「域内安保を堅固に維持するため、タイムリーな情報を共有することが重要であり、危機発生時の情報が共有されなければ、韓日両国いずれも敗者になる」と述べた。

鄭義容(チョン・ウィヨン)「GSOMIAと韓米同盟の別物」発言に「驚いた」

元米高官らは、鄭義溶(チョン・ウィヨン)国家安保室長が「GSOMIAと韓米同盟は全く別物」という発言に対し、「驚いた」という反応を示したと、VOAは伝えた。戦略国際問題研究所(CSIS)のマイケル 그・グリーン副所長は、「GSOMIAとはワシントンで核心的な韓米関連事案と見なされる」とし、「ワシントンの政策関係者の中で、韓国のジソミア破棄を米国に取るに足らない問題と考える人は誰もいない」と断言した。

エバンス・リビア元国務省首席副次官補は鄭室長の発言について、「僭越ながらGSOMIAは韓米同盟に密接につながっている」と指摘し、ミッチェル・リース元国務省政策企画室長も「申し訳ないが、間違った言葉だ」と答えた。北東アジア専門家のゴードン・チャン弁護士は、「韓国が自国の防衛に関心がないのなら、米国はなぜ韓国を防衛しなければならないのか、当然疑問を提起できる」と指摘した。

GSOMIA終了前に解決策づくりが急がれる

デイビッド・マクスウェル民主主義の守護財団先任研究員は「現在の状況から抜け出す唯一の道は文在寅大統領が、国家安保と繁栄を歴史問題より優先順位に置くこと」とし、「GSOMIA破棄の決定を先に撤回しなければならない」と助言し、ゲリー・セイモア元ホワイトハウス大量破壊兵器の調整官も「米国が日韓経済的紛争を仲裁する見返りに、韓国がGSOMIAの撤回を先送りすることを望む」とした。


 韓国の反応 



アメリカは、日本が韓国をホワイト国から除外する時は黙っていたのに、GSOMIAにだけはこんなに干渉をするのか?同盟国という二重の態度を取るな



GSOMIAが破棄されても韓米情報協力は問題ないため、日本内の米軍の安全も問題ないだろう。

ただ、日本の自衛隊は米国を通じて情報共有する事になる為、情報獲得の遅れは発生せざるを得ない、それで日本はアメリカに縋って、韓国にGSOMIA延長を求めているのだ



・文在寅が望むのは、在韓米軍の撤退



・米国の諮問委員だから、当然米国と日本の立場で意見を出すのが当たり前じゃないか



どうせ、そのアメリカの専門家達は、全員日本からのロビーを受けた専門家が大半だろ



・文在寅は、反日運動を言い訳にしてGSOMIA破棄で意図的に米軍撤退を誘導しているのである。 誰の命令によって ? もちろん北朝鮮からの意向だろうね



韓米関係が悪化して、米軍が撤退して一番喜ぶのは誰だ?北朝鮮と中国だという事を知りながら、北朝鮮の指図を受けて文在寅はこの様な行動を行って居るのだろう



安保が不安だ、文在寅政権が韓国をむやみに扱っている。大統領という者の判断で、大韓民国全体が何故この様な不安な危険を自ら招かなければならないのか、疑問に思う



チョググ事態が起こると、関心を逸らす為に、GSOMIA破棄を持ち出した



・大っぴらに「GSOMIA」は米国の安保の為の物だとしながら防衛費も露骨に請求し、大韓民国の自尊と存立は眼中にない米国、100年余り前もそうだった



日本の輸出規制に対して「GSOMIA破棄」を交渉のカードに使ったこと自体、あまりにも愚かな戦略だ。

日本がこれに屈しない場合、韓国は非常に難しい決定を下さなければならない。安保的脅威が大きくなり、米国の圧迫を受けなければならない状況に置かれるか、または何の得もなくGSOMIA破棄を撤回することで、国際社会での権威を失うことになる



・文在寅は、国益よりも自尊心を選んだ



・反日は精神病で反米は自害恐喝だ。文罪人は反日精神病を全国に広め、国民を精神病者にし、反米で自害恐喝、脅迫して友好国を苦しめ、国を自殺させる精神病にかかった自害恐喝犯だ



・日本は本当に嫌いですが、GSOMIAは無条件に守られなければなりません。それが我が国の安保の為の道です



・国を北朝鮮に渡したい文在寅が決意したかの様に



・とても悪意的な主権国家を放棄する記事だな



・また煽動に「飛び出す糞の塊」たち

引用元記事:https://is.gd/1RKrJE

↓毎日ポチポチ応援よろしくお願いします。とても大きな励みになります。


■お勧めニュース