海外の反応 韓国


ジム・ロジャーズ、「今後5年、韓半島投資シナリオ」発刊
日本は喜ばしくないが、「朝鮮半島時代」の到来をチャンスにすべき

韓国、特に、統一後、韓国の可能性に注目し、投資対象として価値を高く評価してきた世界的な投資者のジム・ロジャーズが南北経済統合が行われれば、世界2位の経済大国になる可能性が高いと見通した。

関連

1

ロジャーズは最近、マスコミ人出身の経済の著述家ベクウジン氏と共に書いた本「ジム・ロジャーズ、今後5年、韓半島投資シナリオ」を出版した。 ウォーレン・バフェット、ジョージ・ソロス氏とともに「世界3大投資者」と呼ばれる彼が韓国語になった本を出版したのは初めてだ。

ロジャースは著書の中で、「韓国は中国より規制と統制が厳しく、最も投資が難しい国の一つだが、北朝鮮というカードがある」とし、「韓国経済の足かせとなっている負債状況や少子化の進捗率は統一すれば解決できる」と明らかにした。

ロジャーズは続いて、複数の変数があるが、2020年末までに韓半島で本格的な交流が始まるものと展望し、具体的な'統一韓国'のシナリオを提示した。



2

ロジャーズは、南北の経済統合が実現すれば、交通インフラ部門から膨大な投資が流入し、多くの雇用が創出されると見ている。特に、大陸横断鉄道と北極航路はこれまでとはまったく異なるレベルの国際協力を可能にし、統一韓国には新しい機会を提供することになる見通しだ。

北朝鮮地域で推進される事業のうち、最も有望な分野は観光だ。非武装地帯(DMZ)と羅津・先鋒経済特区などを直接訪問したことがあるロジャーズは、韓半島を横切る全長248キロ、面積では907平方キロメートルにマンハッタンの10倍に達するDMZ地域は美しい生態系がよく保存され、観光地として潜在力が非常に大きなところだと評価し、西ドイツと東ドイツを分ける国境地帯で、生態観光地に変身したグリーンベルト開発事例を参考にできると助言した。

また、金剛山をはじめ、東海岸一帯も海と山を一緒に享受できるメリットに満ちた観光地とし、ユーラシア鉄道が開通されれば、観光地として同地域が持つ魅力は極大化できると予想した。

このほか、北朝鮮が開発可能な鉱物・資源だけ43種にのぼる「資源大国」という点に注目した。多くの資源を輸入に依存する韓国とインフラと技術の不足で、保有資源を十分に開発できない北朝鮮にとって、資源協力こそ「相性のいい」事業と言わざるを得ない。

世界的に関心が高まっているエネルギー分野でも、統一韓国が期待できる経済的利益が多い。 南北とロシアを結ぶガスパイプライン敷設は3国の利害関係が合致する事業だ。 韓国は安価なロシアガスを輸入してエネルギー輸入コストを削減し、輸入先を多角化することができ、環境改善の効果まで上げることができる。

ロシアは全体ガス輸出の80%ほどを占める欧州に対する依存度を下げることができ、北朝鮮は、ガスパイプラインの使用料を手にすることができる。韓半島で近いロシア極東地域でガスを輸入して得る運送費削減分は3国が分担することになるだろう。

このように南北の経済統合は新たな成長動力として作用して8千万人口の統一韓国が日本の国内総生産(GDP)を軽く超えることはもちろん、世界2位の経済大国に浮上する2009年、ゴールドマンサックスの見通しは現実になりうるとロジャーズは強調した。

ロジャーズは「日本が貿易戦争を起こす理由も、朝鮮半島の開放を阻止したいから」と分析し、「新興経済大国の登場はありがたくないだろうが、日本は自分たちが持っている経済指標の現実と地理的限界を認め、朝鮮半島時代の到来がもたらす機会を活用することが望ましい」と指摘した。

むろん、韓半島情勢と韓国経済に対するロジャーズの展望がバラ色一色であるわけではない。何よりも北朝鮮の核問題に圧縮される地政学的危険要素は相変わらずだ。

ロジャーズは韓半島に関して講演するたびに、米朝関係、南北関係の展望に関する質問を受け付けると同時に、その時「未来はみんなで作っていくもの」と答えるという。


 韓国の反応 



倭寇の奴らが、日韓海底トンネルを掘って、観光と物流の中心であるユーラシア鉄道の出発・終着地の恩恵を倭寇に捧げようという、土着倭寇が居るが、彼らの言いなりに成らない様にしなければ成らない



この事実を日本がすべて知っているので、韓国国内に親日倭寇を増やして統一に反対し、韓国を東西に分裂させ、日本の属国にしようとしているのだ



ジム・ロジャーズ一人が、韓国の国会議員300人より優れている。この様な統一のビジョンを大韓民国の国会さえ知らないなら、解散しなければならない



文在寅大統領の南北朝鮮の経済関係や、観光、南北鉄道連結政策がまさにここにある



文大統領の足を引っぱって戦争の恐怖を楽しむ倭寇たちを早く掃討することが、大韓民国を世界2位の経済大国への近道だ



それで土着倭寇の行動が反統一的な物なのだ。本国の利益に反するから



・土着倭寇滅亡させて、南北統一しなければ成らない



・日韓海底トンネルに賛成する奴らは死刑にしなければ成らない



ジム・ロジャーズが言っている韓半島の今後5年は、来年の総選挙にかかっている。現政権が南北関係の境界線に最優先政策を置くのもこの時期だ。来年の総選挙で与党が大勝をするなら、ロジャーズの言う事が現実に近づくと思う



外国人も韓民族発展の為には和合が答えだと言うのに、内部で足を引っぱる土着倭寇党があるのだから・・彼らをどうすれば良いのか?



・平和統一富国強兵 倭敵掃討!足を引っ張る土着倭寇を追い出して、韓国の新しい未来を作って行こう!



土着倭寇さえ居なければ、我々は世界一にも成れるよ



・人口崖のせいで、韓国が消滅を心配する国になったこの状態に、どう考えても統一、または統一に近い連合をしなければ我々に未来は無い



・統一だけが大韓民国の「漢江の奇跡」を再現できる



統一韓国が世界2位に成りそうなので、日本とアメリカが統一に反対している



・日本の奴らは、こっちをちゃんと見ているんですね



統一だけが私たちの生きる道だ。統一して豊かな地下資源を利用し、人口も増やして南北が助け合って暮さなければならない



・金正恩が既得権を手放すと思うか?彼はそれを手放したくないので50年後も不可能だ

引用元記事:https://is.gd/PYo0d8

↓毎日ポチポチ応援よろしくお願いします。とても大きな励みになります。


■お勧めニュース