海外の反応 韓国


最近、日本人観光客が突然減り、ここの商人たちの心配は高まる一方だ。

■体感の減少比率は60%

南浦洞で記念品店を運営するパク某(58)氏は「日本人団体観光客はもちろん、個別観光客の数も目に見えて減った」、「中国人のクルーズ観光客が途絶えて打撃が大きかったが、傷痕をいまだに治る前に、日本人までが来なく成れば営業を持続するかどうかを悩んでみなければならないほど」と話した。

関連

1

日本、自治体交流・修学旅行をオールストップ、日本人が好む地域の商人たちが「死ぬ味」

●対馬など日本行きの航路も閑散

日本人向けインバウンド旅行会社の悩みはより具体的だ。 統計数値に反映された外国人訪問客の減少数値が30%だけであって、実際の現場の雰囲気ははるかに深刻だと口をそろえている。

「釜山を定期的に訪問する日本人を除けば、旅行業界が体感する純粋な観光客の減少比率は60%を超える。パッケージ旅行の問い合わせは姿を消し、自治体や会社間の定期的な交流、さらには修学旅行まで大多数がストップされた状態」と説明した。



韓日国際旅客船の旅客輸送実績も釜山が直面する観光絶壁の深刻さを浮き彫りにする要素だ。 釜山海洋水産庁が3日発表した資料によると、2018年7~11月、釜山と日本をつなぐ航路旅客輸送人員は80万9364人に達したが、今年の場合、同じ期間18万8824人に過ぎない。前年比76.7%も減ったのだ。

外交葛藤が本格化し、半分になった空の道も悪循環を生んでいる。航空情報ポータルシステムによると、金海空港から日本に就航する航空便は11月基準976便で今年6月2082便の半分にも及ばない。それでも東京や大阪、福岡などの大都市は事情がましなほうだが、釜山との直航便が一週間に2~3回ある日本の小都市の場合、旅行に行きたくても行けない状況が起きている。

匿名を要求した釜山のある旅行会社の関係者は、「日本の雰囲気を見ると、韓国に否定的な認識を持っている。政治・外交的な問題で旅行に二の足を踏んでいるというよりも、今韓国に行って困ったことに巻き込まれるのではないかと心配する人が多い様だ」と語った。


 韓国の反応 



日本の奴らは、仮に韓国に来てもお金を使わないよ



・日本相手に商売をしていた商人が耐えるしかない



日本から来る私の友達もお金を余り使わない、日本に行ってお金を沢山使う韓国人とは違う



日本人はけち臭い奴らです。韓国人向けのマーケットティングを強化するのがましです



・商人の奴らは毎日商売が駄目だと不平を言うが、自分の商売手腕のせいにしろ



倭寇に頼って生きているからこんな目に遭うのだろ



・韓国人でも釜山の露店では余り買わない、高いし、不潔で味も良く無い、金儲けをしたがって居るのが伝わる



・文在寅のせいだ



・釜山日報は狂ったのか?日本の観光客がどれくらい来たと安倍政府報道官みたいなことを言うのか?



・南浦洞では日本人を余り見かけなくなりましたね



・何も考えていない左派の奴らは不買運動で韓国の完全勝利と言って居るが



・自業自得



・大統領に精神病者を選んだ罪の償い



日本人旅行者が韓国に来なく成ってからだいぶ経っているよ、円安になって以来日本人は韓国に余り来なくなった



・日本との貿易紛争期間中、総合株価指数(コスピ)は-4.5%を記録したが、日経指数は+10%を記録中だ



・一度も経験したことのない幸せな世の中



・文罪人が反日扇動して、愚かな真似を



・私も釜山だが、盧武鉉と文在寅を排出した地域であるため、報いだと考えよう・・



・文在寅保有国の威厳



日韓は断交が答え



・日本は味方なのに、歴史的被害意識に捕らわれると未来に進めない、過去を忘れてはいけないが、縛られてもだめで、共に共存しなければならない

引用元記事:https://is.gd/7tdXo8

↓毎日ポチポチ応援よろしくお願いします。とても大きな励みになります。


■お勧めニュース