海外の反応 韓国


森保 一日本サッカー代表チーム監督と日本選手たちは、勝利よりも痛めずに試合を終えたのが嬉しかったようだ。 見る人を驚かせる中国の非マナータックルに負傷の恐怖を抱いてプレーしなければならなかった。

関連

g1

森保一監督が率いる日本が10日夕方7時30分釜山亀徳(クドク)運動場で行われた2019 EAFF(東アジアサッカー連盟)E-1フットボール選手権男子部1ラウンドで中国に2-1で勝利した。

同日の試合で日本は、中国選手がともすれば放つタックルに厳しい状況を何度も迎えなければならなかった。

前半31分、中国陣営の左側のタッチライン付近から浮いたボールを巡って争っていた日本ライトバック橋岡大樹に、中国DFジャン・ジーポンがまるで二段蹴りように首筋を蹴ってしまったのだ。橋岡は危うく脳震盪を起こすところだった。このようなプレーにもかかわらず、ウズベキスタン出身の主審は警告だけを与えて状況を収拾した。



1

この場面だけがあるわけではない。 日本のMF遠藤啓太は、まるで死線を往来するような感じを受けたようだ。 前半39分、中国陣営ボックスの中で相手選手に押されて倒れた状況で中国の守備手リアンに頭の方をなぐられている状況が出ており、後半31分にはミンティアンから、バックタックルを受けなければならなかった 頭と足を問わず、遠藤は中国人選手たちに集中的な打撃を受けたのだ。

興味深い点は、同日の負傷者の発生による交代は中国で発生したという点だ。中国は後半25分上田綺世の爆発的なスピードを伴った個人の突破を拒んでいた中央DFが転んで怪我を負った。日本選手の荒れたプレーによる負傷ではなく、相手を防ごうとしてかえって負傷したのだ。そして、すぐ続くコーナーキックで決勝ゴールを奪われてしまった。荒いプレーも厭わないほど勝つために最善を尽くした中国ではあるが、慢性的な批判を受けている試合マナーは依然として残念でならない。


 韓国の反応 



これが中国のレベル



こいつは狂人か?



それでも退場させられなかった



明らかに頭を狙った様だが



汚くて未開な種族VSずるくて野卑な種族人間の試合か?



・どうして退場させられなかったの?



中国はFIFAから追放すべきです。とてもひどい種族です



もう、日本は資金力でも中国に勝てないのかな?足ではなく、首筋を蹴ったのに退場させられないなんて



・中国は滅亡させなければならない



中国人はこうして平気で反則をしてきて、レベルが低い奴ら



中国人の奴らは元々スポーツをする資格が無い国だ



中国人とは、強者には卑屈で、弱者には非常に窮屈な民族性を持つ集団だ



・中国は、千年の敵だ



・中国人って、本当に何をしたいのか分からないね



日本はマナーが悪いし、中国はマナーが汚くて



・中国はサッカーをせずにカンフーをしている



・中国人のプレーは汚いゴミ



中国人は人口が14億人も居るのに、何故使い物に成る選手が居ないんだ?



中国の奴らは、サッカーの技術を学ばずに、暴力を学ぶのか?恥を知れ



自分がサッカーを上手く出来ないから、相手に暴力を働いても良いと思って居るのか?スポーツ精神を知らないのか?



・試合も負け、マナーも負け

引用元記事:https://is.gd/Zlpdcd

↓毎日ポチポチ応援よろしくお願いします。とても大きな励みになります。


■お勧めニュース