海外の反応 韓国


[アンカー]
李舜臣(イ ・スンシン)将軍の亀甲船、誰もが知っているが、実際の正確な姿はまだ誰も知りません。

残っている資料がほとんどないためですが、朝鮮後期の実学者が直接見て描いた亀甲船の絵が最近発見されたそうです。

関連

1

[レポート]
壬辰倭乱(文禄・慶長の役)当時、朝鮮水軍の突撃船で赫々たる功績をあげた亀甲船。

しかし、映画やドラマとは違って、亀甲船の実際の姿を見せる記録は、残っているものがほとんどありません。

ところで最近、ある美術史研究者が朝鮮後期の実学者の書画帳から意外な場面を見つけ出します。



(想像図)
2

19世紀、湖南(ホナム)を代表する河白園という実学者が忠清南道保寧島流し時代の1842年、保寧沖合いで舟遊びをします。

今の忠清水営、つまり朝鮮水軍の基地があった場所です。

遊覧を終えた一行が詩と絵を集めて発行した書画帖です。

河白園が直接描いた絵の一角に船2隻が見えます。

4

朝鮮水軍の主力船舶である板屋船の横にある船を良く見ると、甲板の上に亀の形をした構造物が載せられており、亀の甲羅の模様が鮮明です。

まさに亀甲船です。

[ファン・ジョンス/美術史家:「実際の亀甲船の様子はどうだったか、それがすごく気になっていたが、おそらく板屋船か、そういうところの上に亀の姿を飾って非常に丈夫な形にしたのが亀甲船だったのかなぁ・・・」]

それだけではありません。

河白園は絵とともに載せた詩で、「亀を隠して妙に使った李忠武公の戦艦が水辺に横たわっている」と記しました。

5

実物を見て描いたという話です。

1795年に刊行された「忠武公李舜臣全書」に亀甲船の絵が残っているが、当代人物が実際の亀甲船を見て描いたのはこの絵が唯一です。

亀甲船が1842年まで運用されていたことを示す画期的な記録です。

[ファン・ジョンス/美術史家:「単純な絵画というよりは、実学的な思想を盛り込んでいる絵画という所にとても重要な意味があると思います」]

この絵は、これまで資料不足に悩まされてきた亀甲船研究の重要な史料になるものとみられます。


 韓国の反応 



姿が全然違う・・それでも証拠があれだけならあれが亀甲船だろう、歴史は事実に基づかなければならないから



亀甲船って、製造元の朝鮮に資料が残らず、朝鮮海軍から屈辱を受けた倭に亀甲船の絵が無いと言うのがもっと不思議



・独島にビルほどの李舜臣(イ・スンシン)銅像を作って下さい



・亀の形をした船ですね



1870年代はほぼ300年が過ぎた時点なのに...あの絵も正直正確とは言えない



・いろんな種類の亀甲船があるかもね



この絵は、亀甲船と推定すると言うより、遊びや行事、船遊びの龍に見える...それとも戦闘船に対する常識のない人がただ聞いて想像で描いたのかな?



この絵を描いた時期が、壬辰倭乱当時の姿とは余りにも違うのではないか? これはただ屋根の上に亀の模型を乗せた様な姿みたい



・この絵の亀甲船が戦闘用に見えるのか?それをニュースに?



櫓も錨もなく、穴の数も少なく、絵をでたらめに描き、これはデタラメな絵だ。実学者の絵描写の実力は非常に悪く価値がない。亀甲船は板屋船を小さくし、人が登れない様にした固い船と見ればいい



・この馬鹿な絵が亀甲船だってさ



1592年に亀甲船を木で作ったのに、1800年代まで保々300年も残って居た筈が無い



・日本側にも、壬辰倭乱の時に参戦した記録や、亀甲船の姿が残って居る筈だ



・マスゴミが信じられない・・.正確に考証して確認してアップしよう



・無能力な文在寅の代わりに、李舜臣の様な人物が大統領にならなければならない



・インテリアを少し変えた板屋船だね



朴正熙は、青瓦台(大統領府)の庭で日本刀を振り回しながら剣術の実力を誇ったり、日本帝国主義軍歌も歌った。サムライ映画も楽しんだ。日本で作られるサムライ映画は、ほとんど持ち込んで見ていたそうだ。情報担当官だったチェ・セヒョンの証言だ



亀甲船に対するファンタジーが壊れるね、亀甲船の姿がとても見栄えがしないね



書画帖ということで正確な模様で断定できない、隣には板屋船も形が全く同じではないし、この両班が船遊び中だというから、昔、李忠武公を称えて船遊び用の船に亀甲船を真似て作った船かもしれない



・本当に絵が描けていないね、字の勉強ばかりしたようだ

引用元記事:https://is.gd/4JRJJK

↓毎日ポチポチ応援よろしくお願いします。とても大きな励みになります。


■お勧めニュース