海外の反応 韓国


スレ主

日本のデジタル漫画界全体30%程度が韓国系会社に占められるという不思議さ、日本のデジタルマンガ産業で、ウェブトゥーン及びラインコミックコ等、韓国系の比重はインターネットで調べればたくさん出るから省略。

関連

1

とにかく見ての通り、全体の割合では伝統的な印刷の割合が3400から2200へと減り、デジタルの割合が600で1600に増え、デジタルがおよそ3倍も成長しており、これは全体の漫画市場で約30%を占め、上で話した韓国系会社の先取り効果のおかげにデジタルは80%は韓国系と結論的に、韓国が日本の漫画市場30%を占めた格好となった。



2


 韓国の反応 



インターネットが早く発達したおかげで、このような分野は韓国が日本産業ますます吸収する様に成った



収益構造も、既存の雑誌漫画を発行するよりも、ウェブサイトに掲載する方が費用的に良いだろう



右翼が「在日が日本の産業界を支配している」と言いそうだ



ウェブトゥーンが見やすくて、良いですね



・ラインは12月に日本と共同投資のやり方に変わって、韓国と日本が、持分の半分ずつ持っています



・それでも、お金が韓国に入ってこなかったら意味ない



親会社がNAVERなので株主配当金が出る



・人件費は限定だけど配当は利益に無限比例するんだ



日本ではラインは韓国の物と言われています



・昨年下半期からカカオとネイバーの株式に入っているが?



法人税は日本が受け取って、配当金は、ネイバー韓国法人が受けている



韓国漫画の翻訳したのも多い



・アメリカのスパイダーマンを持って来て、日本のゲームがこれだけ発展したと言う様な物



正確に言うと漫画や作家ではなく、プラットフォームであって



・ロッテは、法人税韓国に払うから韓国の会社と言って良い



・支配構造上はライン=韓国企業
雇用創出ではライン=日本企業、こんな感じ?



プラットフォームの重要性、韓国の会社が流行について何でも試みる理由でもある。でも、日本社会は保守的だから変化が遅い



日本の漫画とウェブトゥーンは同一線上ではないと思いますが、ウェブトゥーンとウェブコミックは他の分野、そして日本の出版市場が減ったのは日本電子出版市場が大きくなったという話



韓国企業が海外で成長する基盤を固めれば良い、プラットホームを先取りすれば、これからもっと成長する要素もあるし、私が知っている限りでは米国や東南アジアにも既に進出している

引用元記事:https://is.gd/xz3T3O

↓毎日ポチポチ応援よろしくお願いします。とても大きな励みになります。


■お勧めニュース