海外の反応 韓国


韓米当局が、韓国の固体燃料宇宙ロケットの推進力と飛距離の制限を外す方向で「韓米ミサイル指針」を改正すると決めたことが28日までに分かった。韓国の固体燃料宇宙ロケット開発を妨げていた障壁が初めて解消されるというわけだ。これに伴い、液体燃料ロケットのみに制限されて支障が生じていた韓国型宇宙発射体開発が勢いに乗るものと予想されている。


1

複数の韓国政府関係者は28日、「(韓米)ミサイル指針改正のための両国政府間協議は事実上仕上げの段階にある」として「固体燃料を使用する民間用ロケットの推力と飛距離制限の解除を内容とするもので、細かな事項を最終調整中」と語った。

1979年に締結された韓米ミサイル指針は、これまで3回(2001、12、17年)改正されたものの、固体燃料を用いる宇宙発射体の推進力と飛距離はそれぞれ「100万ポンド秒」(先進国の固体燃料ロケットに比べ10分の1の水準)以下、「飛距離800キロ」以下に制限してきた。これに対し「世界各国はもちろん北朝鮮も固体燃料発射体を開発しているのに、韓国だけが取り残された」という指摘が絶えず持ち上がっていた。液体燃料ロケットを基盤とする羅老号は09年・10年の2度、発射に失敗している。



だが、指針改正で民間用(非軍事用)固体燃料発射体の制限が解除されれば、宇宙探査などのための小型人工衛星開発に弾みがつく見込みだ。固体燃料ロケットは液体燃料に比べ構造が簡単で、製造費が安く、燃料注入の過程がなく、迅速な移動・発射も可能だ。

韓米当局は18年から水面下で交渉を進め、昨年からは韓国大統領府(青瓦台)の国家安保室が交渉の前面に出てきたといわれている。米国はこれまで、固体燃料宇宙発射体が軍事用に転用されかねないとして反対してきた。だが今回、「日本などほかの国との公平さを欠く」「純粋民間用」という韓国側の説得に共感したと伝えられている。ただし、ミサイル指針改正に中国や北朝鮮が反発することはあり得る、という懸念は出ている。韓国政府の関係者は「南北関係は民間宇宙開発のためのミサイル指針改正と無関係」と語った。


 韓国の反応 



戦犯国日本も固体燃料で制限をされていないのに、何故韓国が米国の同盟であり続けるのか?

北朝鮮は原子弾まで保有している状況で、韓国の固体燃料の民間部分を解除しなければ成らないだろ、韓国は主権国家であるのだから、アメリカによる民間固体燃料の制約にはもはや耐えられない、解かなければミサイル指針自体を破壊して我が道を進む時だと思う



戦犯国の日本も自由に固体燃料ロケットを開発するのにもかかわらず、これまで韓国だけがミサイル協定という足かせをはめていました。 しかし能力を発揮できなかっただけで、すでに固体燃料の配合には世界トップクラスのノハウを積んできました



北朝鮮よりも劣るミサイル協定自体を廃棄せよ、この様な制限を強要する米国は友好国ではない、在韓米軍も韓国を助けているのではなく、韓国を統制しようとしているのだ。 いざ北朝鮮の挑発時、韓国軍の反撃が阻止されるだけが



・この様な足かせが韓米同盟の障害物だと思う。必ず時代に合わせて改正され、韓国も自力でミサイル開発に制限を解くことが、韓米両国に役立つだろう



何故我々がアメリカとミサイルについて協議をしなければならないのか?韓国も長距離ミサイルを作り、核兵器も開発しよう、そうしてこそ中国もむやみにできない



米国は韓国を日本を保護する為の防波堤と考えて居るのだろ?それなら、韓国に最新鋭の武器を持つようにしなければ成らないだろ



改正ではなく廃棄しなければなりません、我々は戦犯国家でもなく植民地でも無いのだから


・軍事用固体燃料は?



・金正恩、習近平の顔色を伺うだけで情けない、今、朝鮮時代か?



束縛のない北朝鮮はどれほど自由だろうか?彼らは固体であれ液体であれ、好きなだけパンパンと打ち上げるのだから



・厳しく規制していた規制がようやく緩和されたのか・・



・当然の事がなぜこんなに遅れたのか?



アメリカが徐々になぜ韓国で左派が勢力を得ているのかについて認識しているのですか?遅くなりましたが、歓迎いたします。 米国、ロシア、中国に続き、日本まで宇宙軍の話が出ている状況に、800Km制限は厳し過ぎた



これを超えてG7国家に準ずる待遇を受けなければなりません



・ICBM技術の確保が可能だということですね



これまで韓国は主権国家だったのか? どうして今までアメリカの許諾が必要だったんだ? 北朝鮮が核で生存を脅かしている状況なのに



・長距離弾道ミサイルの開発の足を引っ張る規制を廃止せよ、射程800kmは、国家安保に不十分だ

引用元記事:https://is.gd/0z8JCT

↓毎日ポチポチ応援よろしくお願いします。とても大きな励みになります。



■お勧めニュース